【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

「大は小を兼ねる」は習慣にも当てはまる

投稿日:2013/11/08

Pocket

■恥ずかしい自己開示

今日は恥ずかしい告白をひとつ。。。(汗)

良習慣を名のるわたしですが、実は、、、

【家に帰ったら、手を洗う】

という、ショボイ習慣を定着させることができておりませんでした。(汗)

手洗い

 

正確にいうと、やったりやらなかったり、という感じです。

手洗いは大事ですし、やらなければならないと思っています。

 

ただ、毎日、毎回、やり続けることができておりませんでした。

もっと言えば、手洗いの習慣をそれほど重要なものではないものだと、、、

思っていたのです。(汗)

 

しかし、変化が起きました!

この1ヶ月ばかり、家に帰ったら毎日手を洗う習慣が身についたのです。

 

しかも、ほぼ無意識のうちに、、、

です。

 

さて、なぜわたしはずっとできていなかった手洗いの習慣化に成功したのでしょうか?

 

■手洗いの習慣化は副次的効果

実は、ちょうど1ヶ月ほど前、わたしは久しぶりにコンタクトレンズを購入しました。

 

そうなんです。

家に帰ったら、コンタクトレンズをはずすのですよね。

洗面台にたって、コンタクトレンズをはずす前、まさにそのタイミングで「手を洗う」という行動をとるようになったのです。

 

そのため、「手を洗わなきゃいけない」と思うことなく、ほぼ無意識のうちに手を洗うという習慣が身についたのです。

 

「なんだ、そんなこと。改めて言うまでもないことだろう!」と思うでしょう。

特に、手を洗う習慣なんて、ほとんどの人が身につけているし、習慣化レベルの難易度は最低ランクだといえます。

 

しかし、まだ研究中なので明言はできませんし、うまく文章化もできませんが、この一連の行為の中には、習慣化にとって大切な要素が含まれていると思います。

 

■大は小を兼ねる

ためしに、今回の行動を分解してみます。

▼手を洗うだけの行動

外から帰ると手が汚れているのが嫌だ(心)

手を洗えば気持ち良くなるだろう(頭)

手を洗う(行動)

さっばりして気持ち良くなった!(報酬)

 

という感じでしょうか。

わたしは正直、手が汚れているのが嫌だ、と心から思わなかったんですね。(汗)

 

つぎに、コンタクトレンズです。

▼コンタクトレンズをはずす行動

コンタクトレンズを長く着けていると目が疲れてくる(心)

コンタクトレンズを早くはずしたい(頭)

コンタクトレンズをはずす前に、目に雑菌が入らないように手を洗おう(行動)

手を洗ってコンタクトレンズもはずすと気持ち良い!(報酬)

 

というふうに分解してみました。

比較してみると、手を洗う行動より、コンタクトレンズをはずす行動の方が、費やす時間も長いし、工数も多いです。

 

つまり、負荷が大きいのです。

普通に考えたら、負荷がほとんどない「手を洗う」ことは簡単にできても、より負荷がかかる「コンタクトレンズを洗う」ことの方ができなくなる人がいるとも考えられないでしょうか?

 

げんに昔、わたしはコンタクトレンズをつけっ放しで寝てしまったことが何回かあります。(汗)

でも、少なくともいまのわたしは、後者の方法であっさり習慣化できたのです。

 

小さな習慣ができないのに、より大きな習慣が簡単に身についてしまった。

この流れを解明できたら、何でも習慣化できるのではないでしょうか?

すごい秘訣になると思いませんか??

 

実は、この仕組みには秘訣があるのですが、、、

また今度書かせていただきます。(笑)

まずは、そんなこともあるのだ、ということを覚えておいてくださいませ!

 

【今回の気づき】
小さな習慣ができなくても、より大きな習慣の中に組み込むことは可能

 


 

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

目先のフィーリングに従うか、長期のロジカルに従うか。それが問題だ。

目先の楽しさをとると後悔することがわかっている。 でも、常に正解を選べるわけではないのが私たち人間です。 その矛盾について考えてみました。   目次1 今の自分の判断と過去の自分が決めたこと …

「現場」の仕事を忘れない。目の前の小さなタスクの積み重ねで大きく動く。

オリンピックを見ていると、おもしろいことにみんな評論家になるのですよね。(笑) フィギュアスケートの採点もよくわかっていない人が多いはずなのだと思うのですが。。。(笑) このようなとき大事なのは「現場 …

「時は命なり」。時間の貴重さを感じるために、息をとめて時間を感じてみる。

娘と一緒に遊んでいたら、偶然にも時間の貴重さを味わうこととなりました。 それは、意外なのですが「息をとめてみる」という行為でした。   スポンサーリンク   目次1 娘と一緒に息を …

「好きなことだから、やり続けられました」に隠れている真実とは?

「好きなことは続く、嫌いなことは続かない」 わかりやすいフレーズですが、ものごとはそれほど単純なのでしょうか。   目次1 「好きなことだから、やり続けられました」が包含する意味とは?2 「 …

「虎の威を借る狐」は悪い意味?「東京マラソン2015」で妖怪ウォッチ「ジバニャン」のかぶり物をして走りながら考えたこと。

  こんにちは、伊藤です。 今回の東京マラソンを走りながら、ぼくはある「ことわざ」を思い出していました。 「自分よりも影響力のあるパワーを借りる」 つまり、 「虎の威を借る狐」 ということわ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。