【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「言わなければならない。でも、かなり勇気が必要。」そんなときにお勧めの2つのルール

投稿日:2014/10/02

Pocket

 

こんにちは!

「早起きコーチング」の伊藤です。

今日は嶋津良智さんから学んだコミュニケーションのスキルをシェアいたします。

題して、

「言いづらいことをどうしても伝えなければならないときに知っておいた方が良い2つのこと」

です!

 

【告知:早起きセミナー開催いたします。下記のURLよりお申し込み受付中です!】

————————————————————

【第10回「もう二度寝しない!『早起きの技術』セミナー」】

10月18日(土)10:30〜12:30(予定)

お申し込みはこちらから!( ↓ )

http://kokucheese.com/event/index/221749/

 

【第11回「もう二度寝しない!『早起きの技術』セミナー」】

10月24日(金)19:30〜21:30(予定)

お申し込みはこちらから!( ↓ )

http://kokucheese.com/event/index/221752/

————————————————————

 

上司に言いづらいケース

たとえ話その1です。

あなたは、上司に言いづらいことができてしまいまった、という想定です。

会社への提言なのか?

周囲の同僚たちへ進言したいことなのか?

上司へお願いしたいことなのか?

とにかく、

「言わなければならないことなのだけれど、かなり勇気を振り絞らなければならない」

状況だと仮定なのです。

そのようなとき、嶋津さんは、まず言いたいことをテキストデータとして打ち込むそうです。

いったん打ち込んでみて、自分が言いたいことが書けているか、論理が合っているかを確認します。

自分が言いたいことがまとまっていれば、上司の方に会議室等に来ていただきます。

まず、

「言いづらいことなのですが、伝えたいことがあります。」

と言います。

その後に、

「その前に、まずこちらのテキストを読んでいただけますか?」

ということで、作成したテキストを上司の方に読んでいただく。

そうしてから、初めて上司の意見を聞くのです。

このような段取りを踏まないと、自分が話し始めたときに、上司の方から

「それは違う!」

と言われ、あなたが、

「いえ、、、そのような意味ではなく、最後まで話を聞いていただければ分かるのですが。。。」

みたいな感じになると、言いたいことが言えなくなり、よくわからない方向に話が進んでしまいます。

ぼくも経験があります。(^_^;)

このような無駄な時間を使わないために、まずはテキストにしておくのです。

そうすれば、少なくとも自分の考えを伝えてから話ができるわけです。

生産的な話し合いになる可能性が高いでしょう。

 

家族に言いづらいケース

たとえ話その2です。

あなたがご主人だとして、奥さまに大事な話をしなければならないときの話です。

ここで、大切なのは

「落ち着いて話せる場所を選ぶこと」

です。

大事なパートナーに重要な話をしなければならないときに、

▼パチンコ屋の店内で

「あのさー!実はー!」

みたいに大声で話すのと(笑)、

▼高級ホテルのラウンジで一杯1000円のコーヒー飲みながら、

「あのさ、、、実は、、、」

といって話すことを比較してみてください。

100%同じ話をしても、伝わり方が違うはずです。

イメージしただけで、まったく違う気持ですよね?

何より、受け取る側の気持がまったく変わるでしょう。

そのような理由で、大切な人に大事なことを話すなら、静かで落ち着ける場所が良いのです。

 

medium_3103125002
photo credit: Luca Pedrotti via photopin cc

 

ふたつを足したゴールデンルール

実は、ふたつの話は、まったく違うたとえで使われていたのですが、思い返してみると、

「あっ!」

と思ったのですよね。

ふたつの合わせ技にすれば強力だと。

つまり、勇気を出して大事なことを伝える場合には、

(1)最初に自分の想いや状況をテキストに起こして

(2)高級ホテルのラウンジのような落ち着ける場所で相手に話す

というプロセスを踏めば良いのです。

まさに、

「言わなければならないことなのだけれど、かなり勇気を振り絞らなければならない」

という状況にうってつけのゴールデンルールができました!(笑)

奥さまに起業の想いを話すとき。

家族に転勤のことを話すとき。

上司に社内改革のアイディアを話すとき。

ぜひ試してみてくださいませ!

 

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の良習慣】

勇気を出して大事なことを伝える場合には、

(1)最初に自分の想いや状況をテキストに起こして

(2)高級ホテルのラウンジのような落ち着ける場所で相手に話す

というプロセスを踏む。

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

ryoushuukan@gmail.com

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 


-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

習慣化を続けるための重要な2つの要素は「パワフルな理由」と「憧れの人」。

継続するために必要なことは何でしょうか? 私は、 ・「パワフルな理由」を見つける ・「憧れの人」を真似する という2つの要素が強力だと感じています。   スポンサーリンク   目次 …

個人でも、自分のマニフェストを考えてみませんか!?

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 本日は、 「自分のマニフェストを考える」 というテーマについて書きます。     目次 …

賃貸マンションと一軒家の購入。夫婦で意見が合わないときはどうするか?:WIN-WINコミュニケーション

前回の記事に引き続き、「上手に自己主張する」コミュニケーション手法をご紹介いたします。 アサーティブコミュニケーションに引き続き、本日はふたつめの 【WIN-WINコミュニケーション】 について記事に …

習慣筋力を鍛えて、定着する順番を工夫することによって良習慣は定着する。

たくさんの良習慣とともに毎日を過ごしている人と、良習慣がうまく定着しない人。 その違いはどのようなところにあるのでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 習慣化できる人とでき …

自分の力を十分に発揮するために。ほかの人や情報ノイズを避けて、自分に集中する。

あなたは、ほかの人のことや、世間のニュースに振り回されすぎていませんか? 行動に向けてスピードをあげていくためには、自分に集中することが大事です。   スポンサーリンク   目次1 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。