良習慣の習慣

たった1つのゴール設定よりも、複数の目標を持つ有効性について。

投稿日:


 

こんにちは!

銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。

年始ということで1年の目標を立ている友人たちが多いです。

友人たちのブログを読んでいるだけで刺激をうけます。

 

pole-vault-78101_640

 

目標があったほうが能力が引き出される

ぼくがブログでよく書いているように、目的があってはじめて目標をつくるべきだと考えています。

よく、

「散歩の途中に富士山を登った人はいない」

と言われるように、目標があったほうが、高い成果を残せるということに異議を唱える人は少ないですよね。

たとえば、目標設定を陸上の棒高跳びと考えてみるのはいかがでしょう?

何もない空中にジャンプするのと、バーがかかっている高さを飛び越えるのは、どちらが目標達成できるのか。

当然、「あのバーを飛び越えよう!」と思えたほうが、難易度も気持も変わってくるはずですよね。

やはり、目標があったほうが人は自分の能力をより発揮できるはずです。

 

複数の目標を設定する

目標設定というと、

「売上を1億円にする」

とか、

「営業トップになる」

などという目標を立ててしまう傾向が多いですよね。

ここまでは、ビジネス書にもよく書かれています。

ここからが重要で、ぼくが本日お伝えしたいことです。

ジョージア大学のトーマス・レイ教授の調べによると、

【目標は4つたてるべき】

だそうです。

彼の調べによると、成功しているセールスマンは第1目標だけではなく、第2、第3、第4目標まで持っていた、ということです。

セールスマンは、普通はひたすら売上目標の達成を目標にします。

これが、第1目標です。

でも、この発想自体が既成概念に縛られすぎています。

(当然、それで達成できる人たちもたくさんいるのでしょうが、、、)

成功するセールスマンは、目標を柔軟に変更する能力も持っているのです。

要は、目標を細かく分けて、さらに4段階の目標を持っていた、ということです。

たとえば、

▼第1目標:本日中に契約成立させよう

▼第2目標:それが難しければ、来週中の契約成立を目指そう

▼第3目標:それでも無理なら、とにかく面識を得られれば良しとしよう

▼第4目標:それさえもできなければ、元気に挨拶をして、自分を記憶してもらおう

という感じで設定していたのです。

こうしておくと、どれかのゴールは達成できる。

行動も促されるし、行動すれば結果的にうまくいくケースが多いものです。

第1目標がダメでも、第2目標が達成できれば「やったぞ!」となります。

たとえ第4目標であっても、目標達成したことには変わりませんから、達成感を得られるのです。

ぼくははじめてフルマラソンに出場する場合の目標は、

▼第1目標:6時間以内にゴールしよう

▼第2目標:それが難しければ、制限時間内に完走しよう

▼第3目標:それでも無理なら、ケガをして家族に心配をかけることだけは避けよう

▼第4目標:それさえもできなければ、出場できたことだけでも自分を褒めよう

くらいに考えていました。

「出場だけすれば良い」

そんなふうに考えられればOKにしていたのです。

ですから、気負いがありませんでした。

今から考えると、第1目標でさえかなりハードルが低い目標ですね。(笑)

 

複数の目標によって行動を促す

一方、たった1つしか目標を持っていなければ、それが達成できなかったときにダメージをうけます。

「ゼロか100か」思考におちいり、自己評価を落とします。

そうならないために、4つの目標を設定しておくのです。

行動すれば、何らかのフィードバックが必ずある。

そんな風に考えられるようになっていくことが大切なのだと考えています。

そんなわけで、ぼくは1つのゴールに対して複数の目標を設定することをお勧めいたします。

成功の実感を増やし、前向きな気分になります。

それがあなたの能力を引き出し、さらに高い成果を生み出すための原動力につながっていくでしょう!

 

自分がなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しよう!

 

【今日の良習慣】
1つのゴールに対して、4段階の目標を持っておく

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】
==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

習慣化のモチベーションを高めるための具体的な方法。

私たちは、成長を実感することができれば続けることができます。 その一方で「やっても意味がないかも」と思えばモチベーションが下がります。 続けるための指標として重要なのは、やはり「数値化すること」です。 …

目標設定を見直すタイミングを増やす

■家族集合写真を撮りました   昨日は、妻の両親と妻の姉妹家族で地元の写真スタジオで家族集合写真を撮りました。   今年、妻の両親が続けてきた32年の家業をやめることが決まりました …

「家に帰ってから最初に座る場所で、あなたの人生が決まる」。イスのモードを決めておこう

夜時間のすごし方で、1日の充実度は変わります。 「いい夜時間」にするためのポイントは、家に帰ってから最初に「どのイスに座るのか?」にあります。   「家に帰ってから最初に座る場所で、自分の人 …

「日記が続かない・・・。」という悩みを解決するための3つの工夫

日記が続かない 以前参加したセミナーで、 「日記が続かなくて悩んでいます。」 という男性にお会いしました。 久しぶりにその事を思い出したのでエントリにしようと思います。 (ここからメルマガのご紹介です …

自分の眠っている能力を起こすために朝時間を利用する方法

朝活のメンタル面へのメリットは? 朝時間の活用は、メンタル面からも注目されています。 メジャーリーガー川崎宗則さん等、多くのトップアスリートのイメージトレーニングをされてきたメンタルトレーナーの久留あ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。