【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣 質問の習慣

「なぜ、自分はできないのか?」ではなく、「どうしたら今よりもっとうまくいのか?」と考える思考習慣を身につけましょう!

投稿日:2015/02/11

Pocket

 

こんにちは、伊藤です。

ぼくは、成果を出している人に共通している点として、

「どうしたら今より良くなるのか?」

という、

「どうしたら〜」という改善思考を持っていると考えています。

 

gear-403501_640

 

できない自分の理由探しをしても・・・

少し前の話になりますが、7年前にぼくが自己投資をはじめようと思い立ったとき、さまざまな目標を立てました。

でも、気がつくと見たくもないテレビを見てしまったり、ダラダラと過ごしてしまっている時間から抜け出せませんでした。(汗)

そのとき、ぼくは

「なぜ、ぼくは自分が決めたこともできないのだろう」

と考えていました。

自己否定を繰り返していたのです。

確かに、どれほど立派な目標設定をしたところで、行動しなければ現実は変わりません。

できない理由を自分に求めるほうが、実は楽なのですよね。

できない状態を改善して、「本当はできる自分」を信じていれば良いからです。(本当はそんな自分はいませんが。。。)

しかし、それでは、永久に負のスパイラルから抜け出せないことに気づきました。

それは、もがいていた当時、本田直之さんのセミナーと本で学んだ考え方でした。

【本日のお勧め本】

成果を出している人に共通している考え方は、

「どうしたら今より良くなるか?」

「どのように変化すれば良いのか?」

という思考習慣を持っているということだったのです。

当時のぼくにとっては非常にインパクトのある考え方でした。

 

フロイトの原因論とアドラーの目的論

いま、アドラー心理学が人気ですよね。

その理由は、アドラー心理学が「目的論」をベースにした心理学だから、という分析があります。

それは、

「原因論 = なぜ、ダメなのか? どこがダメなのか?」

という捉え方ではなく、

【目的論 = どうすれば今よりもっと良くなるのか?】

を考えて、行動にうつしていく心理学だから、ということなのです。

フロイトの提唱した「トラウマ」に答えを求めて原因を特定しても、事態は変わりません。

そこで、アドラー流の考え方で

「どうすれば良くなるのか?」

「どうすれば良い変化ができるのか?」

というアプローチで現実を変えていくのです。

そうすれば、目線が上を向くし、意識も向上するのです。

 

過去にしばられずに未来に目を向ける

上手くいかない現状をつくり出したのは「過去」です。

「過去」を変えようとしても、事実は変わりません。(もちろん、解釈を変えることは可能ですが。)

「他人と過去は、変えられない。自分と未来は、変えられる。」

というぼくが好きな名言を持ち出すまでもなく、未来志向でライフスタイルをつくっていく方が楽しいですよね。

そのために使っていきたい質問が、

「どうすれば今よりもっと良くなるか?」

なのです。

実際、ぼくは環境や他人への依存度が減ってから、考えや気分が非常に楽になったことを記憶しています。

もし、あなたが困っている状況にあれば、

「どうしたらもっと上手くいくのか?」

という質問を自分に問いかけてみてくださいね!

 

自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の良習慣】
「なぜ」という原因論から考えるのではなく、「どうしたら」という目的論で考える思考習慣を身につける。「

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】
==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


-良習慣の習慣, 質問の習慣

執筆者:

関連記事

スキルアップだけを目指してもダメな理由とは?

成果を上げるために、スキルは欠かせないものです。 ただし、スキルを鋭い刃にするためには、前提となる基盤をどっしりと固めなければなりません。   目次1 「コーチングピラミッド」とは?2 「コ …

相手をほめるのが照れくさい人はいますか?それなら自分のためにほめるのはどうですか?

「素晴らしい!」 「おめでとうございます!」 「さすがです!」 おかげさまで、毎日のようにクライアントさんをほめる機会に恵まれています。 私は、ほめることは相手のためだけでなく、自分のためにもなると考 …

「確実にやってくる未来」を「想定外」と言ってしまう愚をおかさないためにできること。

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 中学生の息子が、ようやく宿題を終えました。     目次1 パーキンソンの法則を体現( …

「完璧主義」におちいってしまい、「何も始められない」「何も進まない」人へおススメの「最善主義」!

目次1 「減らす習慣」第4ステージ2 完璧主義にはまるデメリット3 完璧主義から最善主義へ4 完璧主義と最善主義の違いとは? 「減らす習慣」第4ステージ 習慣化コンサルタント古川武士さんの「減らす習慣 …

「デスクトップ空っぽトレーニング」を2ヶ月半実践してわかった。デスクトップをきれいに保つ3つのポイント。

整理整頓された部屋と乱雑な部屋、どちらが仕事のパフォーマンスが高まるかは言うまでもないでしょう。 同じように、からっぽのデスクトップとファイルが散乱しているデスクトップでも、仕事のパフォーマンスが大き …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。