【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣 質問の習慣

もしも、「3ヶ月の人生でやりたいことを100個つくって!」と言われたら、あなたはどうしますか?

投稿日:2015/06/26

Pocket

あなたにぜひおすすめしたいワークをお伝えいたしますね。
静かな場所で、30分くらい落ち着ける時間をつくって取り組めると良いです。

calendar-660670_640

 

 

期限を決めてやりたいことを書き出す

最近、私はよく考えるのですが、人間は「期限がないと真剣に何かを考えることができない生き物」なのではないでしょうか。

きっと誰でも、「これができたらすごく楽しいだろうな」とか、「これをやらなかったら、確実に後悔するだろうな」とか、そのような気持があるはずです。
本当は、自分でもその気持に気づいてる。

でも、時間やお金、環境のせいにして先延ばしにしてしまいます。
それって、、、なんだか残念です。

私は、早起きセミナーでご受講者さんに質問します。
それは、「人生が残り3ヶ月だと分かったら、早起きしますか?」という質問です。

3ヶ月しかなかったら、たいていの人は残りの人生を充実させようと思います。

充実した人生を送りたいなら、早起きくらいは簡単にできるようになるし、時間を無駄にできないから、主体的に早起きするはずだからです。

 

「3ヶ月」と「100のリスト」作成の勧め

そこで、私から、ちょっとした提案なのですが、3ヶ月の人生でやりたいことを「100のリスト」にしてみませんか?

「残された3ヶ月の間やりたいこと」を100個、思いつく限り書き出してみるのです。

書き出すときにおすすめなのはポストイットです。
ワンフレーズで書き出せるくらいの大きさのものが良いでしょう。

残りが限られた時間の中で、ぜひともこれはやっておきたいと思っていることは何でしょうか?

とにかく、最初は100%自分ごとで構いません。
想いのままに、書き尽くしてください。

それが尽きたら、次は他者に対してやっておきたいことを書き出します。

家族、両親、お世話になった先輩や上司。

どのような小さなことでもOKです。
頭の中をからっぽにするつもりで、どんどん書き出していきましょう。

 

100のリストを3つの領域に分ける

さて、100のリストを書き出していただけましたでしょうか?

やっていただくと分かっていただけると思いますが、頭の中を書き出すのって本当に気持良いものです。
まあ、「意外とこんなものなのか・・・」って思うかもしれませんね(笑)。

さあ、次は、3つのジャンルに分けていきましょう。
ポストイットを、以下の質問に答えながら、3つに振り分けます。

 

(1)いますぐできること

いますぐ、ベビーステップでほんの少しだけでも手をつけられることは何でしょうか?

たとえば、マチュピチュに行きたいのならば、インターネットで情報を調べましょう。
行けるかどうかは、この際関係ありません。

旅費がいくらくらいかかるのか?
日程はどれくらい必要なのか?

インターネットなら、10分あれば、たいていのことは糸口が見つかるでしょう。

それだけで、やってみたいことをやるための第1歩を踏み出すことです。
本当に実現することになった場合に、確実に同じ1歩を踏み出すはずだからです。

10秒でもOKです!

 

(2)感情から視点を変えてみること

リストの中で、やり方や見方を変えることで達成できるものはないでしょうか?

あなたがやりたいと思った具体的な行動は、その行動を通してなんらかの感情を得たいと思っていることが多いです。

たとえば、家族で世界一周旅行がしたいのであれば、「得たい感情」は、「家族で新しい経験を楽しみたい」とか、「何も考えずにリラックスしたい」といったような感情を得たいわけです。

そのような感じで、その行動に対して、「自分はその体験を通してど、のような感情を得たいか?」というアプローチでやりたいことを見直してみましょう。

大げさに考えていたことでも、意外と味わえることに気づければ良いですね。

 

(3)確実に後悔しそうなこと

リストの中で、「これはやっておかないと絶対に後悔する」と心から思うことは何でしょうか?

・富士山に登ってご来光をおがむ
・マチュピチュの遺跡までたどり着く
・バンジージャンプをやってみる
・アイアンマンを完走する

人生で1度はやってみたかった体験を書き出しましょう。

 

時間というリミットをかけて考える

このワークのポイントは、「時間という制限の中」でやりたいことを考えるということです。

締め切りを設定するからこそ、自分が大切に思っているものを整理できるようになります。
そして、やりたいことが浮かびあがれば、同時に「やらなくても良いこと」も浮かび上がります。

そのようにして、3ヶ月後の未来を描くからこそ、逆算ができます。
結果として今を大切にできるようになるし、今に集中できると、人はハッピーを感じられるのです。

あなたは、「今、ココ、私」を大事にしていますか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日の夜は、社外の友人とコーチングセッション。
2週間前と交代で、私がコーチ役をつとめました。

独立起業を目指して行動を続けている友人なので、少しでも力になれたらと思って全力でセッションを実践しました。

セッション後、「人間って、本当に自分のことが1番分からない生き物だよね」という話で共感。

セッションは、生もの。
まるでジャズのアドリブのようなライブ感覚があります。

そういった意味では、コーチングはクリエイティブな職業ですよね。

機械に代替されない、10年後も残る仕事です。

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣, 質問の習慣

執筆者:

関連記事

どちらの道を選べば良いのか迷うときに。NLP「タイムライン」で決断を後押しできる。

「現状のダラダラ生活を続けたら、、、いったいどうなってしまうんだろう・・・?」 そんなふうに考えていても、なかなか生活リズムを変えるのは大変ですよね。 それは、「理想の1日を過ごし続けた10年後の状態 …

コンサルティングを受ける前にやっておきたいたった1つのこと。自分の答えを持ってのぞむ。

自分の課題が深いときほど、解決したときのリターンが大きいものです。 だからこそ、大きなリターンを得るために、事前に自分で仮説を持っておくべきだと考えています。   スポンサーリンク &nbs …

コーチとクライアントの理想の関係とは?「成長の連続体」にみる「相互依存」の関係を目指せ!

あなたは、「依存」という言葉に対してどのような印象を持っていますか? 私は、「頼らないと何もできない」といった感じにとらえていて、あまり良い印象を持っていませんでした。 ただ、それは独立した「依存」と …

人生を変える決断をするときの代償は何か?「自分史上最高の自分」の選択を尊重する。

先日、コーチングのクライアントさんから聞かれたのは、「転職して、後悔しないでしょうか?」という質問。 人生を変えるかもしれない決断にはどう向き合えばいいのでしょうか?   スポンサーリンク …

傾聴力をあげるには?表面的な学びを手放し、地道に経験値をつみ重ねていくこと。

コーチングスキルでは「傾聴が大事」と言われます。 たしかに、経験を積んでくると、クライアントの「言葉になっていない想い」まで聴こえてくることがあります。 それは表面的なスキルでは学べないものです。 & …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。