【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

片づけの習慣

同じものを2度も買うはめになって反省。。。自分の定番を決めてシンプルになろう!

投稿日:2015/07/08

Pocket

先日の編集後記にちらっと書きましたが、手元に置いておこうと思った本を間違って売却してしまいました。。。
さらに、売却した本を、また買うこととなりました。(^_^;)

私は、今回のことはネタにもできる笑い話にできました。

でも、ひょっとしたら、あなたも私と同じようなことを経験したことはないでしょうか?

何度も同じ本が気になって立ち読みしたり、同じような服を買ってしまったり、調味料の在庫は十分あるのに安売りだったから多めに買って無駄にしてしまったり。。。

それって、お金ももちろんですが、時間も無駄だし、物質的にも無駄ですよね。

何より、「自分が持っているかどうかをきちんと把握できていない」というのは問題だと思ったのです。

rustic-334080_640

 

スポンサーリンク

 

衣替えの面倒くささから解放される方法

冒頭に記したような状態は、はっきり言って「整理整頓ができていない」ということですよね。

私の今の本棚は、人様にお見せできません。。。(^_^;)
ですから、同じ本を買うはめになったのです。

私が言うまでもなく、整理整頓をするもっともシンプルなコツは、モノを減らすことですよね。

私も、本以外では成功例があります。

たとえば、私は、季節ごとに着る服は、数着しか持っていません。

一時期は衣替えするくらいの量の洋服はちゃんと持っていたのですが、ある時、思いきって大量に処分しました。

洋服が減ったので、私が所有するすべての洋服が洋服だんす(妻と共有)に入るようになりました。

その結果、衣替えは不要となりました。
「そろそろ、衣替えをしなくちゃいけない、、、」という面倒くささから解放されたのです。

つまり、衣替えに関わる心配事や時間がゼロになったのです。

もちろん、私は男なので女性ほど洋服を持つ必要がないということもあります。
会社はスーツなのでコーディネートに迷う必要がないということはあるでしょう。

それでも、日常的によく使うものは「定番を絞りこむ」ことが大切だと思うのです。

 

定番だけに絞り、非定番は処分する

同じように、数年前、私は、妻と一緒に食器の断捨離をしました。

どんぶり1つとっても、本来は、麺類向けとか、ごはん向けとか、スープ向けなど、用途ごとに食器を持っていたほうが見映えが良いです。

でも、思いきって定番として使う食器を厳選しました。

また、来客用に用意していた食器も処分しました。
1年で何回必要になるか分からないけれど、確実にスペースは圧迫される。
そのような食器をすべて処分したのです。

そのおかげで、食器棚は定番で使うものだけになり、とてもすっきりしています。

このようにすると、私の母親のように「ヤマザキ 春のパン祭」でシールを集める必要もありません(笑)。

 

あなたの「定番」をつくろう

定番に絞ると、気持もスペースもすっきりします。
あなたも、ぜひあなただけの「定番」をつくりましょう。

そして、「非定番」を処分するのです。
私のような無駄遣いをしないためにも。。。(^_^;)

これは、洋服や食器だけに限った話ではありません。

本、映画、音楽のようなエンターテインメントから、家具や日用雑貨にも当てはまりますよね。

さて、あなたの「定番」は何ですか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日は、定期開催している同期の友人コーチと相互コーチングセッション。

私が話した質問「今の人生を映画に例えるとしたら、主人公であるあなたにこの先どんなハッピーエンドが待っていると思いますか?」をブログに取りあげてくれました。

今の人生を映画に例えるとしたら・・・ | 気づき | Coaching Official Site by 森田よしかず

こんなことを間接的に知ることって、なんだか嬉しいですよね。(^_^)

たまには人様に貢献しているんだ、とい自己重要感を持てました(笑)。

 

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-片づけの習慣

執筆者:

関連記事

片づけ習慣化のポイントは時間の確保。時間の区切りが活動を促進する。

2月のに1カ月の間、片づけに集中した結果わかったのは、「時間の確保」が何よりも重要だということです。 今回、私が片づけの習慣化に成功した要因を分析しました。   スポンサーリンク &nbsp …

「そうじがめんどくさい」と思ったら、音楽のパワーで強制力を発動させよう

「習慣化の智慧」コミュニティーで、習慣化やモチベーションアップに音楽を活用している人たちがいることを知りました。 音楽と習慣化のコンビはパワフルなので、私もおすすめです。 その活用法を記事にしてみまし …

捨てる習慣。「損失回避の心理」から抜け出すための2つのポイント。

私の今月の習慣化チャレンジは、「ミニマリストになるための1日15分の片づけ」習慣です。 実践しはじめて1週間が経過したので、習慣化のプロセスで考えたことを記事にします。   スポンサーリンク …

人生の質を上げるために必須。「帰りたい家」にするための3つの工夫。

人生がうまくいっている人には、自宅が好きな人が多いそうです。 そのように考えると、自宅を快適かつリラックスできる空間につくりあげていくのは、エネルギーを注ぐべき対象になると思うのです。   …

大掃除は10月からスタートする。常識や慣習をうたがってみよう。

あなたは、いつ大掃除をはじめますか? 我が家では、10月から大掃除をスタートする習慣があります。 その理由を記事にしてみました。   スポンサーリンク   目次1 大掃除は年末にや …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。