【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ブログの習慣

アウトプットを最大化する秘訣。ブログを書いて自分から気づきを取りにいくべき理由。

投稿日:2015/11/26

Pocket

「これって、ブロガーのことだ!」と、私は思いました。

先日受講したセミナー資料の冒頭に、「主体的に気づきを取りにいくことが重要」とのメッセージを目にしました。

その「自ら気づきを取りにいく」という姿勢は、ブロガーに通じるスタンスだということを発見したのです。

blog-684748_640

 

スポンサーリンク

 

2つの3日間セミナーを比較して感じたこと

先日、参加した「やりたいことが見つかる習慣 3日間集中セミナー」。

やりたいことが見つかる習慣 | 習慣化コンサルティング 東京 港区

実は、セミナーが終わったあとにちょっとだけ考えこむことがありました。

それは、今年受講した3日間セミナーの2つを比較したことによる違和感のようなものでした。

夏に受講したNLPの3日間セミナーは、とても満足度が高いものでした。

・興味があるNLPのワークを学べた
・身体を使うので楽しかった
・自分の心の奥に眠る欲求を知り、思わず涙を流す体験をした
・コーチングに通用するスキルを学べた

というような、さまざまなメリットがありました。

一方、「やりたいことが見つかる習慣」セミーも、たくさんの学びがありました。

・自分の欲求と深く向き合えた
・同時に自分の弱さも知ることができた
・自分が成長するパターンの型があることが分かった
・これからは自分の欲求にしたがって行動を選択する勇気を持てた

これらも、非常に大切な体験でした。

ただ1つ。

グループセミナーで起こり得る、「場の力」が発動しなかった気がしています。

それは、セミナーの質ということでは、なく、

私が自分から気づきを取りにいかなかったこと

が原因だととらえています。

 

能動的に気づきを取りにいくスタンスはブロガーに通ずる

充実したNLP3日間セミナーでは、ワーク体験のモデルに、自分から積極的に手をあげました。

自分が抱えている課題や悩みのような少し恥ずかしいことでも、積極的に開示しました。

本気で悩んでいることや、本当に解決したい課題をあげてこそ、セミナーの価値が高まると考えているからです。

要は、セミナー参加者として、どん欲に「気づきを取りにいっていた」のです。

一方、今回の「やりたいことを見つける」セミナーでは、自分でも積極性がなかったと思います。

理由として、昨年私が参加できなかったセミナーの振替受講だったので、どこか遠慮していたことがあります。

そのため、ほかの参加者の方たちを優先して、自分は一歩はなれた状態で参加していたわけです。

「なるほど・・・」

このときに、気づきました。

つまり、遠慮していた場合や、主体性に欠けた状態でセミナーに望むと、得るものが少ないのです。

自分から気づきを取りにいった場合は、得られる知識も多くなるし、得られるエネルギーもパワフルなのです。

それで、

「これはブログと同じだ!」

と気づいたのです。

 

自分から積極的に気づきを取りにいくためにブログを書こう

どのようなことかというと、日々の生活の中に、「自分から積極的に気づきを取りにいっているのか、いないのか?」ということです。

ブログを書いていると、日常的に見るもの、知ること、体験すること、すべてがブログネタとなります。

つまり、ブログを書いていると、毎日、毎時、毎分、「主体的に気づきを取りにいっている」ことになるわけです。

たとえば、あなたがセミナーに参加するとします。

まずは、普通に参加するパターンがあります。

自分が興味があって参加するセミナーですから、モチベーションはあり、まずまずの成果を得たとします。

これは一般的ですよね。

では、もう1つのパターンを想像しましょう。

あなたがセミナーに行く前に、会社の上司に呼びとめられたとします。

「今日、お前が参加するセミナーなんだけれど、要点を3つにまとめて、明日の朝礼で発表してもらうから。」

さて、あなたがセミナーに参加する姿勢は、自分ひとりで受講するときから何が変わるでしょうか?

きっと、必死になってセミナーを聞くはずです。

それは、「明日の朝礼で、全社員の前で3つの要点を話すから」ですよね。

要は、アウトプットする目的と場所があるからこそ、セミナーを学ぶというインプットが最大化するわけです。

これが、「気づきを自分から取りにいっている」という状態です。

ブロガーは、これを常に意識しているのです。

ですから、常にアンテナが立っています。

ブログをやっている人とやっていない人では、明らかに情報をキャッチする感度が違うこ実感しています。
(もちろん、ブログを書いていなくても情報感度が高い人はいますが、、、)

そのようなインプットを常にやり続けている人と、まったくやっていない人。

両者の成長の角度が、将来大きく変わってくるのは間違いありません。

あなたのアウトプットを最大化するために、ブログをはじめてみましょう。

・・・まあ、あまりにブログのことばかり考え過ぎると、妻から「またブログのことばかり考えて!いい加減にしてよね!」と言われますので注意が必要です。(^_^;)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日は、自宅に帰って早めに布団に入り、ゆっくり就寝。

・・・となるはずが、なぜか目がさえてしまって、なかなか寝つけませんでした。。。

それでも、5時前に目が覚めてしまい、本を読みかけだった本を一気に3冊読んでしまいました(笑)。

【無料】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-ブログの習慣

執筆者:

関連記事

アウトプットを意識したら、インプットする時間にこだわらない。

ブログをはじめとするアウトプットを心がけていくと、どのようなことをインプットするのかが大事になってきます。 そのなると、インプットはセミナーや読書等のまとまった時間だけではなく、歩いているときでさえイ …

ブログ継続1,700日・1,700記事。泥くさくてもぶかっこうでも、やり続けてみる。

本記事でブログ継続1,700日、1,700記事となりました。 いつも読んでくださり、ありがとうございます! 地道にアクセス数も増えており、感謝しかありません。(^_^) まさにブログの重要性をあらため …

ブログ2,100日・2,100記事。「現状維持病」と「マンネリ化」を防ぐ基準をつくる。

長く継続することは私にとって「美徳」。 ただ、良い面ばかりではなく、基準を高める工夫も欠かせません。   スポンサーリンク   目次1 ブログ2,100日以上継続で感じたこと2 高 …

【祝】ブログ更新を2年間継続!そして同じテーマを何度も書く理由。

おかげさまで、本日で当ブログの記事が730記事となりました! 2013年7月からスタートして、2015年の7月まで。 「1日1記事」ブログを書くことを、丸2年続けてきたこととなります。   …

ブログ2,000記事を書き続けてきて思う。ブログの孤独な道と継続できた理由。

本記事で、ブログ2,000記事となりました。 いつも読んでくださっているあなたから、たまたまこのブログにたどり着いた方も含めて、お礼を申し上げます。 いつもありがとうございます!   スポン …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。