【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

天職の習慣

「あるがままの自分」に眠るピュアな欲求で目標達成に向かっていこう。

投稿日:2016/11/11

Pocket

・素の自分
・本当の自分
・自然体の自分
・あるがままの自分
・ありのままの自分

など、いろんな言いかたがありますが、ひと言でいうと「自分の欲求に素直に従える」状態だと思います。

ただ、そのような自分を見せるのは勇気がいりますよね。

欲求に素直になれる自分をさがすためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

abd47ba2c0adeae6f94c689c5f18e172_s

 

スポンサーリンク

 

だめな自分に向き合う怖さにためらいを覚える

自分の中に眠るターゲットビリーフ(無意識の思い込み)を知るために、感情日記をつけはじめたとき、私にある疑問が出てきました。

それは、「せっせとビジネス書を読んだりセミナーで学んで、自分のビリーフを良いビリーフに上書きしてきたのに、また素の自分にもどるのは、、、嫌だなぁ・・・」という思いでした。

怠惰で面倒くさがりやで何をやっても挫折していた自分。

だめな自分の部分を直視するのは、正直いって恐怖と恐れがありました。

しかし、ビリーフを扱うのであれば、素の自分に向き合うことは避けられません。

習慣化の師匠にコンサルティングを受けているときに、私は思い切ってそのような感情を伝えました。

その質問の答えは、

・心配しなくても大丈夫です
・素の自分と向かい合っても良いビリーフがなくなってしまうわけではないからです
・短期的にはつらい面もあるかもしれませんが、長い目で見ればターゲットビリーフを特定することには価値があります
・「ほかの人に認めてもらおうとして無理にがんばるモード」でこれからの長い人生を生きて行くよりも、自然体で自分の欲求にしたがって生きるほうが良いのではないか?

という内容でした。

たしかに、私は「ほかの人に認めて欲しい」という気持で努力をすることがありました(というか、今でもあります・汗)。

それは、自分欲求からスタートしていないので、永続的なガソリンとするには、エネルギーが弱いのですね。

それよりは、「自分はこうしたい、こうじゃなきゃ嫌だ」という自分欲求のほうがパワフルなのです。

先の私の質問に関する回答の結論としては、「もっとエネルギーあふれるピュアな気持を持って目標達成に向かえるようになります」ということだったのです。

 

子どものころはピュアな欲求だけで行動していた

では、「ピュアな気持」とはどのようなものでしょうか?

それは、やはり赤ちゃんや子どものころに持っていた感情です。

私の娘は小学校1年生ですが、すでに自分なりの世界観をつくりはじめています。

ですから、もっと小さな子供のころ、たとえば3歳くらいのころのイメージですね。

3歳のころの私たちは、「自分が好きなものは何か?」とか、「自分がやりたいことは何だろう?」などと考えなくても良かったわけです。

自分で無意識で理解しているからです。

行動をさまたげるブレーキもなく、アクションに対する疑問もなく、自分が欲しいものを追い求めていました。

たとえば、部屋のテーブルの上にキャンディーがあったら、「食べるか、食べないか」などとは考えません。

考えているのは、ただただ「あめを食べたい!」という気持だけです。

頭の中はキャンディーという対象物のことだけでいっぱいで、だからこそまっすぐにキャンディーに突進できるのですね。

このとき、子どもにとっては、「私には、あのあめを食べる実力はあるだろうか?」といった考えがありません。

自分という存在さえスルーしているくらいに対象物に集中しているのですね。

それくらい目標に対して集中しているし、本気でそれを得たいと思っています。

街中で3歳児が「買ってー、買ってー!」と叫んでいるのは、何が何でも自分が欲しいものを得たいという強い意志があるのです。

あなたも、私も、そうだったのです。

子どものころは。

大人になったいまは、そのピュアな欲求が見えづらくなっているし、感じにくくなっているのですね。

 

あなたが子どものころに熱中していたことは何か?

ピュアな欲求を持っていた子ども時代から、学校という環境に入った瞬間、「好きなことをやっていても良いよ」という環境から抜け出すこととなります。

おもちゃで遊んでいてもOKだったのに、急に国語や算数を勉強しなければならなくなるからです。

そうして、世の中の常識や共同生活のルールを守ることを教えられ、それがビリーフを形成していきます。

では、子どものころのピュアな欲求を取り戻すためにはどうすれば良いのでしょうか?

アプローチはいろいろとありますが、1つの答えは自分に質問をしてみることです。

(1)あなたが子どものころ、熱中していたことは何ですか?
(2)あなたが子どものころ、時間を忘れて没頭していたことは何ですか?
(3)それらのことに共通している要素は何ですか?
(4)それらの中で、あなたが今でも好きなことですか?

といった質問に答えてみましょう。

誰にも話したことがないくらい個人的なことでかまわないです。

その答えにある要素を抽出してみると、あなたが意識の奥底に沈めてしまった自分欲求に出会えるかもしれません。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

「あるがままの自分」といったときに、

・寝そべりながら
・お菓子を食べて
・テレビをぼんやり観ている

そんな姿をイメージしてしまいました。

それで、「いやー、あるがままの自分だわー」となっていたら、それはダメですよね(笑)。

「あるがままの自分」とは、「やりたいことや好きなことに素直に向かえるエネルギー」を持っている、そんな状態でした。(^_^;)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-天職の習慣

執筆者:

関連記事

あなたの「好き×得意」は何か?つい考えてしまうことに意識を向ける。

コーチング、習慣化、早起き。 ふと気がつくと、それらのことを考えてしまいます。 私は、自分が好きで得意なことを、常に「考えるともなく考えている」ようです。   スポンサーリンク   …

価値観や目指す方向性を発見するために。「憧れの人」から自分を分析する方法。

・やりたいことがわからない ・目指したいものがわからない ・行きたい方向性がわからない そのようなケースで必要なのは、「目指すべき指標」です。 その指標を発見するために、「憧れの人」を活用する方法があ …

「人の才能は眉毛のようなもの」。あなたの価値を見つけるための3つの視点。

誰にでも、才能や強みがあります。 ただ、わかりにくいものなので、見つけるための視点が必要なもの。 その視点を3つご紹介いたしますね。   スポンサーリンク   目次1 「人の才能は …

ひとつに集中できない人はダメなのか?「ひとつ」に含まれる2つの視点を考えてみる

「ひとつの分野に集中できない自分は、うまくいかないのではないか?」という質問をよく受けます。 そのときに私が「そんなことないんですよ」とお伝えしていることを記事にしました。   目次1 「ひ …

自分軸を強くするためには、必要以上に周りを気にしすぎないことが大事だと思う。

仕事を終える時間を自分で決めて、その時間に仕事を終えること。 そのようにして1日の中に「区切り」をつけることが、自分軸を強くするために必要なトレーニングとなります。   スポンサーリンク & …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。