【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業の習慣

プロフィールを磨いて、会社名から名乗る自己紹介をやめよう。

投稿日:2016/11/10

Pocket

サラリーマンであっても、「会社の外で何をやるのか、自分には何ができるのか」ということは常に考え続けるべきだと思っています。

貢献できるスキルや実績が現時点ではなくても、意識してつくっていくことは可能です。

82af4c43b933d7a45aa5fb9ccb9b19a2_s

 

スポンサーリンク

 

「○○株式会社の○○です」という自己紹介に違和感

先日、前職の友人から連絡からのご縁がつながって、ヘッドハンターのかたとお会いする機会がありました。

初対面であいさつする際に、「○○株式会社の○○です」と言われました。

当然といえば当然なのですが、そこにちょっとした違和感を覚えたのです。

もちろん、会社の仕事同士であいさつするのであればまったく構わないのですが、半分プライベートという状況でも会社名をなのる自己紹介だったのですね。

思えば、セミナー会場や勉強会でお会いしたときにも「○○株式会社の○○です」と自己紹介するかたは一定数存在します。

良い悪いということではなく、なんとなく返事に困ってしまうんですよね。。。(^_^;)

 

大事なのは所属先ではなく、どのような貢献ができるのか

会社という法人同士であいさつするような場でなければ、私が相手に対して興味があるのは、

・どの会社に所属しているのか?

というよりも、

・どのような人なのか?

という部分です。

所属している組織を通じて自己紹介するというのは、考えてみると少しおかしな話でしょう。

なぜなら、たとえば海外旅行にいった場合に、現地の人にあいさつするときに「○○株式会社の○○です」とは言わないからです。

もっといえば、無人島であればどうでしょうか。

無人島では、その人がどんな会社に所属しているかというのはまったく意味を持ちませんよね。

それよりも、火をおこしたり魚をとれるといったサバイバル能力がある人が重宝されます。

そのような能力がない人でも頭をつかって飲み水をつくったり、住む家を建てられる人がいるかもしれません。

または、そのような有形のものでなくとも、人をまとめて明るい雰囲気をつくり出せる力を持った人がいれば、別のかたちで貢献できます。

要は、その場では「○○株式会社の○○です」ということに価値はなく、「何ができる人か?」ということが価値を持つのですよね。

 

「この人の話をきいてみたい!」と思われるようなプロフィールを築いていこう

いまや勤務している組織がどうなるかは、誰にもわかりません。

突然なくなってしまうかもしれませんし、つぶれないまでも合併や組織変更で今の自分の地位が変わってしまう可能性は大いにあるでしょう。

そうなれば会社の看板や組織内の肩書は一瞬にして価値を失います。

組織の中のアイデンティティーがうしなったときに残るのは、その人ひとりの存在です。

丸裸の自分。

私のように40代以降の人ほど、組織や肩書を重視する傾向にあります。

会社の中である程度の地位もあるし、利権を持っているケースが増えているためです。

しかし、無人島の例でもわかるように、大事なことは肩書きではなく、

・自分はどのような人間なのか?
・自分はどのようなことができるのか?
・自分はどのような人に対して貢献できるのか?

といったことをほかの人に話せるようにしておくことです。

自己紹介をしたさいに、「おもしろそうなことをやっている人だな。この人の話を聞いてみたいな」と思われるようなプロフィールを用意しておくわけです。

そのためには、ある程度意識をしてプロフィールアップをめざすことも必要になってきます。

多少不自然さを感じるかもしれません。

でも、ほかの人に自分のことを短時間で自己紹介するためには、自分のプロフィールづくりに時間やエネルギーを投資しておくのは「自分を見つめる」という意味でも無駄にはなりません。

何も準備してきていない人でも今からスタートすれば大丈夫です。

プロフィールアップを目指して、「○○株式会社の○○です」という自己紹介をしないですむような自分をつくっていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は仕事終わりでコーシングセッション。

あらたに契約を更新していただけることとなりました。

より高いゴールを一緒に目指していきます!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-複業の習慣

執筆者:

関連記事

「知的コンテンツクリエイター」になる方法。8ステップでデジタルコンテンツをつくる

「知的コンテンツクリエイター」という言葉を思いつきました。 私たちは誰でもクリエイターの側面を持てるはずです。   目次1 「知的コンテンツクリエイター」とは何か2 デジタルコンテンツをつく …

自分軸を見つける方法。福山雅治さんに学ぶオリジナルな自分のつくり方。

1つのことに集中できる人が良くて、分散してしまう人はだめ。 そのように言われることが多いように思いますが、必ずしもそれが正しいわけではないと考えています。   目次1 1つのことに集中できな …

自分の強みを発見する方法。周囲の人とあえての比較で客観視する。

「自分の強みがわからないんです、、、」 というお悩みをよく耳にします。 「強み」という「ほかの人との違い」は、どのように見つければいいのでしょうか。 私なりのポイントを記事にします。   目 …

複業家は中途半端なのか?落合博満さんの大谷翔平選手へのコメントは複業家へのエール。

今回の3連休に参加した「ビリーフセミナー」。 ランチタイムの合間に、「習慣化の智慧」という音声配信コンテンツの収録にゲスト参加しました。 収録2日目のテーマは、これまでの音声コンテンツの中のベストを発 …

差別化には「小さくずらす」という発想が重要だと考える理由。

ほんのちょっとした考え方の差が、やがて大きな成果の差になるということがあります。 結果としては「大きな差」ですが、要因には「小さくずらす」という差しかなかったということがあると思っています。 &nbs …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。