読書の習慣

400ページ超えの本もラクに読めるようになる2つのステップ

投稿日:


「時間がかかりそう」と感じると、私たちは先のばししがちです。
その先のばしをどう防いでいくか。

おすすめは、
(1)ハードルをグッと下げる
(2)小さなハードルを何度もクリアする
という2つのステップです。




 

分厚い本を読むことを先のばししてしまう悩み

分厚い本(目安は400ページ超え)を前にすると、ひるむ自分がいます。

「手を出したら、読み終えるまでに時間がかかるだろうな」
「読み始められたとしても、途中で挫折してしまうかも」

そんな考えが浮かんでくるからです。

ただ、どれほどページが多かったとしても「本は本」なんですよね。

1冊600ページの本があるとしても、3冊200ページ読むことと基本的には同じはず。
理屈はわかっているんです。
それなのに、簡単そうな200ページの本を読みたくなるんですよね。

私の自宅の本棚でも、未読になっている本はページ数が多い本です。
もちろん、内容には、興味があるんです。
そこで「今度こそ読もう」と思って、パラパラと読む。
「やっぱりおもしろそうだな」と感じます。

でも、ページ数を見て「500ページ超えか……。」とあきらめて、また本棚に戻してしまう。
そんなことがずっと続いているんです。

これも先のばしですよね。
しかも本には締め切りがありません。
なんとかしないと、何年も積読本のままです。
(実際に、あります……。)

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





なぜ分厚い本の読書を先のばししてしまうのか?

分厚い本への先のばしは、なぜ起きるのでしょうか。
私は読書は大好きですし、抵抗はほとんど無いはずなのに。

考えてみると、自分の行動がマヒしているような感じなんです。
分厚い本を前に、体がかたまってしまっているような。

イメージは、初めてエスカレーターに乗ろうとする子どもみたいな感じです。
動いている階段を初めて目にする。
足を伸ばそうとするけれど、怖くて足を引っ込めてしまう。
結果、ずっとエスカレーターの前から進めない。
そんな状態です。

これが、私が分厚い本を目にしたときの感情なんですよね。

こういうときは、私たちの本能がアラートを出しているんです。
「それに手を出したら大変だよ。面倒だし、時間もかかるし、エネルギーをたくさん使うことになるよ」と。

陸上でいえば、目の前のハードルが2段階くらいグッと上がった感じがするんです。
「こりゃ強敵だ」と身構えてしまう感じ。
そうなると、600ページの本1冊より、200ページの本3冊を読みたくなってしまうんですよね。
200ページの本のハードルなら、何度も乗り越えているので。

ただ、ある日ぶつかったんです。
「このままだと、600ページの本を読むタイミングはいつやってくるんだろう?」という疑問に。

その答えは明確でした。
「このままだったら、ずっとこのまま読まないよな……。」ということです。

では、どうすればいいのか。
答えは2つのステップでした。

それは、
(1)ハードルをグッと下げる
(2)小さなハードルを何度もクリアする
です。

 

■スポンサーリンク




「未経験の敵」を乗り越える2ステップ

目の前に壁が立ちはだかっているときは、ひるむのは「未経験の敵」に見えるからです。
ですから、敵に向き合うことで「そんなに怖くないよ」と自分自身に言い聞かせる必要があるんですね。

そのための方法が、
(1)ハードルをグッと下げる
(2)小さなハードルを何度もクリアする
ということなんです。

600ページの本だとしたら、イメージとしては6メートルくらいのハードルに見えてしまっています。
高すぎるハードルです。

でも、それは錯覚です。

では具体的にはどうするか。
まずは5分間だけ読んでみればいいんです。
タイマーをセットして。

すると、6ページくらいは読めるんですね。
それでも、確実で着実な前進です。

サイズ感としては、高さ600メートルを超えるために、たった6cmしかクリアしていません。
でも、わずか6ページですけれど、小さなハードルをクリアしています。

このようにして何度も読んでいるうちに「またできた!」「今日もできた!」が続きます。
これを10回とか20回程度くり返すと、慣れてきます。
結果、そのハードルをクリアすることが簡単になるんですね。
やがて5分が10分になり、6ページが20ページになるんです。

そのようにして、毎日5分だけの読書や毎日6ページの読書をするのがおすすめです。

難解な本もラクに読める「1日6ページ読書法」 | 【良習慣の力!】ブログ

私は、この方法で、名著と言われる分厚い本を読破しています。
先日も『ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則』を読破しました(431ページ)。

あなたも分厚い本にひるむことがあったら、
(1)ハードルをグッと下げる
(2)小さなハードルを何度もクリアする
という手法で、本能に「そんなに怖がらなくて大丈夫だよ」と伝えましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝5時台の「習慣化コミュニティー」朝活からスタート。

夜はエニタイムフィットネスでバイクとラン。
運動するときに大事なイヤホンを忘れました……。
と思ったら、帰るときに着たジャージのポケットに入ってました。(笑)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-読書の習慣

執筆者:

関連記事

「ぼくは、世界一楽しいサラリーマン」。自由なサラリーマンに学ぶ、ポジティブな視点と思考スタイル。

“なりたい職業ランキング1位=サラリーマン” 「そのようになる日も近い。」 著者の石渡さんは書いています。 非常に意外に思ったこの言葉。 本書を読み進めるうちに、「なるほど。考え方次第では、本当にそう …

難解な本もラクに読める「1日6ページ読書法」

難易度が高い本を読み進めていく方法に取り組みます。 その手法を「1日6ページ読書法」として開発してみました。   平易な本ばかり読んでしまうリスク 昨年、100日かけて本『7つの習慣ファミリ …

「孤独ちゃん」を恐れずに仲良くなるための3つの方法

「孤独」を必要以上に恐れていると、自分の本音に気づかくなるというリスクがあります。 自分の本音に向き合うためには「孤独」や「寂しさ」という感情は大切な味方になるのです。   「孤独」は悪いこ …

ビジネス自己啓発書を多読するフェーズから、専門書や実用書を読むフェーズに変わった理由。

昨年も100冊以上の本を読みました。 ふと気がつくと、ビジネス自己啓発書より専門書を読むことが増えています。 その理由を考えてみました。   スポンサーリンク   ビジネス自己啓発 …

脱・レンタル言葉。「自分の言葉」をつくる視点とは?

自分の言葉で人を動かす。 ブロガーなら誰でも狙っていることですよね。 人を動かすためには、私は、 その1:論理的に伝えれば、人は動く その2:認知度が上がれば、人は動く その3:テクニックを使えば、人 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。