【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

質問の習慣

「会社員とブログの両立は難しい」は本当か?思い込みは「ソクラテス式問答法」で検証できる

投稿日:2020/07/15

Pocket

「自分は何も知らない」というスタンスでいることは大事だと思っています。

そのほうがインプット力が高まるからです。

意図的に「自分は何も知らない」ということに気づくために「ソクラテス式問答法」を活用してみましょう。




 

「あー、これ知ってる」という感覚のこわさ

以前、ショックを受けたことがありました。

それは、

・「もう知ってるよ」と思っていたことが、じつはまったくわかっていなかった

ということです。

具体的に書きますね。

このブログでも何度か書いている「ツァイガルニク効果」。

「人は完了したことよりも、未完了のほうが記憶に残りやすい」ということですね。

この効果については有名で、本で読んだことがありました。

本当に何度も目にしていたのです。

むしろ、本を読んでいるときに「またツァイガルニク効果のことか」くらいに思っていたくらいに。

それなのに、あるときセミナーを聞いているとき。

講師の方が「ツァイガルニク効果」について話していたのですが、「ツァイガルニク効果」という言葉がまったく出てきませんでした。

「あれ、、、出てこない」

もどかしさ100パーセント。

同時に「こういうときに出てこなかったら、何にもならないじゃないか、、、」と。

「もう知ってるよ」と思っていた自分はまったく知識になっていませんでした。

この事実にショックを受けたのです。

 


 

【お知らせ】

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「ソクラテス式問答法」7つ質問集

「あー、これ知ってる」

実は人はそう思いたい生き物です。

でも、人は「知っているようで知らない」もの。

大事なのは「知っている」という感覚になることではなく、「自分は知らないことがまだまだたくさんある」ということを自分で理解しておくことです。

そうしないと、学びに対して謙虚になれません。

「あー、それ知ってる」という人は、成長が止まってしまうとさえ思っています。

さて、「自分を知らないということ」を知ること。

こう書くとややこしくて、少し哲学的な表現ですよね。

実際、これはギリシアの哲学者ソクラテスの「無知の知」として知られています。

この「無知の知」。

私たちの日常にも活用できるのです。

具体的には質問です。

ソクラテスの質問パターンを使って、学びを促していきましょう。

その質問の方向性は7種類。

「ソクラテス式問答法」と呼ばれています。

具体的には、下記のような7つの質問パターンがあります。

1:明確化の質問

2:前提の質問

3:証拠の質問

4:起源の質問

5:結果の質問

6:視点の質問

7:仮定の質問

 

1:明確化の質問

「この課題の具体的なゴールは何だろう?」

ゴールがあいまいなまま進んでいる人は多いもの。

もちろん、私もよくおちいります。

この質問でゴールを具体的にしましょう。

 

2:前提の質問

「この課題について自分が分かっていないことは何だろう?」

課題について十分にわかっていなければ、正しい答えを出すことは難しくなるでしょう。

前提を整理しましょう。

 

3:証拠の質問

「今の答えを事実だと考えたのはなぜか?」

自分の答えに対する証拠を再確認する質問です。

思い込みがないかどうかチェックしましょう。

 

4:起源の質問

「今の自分の考えはどこから生まれたのだろう?」

そもそも、今の自分がその考えにいたった理由は何か?

そのきっかけを考えることで、どのように思い込みがつくられたのか発見できます。

 

5:結果の質問

「この答えを試したらどんな効果があるか?」

取り組みについて効果をイメージします。

これによって思わぬ発見が出てくるかもしれません。

 

6:視点の質問

「ほかの人はこの課題についてどう考えているのだろうか?」

自分の意見だけではどうしてもかたよりがあります。

ほかの人からの視点から考えることで客観的になれますね。

 

7:仮定の質問

「今の答えの代わりにどんな代替案があるだろうか?」

もし別の答えがあるとしたら、何があるのか。

ほかの答えを考えることによって選択肢が広がります。

 


■スポンサーリンク




「会社員とブログの両立は難しい」は本当なのか?

「ソクラテス式問答法」を使って、たとえば「会社員とブログの両立は難しい」について考えてみましょう。

 

1:明確化の質問

「会社員がブログを習慣化するゴールは何だろう?」

自分の思考を言語化するトレーニングになるはずです。

学んだことをアウトプットすることは、自分のインプット力の強化にもなるのは間違いありません。

それは会社員とは関係ない部分です。

 

2:前提の質問

「会社員とブログ習慣化についてわかっていないことは何だろう?」

周囲には、ブログは独立している人が多い印象です。

会社員はブログを書いても辞めてしまっている人が多いようにも感じます。

ですから、時間を確保する方法やブログを短時間で書く方法を学んだほうが良さそうだということに気づきます。

 

3:証拠の質問

「会社員とブログの習慣化が両立しない証拠はあるのだろうか?」

こう言われると、証拠はありませんよね。

周囲では会社員でもブログを継続している人は少ないだけで、日本全国や世界にはたくさんの会社員ブロガーがいるはずです。

 

4:起源の質問

「そもそも、会社員とブログの習慣化が両立しないと思った理由は何だろう?」

たとえば体力の課題はありますね。

「会社の仕事に拘束されてしまってブログを書く気力がない」というのはよくあるので。

ではどうするか、ということで「運動を習慣にすれば長期的な体力向上につながるかもしれない」というアイデアが出てきます。

 

5:結果の質問

「会社員でもまずはブログをはじめてみたらどうなるだろうか?」

実際にやってみれば、それがどれくらいの負荷がかかるかわかります。

何より、やってみて自分が「どう感じるか?」がわかります。

楽しいと感じれば、続ければいいのです。

 

6:視点の質問

「ほかの人は会社員がブログを続けることをどう考えているのだろうか?」

「会社員でブログを書くのは大変ですよね」と言う人は多いです。

でも、それだけにトライしてみればほかの人との「違い」をつくれるかもしれません。

ほかの人がやりたがらないことをやれば、希少性が高まりますよね。

それに、独立している人だってブログが簡単ということはないと思います。

 

7:仮定の質問

「会社員がブログを書くことで可能性が広がるとしたら何だろう?」

ブログから出版を実現した例やセミナーにつながるなどの事例はたくさんあります。

それは会社員ブロガーでも同じ。

書き続ければ、可能性が広がるのです。

 

まとめ

こうして考えてみると、「会社員だから」というのはあまり関係がありませんよね。
 
「ソクラテス式問答法」はそういった思い込みをはずしてくれます。

何より「あー、これ知ってる」という態度だと、新しく学びを得られることはできません。

先述の私のように悔しい思いをすることもあるでしょう。

そうならないためにも、「自分は知らない」という態度を忘れないようにしたいものです。

そこに気づかせてくれるのが「ソクラテス式問答法」。

ぜひ、より正しい答えにたどりつくために活用してみましょう。

 


 

【お知らせ】

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、「良習慣塾」セミナーのスライドづくり。

「タイムマネジメント」のテーマで完成させました。

熱くなりすぎて2時間のセミナーなのにスライドが100ページを超えてしまいました。。。(笑)

削らないと。(^_^;)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-質問の習慣

執筆者:

関連記事

あなたのパフォーマンスを最適化するためにはインフラのメンテナンスが必要です

「早起き」メルマガ(有料)始めました! 登録はこちらから! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ メルマガ登録・解除 幸せな成功をつかむ!「朝4時」起きの技術!~「早起き」は人生変革への最短ルー …

テレビ・スマホ・ネットサーフィンは、あなたの理想の未来に関係があるのか?

重要な活動があるのに、大事な時間をテレビ・スマホ・ネットサーフィンに費やしてしまっている人が多いように感じます。 それなのに「時間がない」と言うような矛盾が起きているのです。 その矛盾を解決するために …

ムダな時間を減らすために。浪費した時間に向き合う質問

「もし、浪費してしまった時間を投資時間に変えられたら、何ができただろうか?」 この質問は、浪費の時間を投資の時間に変えるために有効です。   目次1 時間活用を改善し続ける習慣2 浪費してし …

「徹底して集中する」ことの大切さを学ぶ

目次1 第5ステージ到達2 集中するための質問は?3 集中する環境をととのえる4 あなたのタイプを知ろう 第5ステージ到達 古川武士さんの「減らす習慣」セミナーの学びもついに後半戦。 本日は第5ステー …

遮断厳禁。あなたは相手の会話をインターセプトしていませんか?

まっすぐに歩いているときに、横道から急に人が出てきたりして進行をさまたげられるのは嫌ですよね。 しかし、このようなさまたげを、会話の中でおこなっている人は意外に多いものです。   スポンサー …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。