【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

相手に伝わるメッセージのコツ。自分の立場を「私は」ではじまる「Iメッセージ」にする。

投稿日:

Pocket

相手をほめることや相手を承認する、というのは、言葉で言うよりもずっと難しいことだと考えています。

それでも、自分が発言する立場を変えるだけで、おどろくほど相手に伝わる伝え方があります

 

スポンサーリンク


 

WBC小久保監督が使った選手を承認するスキル

先日、妻から「小久保監督が生出演してるよ〜」と言われて反応。(^_^;)

読みかけの本を置いて、テレビでニュース番組を見てしまいました。

その中で印象的だったのは、WBCをふり返りながら、プロの選手たちが小久保監督を絶賛していたことでした。

もちろん、テレビの取材ですから正面切ってクレームを言う人はいないと思いますが(笑)、それでも、かなり好意的なフィードバックが多かったのですよね。

傾向として多かったのは、

・自分をほめてくれた
・いつもプラスの声がけをしてくれた
・選手に敬意を払ってくれていた

ということでした。

選手たちのインタビューから感じたのは、小久保監督が選手たちを十分に認めていたということです。

兄貴分のような小久保監督から、選手たちが承認を受ける。

そのパワーで選手たちが力を十分に発揮でき、結果として今回のWBC6連勝につながったのではないかと感じたのです。
 

「評価」のニュアンスが伝わってしまう「YOUメッセージ」

スポーツとコーチングは相性が良いのものですが、小久保監督が使っていた「承認」も両方の世界にありますね。

コーチングでは、相手(クライアント)を承認したり、ほめることを「アクノリッジメント」と呼びます。

この「アクノリッジメント」には、2種類あるのです。
(これは、覚えておいて損はない知識です。)

まず1つめのタイプのアクノリッジメントは、「YOUメッセージ」と言われるものです。

たとえば、

・努力して、よくやったね!
・あなたは優秀ですね!
・あなたのがんばりはすごいね!

といった感じです。

要は、「あなたは、⚪︎⚪︎ですね」と、ほめる承認です。

もちろん、このような承認は嫌な気持はしませんし、私もウェルカムです(笑)。

ただ、少しうがったとらえ方なのですが、このような承認は、ほめてくれた人の「評価」が入ってしまっています。

たとえば、ほめてくれた相手のことを、あなたが尊敬している場合は「YOUメッセージ」でいいでしょうね。

私が憧れている師匠たちから、「あなたのがんばりはすごいね! 」なんて言われたら、舞い上がるわけです。(笑)

しかし、私が苦手としているようなタイプの人から「あなたのがんばりはすごいね! 」と言われても、なんとなく「いや、それほどでも・・・」なんて言ってしまいそうです。(^_^;)

たとえ同じような賞賛の言葉であっても、ほめた人からの評価基準があるので、ストレートに相手に伝わらないことがあるのですね。

そのようなタイプのほめ言葉を、「YOUメッセージ」といいます。

 

「私」」という主語を使うIメッセージのほうが伝わる

一方で、もう2つめのアクノリッジメントのタイプは、「Iメッセージ」といいます。

これは、「相手の言動や行動が、自分にどのような影響を与えたか?」ということを伝えるものです。

ほかの人の基準ではなく、その人自身の基準によってアクノリッジメントするわけです。

例をあげると、

・あなたのブログがおもしろかったので、私もブログをはじめました!
・あなたがフルマラソンを走る姿に感動して、私もフルマラソンにトライしました!
・あなたのコーチングを受けて、私もプロコーチを目指そうと思いました!

というタイプの言葉です。

このような言葉は、相手の心にストレートに伝わるものです。

ほめた相手は本当にそう思っているからこそ、行動のきっかけになっているわけです。

少しくらい苦手な人であっても、「YOUメッセージ」のように否定はできません。

実際、あなたが上記のようなことを言われたら、嬉しいのではないでしょうか・・・?(笑)

さて、ここであなた自身の言動をふり返ってみましょう。

もし、あなたが「YOUメッセージ」が多いようでしたら、その言葉を少し飲み込んでみるのです。

そうして、「Iメッセージ」に変えてから、相手をほめてみてはいかがでしょうか。

きっと、これまでとは違って、あなたのメッセージが、よりストレートに相手に伝わるはずです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、妻が、春休み中の子どもたち2人と甥っ子を連れて外出(以前から決まっていました)。

「さて、じっくりひとり会議でもやろう!」と思ったのもつかの間、、、遅れているタスクがあふれていることに気づきました。(^_^;)

結局、せっかくのひとり時間を仕事に使ってしまいました。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

初対面での会話に困らないために。プロコーチおすすめの3つの質問。

初対面のかたとの会話、あなたは得意でしょうか? 私自身、人みしりの部分があるので苦労はしていましたが、今ではだいぶ免疫がついてきました。 その理由の1つに、会話で質問を使えるようになったことがあります …

本当に相手の成長を願うなら、持つべきは本音ベースの勇気あるフィードバック。

相手に苦言を呈することに、ためらってしまうことはありませんか? 私は、どれほどあきらかに間違っていようが難しいです。(^_^;) それでも、意識して、できるだけ事実を伝えようとしています。 &nbsp …

コンサルティングを受ける前にやっておきたいたった1つのこと。自分の答えを持ってのぞむ。

自分の課題が深いときほど、解決したときのリターンが大きいものです。 だからこそ、大きなリターンを得るために、事前に自分で仮説を持っておくべきだと考えています。   スポンサーリンク &nbs …

コーチングセッションで生まれるワクワク感。クライアントさんのコンテンツで社会にインパクトを与えたい。

早起き習慣化を成功させたクライアントさんとの継続セッションの中でワクワクする出来事があったので記事にいたします。   スポンサーリンク   目次1 14日間連続で5時台に起きれるよ …

短期視点と長期視点。コーチングの成果を最大化させるために重要なバランスを考える。

継続でクライアントさんと関わるという経験が増えて、感じていることがあります。 それは、「コーチも、クライアントも、短期的な成果にばかり焦点をあてすぎるのも考えものだな・・・。」ということです。 せっか …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。