【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業の習慣

ひとりビジネスで大事にしたい活気・にぎやかさ・盛況感。

投稿日:2016/09/24

Pocket

ひとりビジネスをやっていると、「活気やにぎやかさって大事だよな」と感じます。

そのように感じた経緯と私が盛況感を出すためにおこなっている活動を記事にしました。

213c12e5893997e11babbca7fc9f5089_s

 

スポンサーリンク

 

学園祭で感じた活気とにぎやかさ

最近、息子が受検する可能性のある高校の学園祭に、立て続けに参加しています。

各学校とも、催し物に工夫をこらして、来場者に呼びかけをしています。

このとき、「おっ、なんだかおもしろそうだなぁ」とひきつけられるクラスと、「うーん、、、何をやっているのかわからない・・・」というクラスがあるんですよね。

同じ学校の同じ学年の生徒がそれぞれにおこなっていることですから、それほど大きな差があるとも思えません。

しかし、明らかに行列ができているくらいの人気があった出し物をやっていたクラスと、がらーんとしている出し物があったのです。

私たちもいくつかの出し物に参加させてもらいましたが、短い時間の中で入るクラスを選ぶために重視したのは、ひとことでいうと「活気があってにぎやかな雰囲気のクラス」でした。

 

「どのお店に入るのか?」を選ぶ基準

以前、家族で月島に遊びにいったときに、同じような現象に遭遇しています。

食事をする場所を月島もんじゃ焼きストリートにすることにした私たちは、とくに事前情報をもたずにふらっともんじゃ焼きを食べようということにしました。

長い道の両側にならんだもんじゃ焼きのお店は、たくさんおいしそうなお店があるように見えます。

一方で、正直なところ「ここは入りたくないかも・・・」と思うお店もありました。

もんじゃ焼を扱っているのは同じですから、何を持って入るお店を選ぶのか、ということを考えます。

その際に、私たち家族が選んだのは、やはり「活気があってにぎやかなお店」でした。

人がお店に並ぶほど人気がありそう。

お店の中にいる人たちが楽しそうにしている。

はたらいている人たちに笑顔が見える。

私は、並ぶのはあまり好きではありませんが、並んででも入ってみたいお店に入ることにしました。

結果、楽しく食事をすることができました。

一方で、お店の前に人が並んではおらず、すぐには入れそうですが、お店の中があまりにもがらがらだったお店には入る気がしませんでした。

そこには、活気もにぎやかさもなかったからです。

 

個人でも盛況感を演出する3つの活動

そのような意味で、活気やにぎやかさの演出は個人のビジネスでも同じでしょう。

私が意識してやっていることをあげてみました。

 

1 ブログを書く

ブログを1日1記事更新しています。

ひとりビジネスの活動や趣味のこと、そして私の考え方などをブログにつづることで仕事以外の活動時間を増やしています。

ブログを読んでいただければ頻繁にあっていなくても、再会したときにも思いのほか「ひさしぶり感」は薄れているものです。

 

2 自主開催のセミナーを定期開催する

セミナーを定期的に開催することで、常に新しい人との出会いの機会をつくっています。

最初の頃は、どんなかたがいらっしゃるかはわかりませんので、不安やドキドキ感もありました。

しかし、やってみてわかったのですが、おかしな人はきません(笑)。

むしろ、まじめで誠実な方たちばかりなので、今ではそのような出会いの偶然性を楽しむようにしています。

 

3 定期的に人と会う

友人や知人で知り合った方たちに、時間をみつけてお会いする機会をつくってもらっています。

とくに今はコーチの人たちにお会いすることが多いです。

コーチ業界の中で少しでも知ってもらえる存在になるためにも、続けていきたいと考えています。

また、最近はペースが落ちているものの、新しい人に会うことも続けています。

 

個人でも上記のような活動を続けることによって、活気やにぎやかさを感じてもらうことはできるでしょう。

そのようにすることで、何かあったときに「そうだ、あの人に相談してみよう!」と思ってもらえるのだと思っています。

ひとりビジネスをされている方であれば、個人でも盛況感を感じてもらえるように意識して活動してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

息子が受検予定の高校の学園祭に行くのも3校目となりました。

やはり学校ごとの校風や雰囲気があるものですよね。

一緒にいくと、移動時間も含めてほぼ半日仕事になり、毎日のタスクにとどこおりが出てきています。。。(^_^;)

タスクを眺めて、父親として重要な仕事を優先しています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-複業の習慣

執筆者:

関連記事

ゼロから複業を考えるならどうするか?複業初心者スタートアップのための3ステップ。

先日、友人と話しながら「もし私がまったくのゼロからもう一度複業をやるとしたら、とのようなことを、どんな順番でやるだろうか?」と考えていました。 経験しているからこそ書けることがあるはずと思ったので記事 …

会社員は定年になるまで好きなことはがまんするべき?「やりたいこと」を「やるべきこと」より優先しよう。

「やるべきことを先にすべて終えてから、自分の好きなことをやろう。」 一見、正論に見える意見です。 でも、私は異なる意見を持っています。   スポンサーリンク   目次1 会社員は定 …

複業家は中途半端なのか?落合博満さんの大谷翔平選手へのコメントは複業家へのエール。

今回の3連休に参加した「ビリーフセミナー」。 ランチタイムの合間に、「習慣化の智慧」という音声配信コンテンツの収録にゲスト参加しました。 収録2日目のテーマは、これまでの音声コンテンツの中のベストを発 …

複業ネタを見つけたい人へ。自分の過去の悩みとの関わり方を考えてみませんか?

複業をはじめたいという人の悩みで多いのは、「ビジネスのネタが無い」ということです。 複業のタネに悩んでいる人は、「自分が経験してきた悩み」から考えてみましょう。   スポンサーリンク &nb …

24時間を事業部制でとらえる視点。大事なのは「新規事業」開発時間の確保と内容。

会社という組織も営利企業ですから、給与も永久保証ではありません。 個人の防衛策として、自分を個人事業主としてとらえる視点も必要でしょう。 それにともない、新規事業を開発する時間を確保し続ける必要がある …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。