【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

「自分を磨く」とは具体的に何をすればいいのか?自分を磨き続ける3つのポイント。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「かっこいい大人」になるためにはどのようなポイントを意識していけばいいのでしょうか。

私が考えるポイントを記事にしました。

 

スポンサーリンク

 

私の大切な自分欲求「自分を磨く」

自分を磨く。

私の自分欲求ベスト3に入る重要な価値観です。

ですから、メルマガにも「自分を磨く」という言葉を入れています。

私にとって、人生を楽しむためには「成長」することが大切だと考えています。

そのためには人としての器をもっと広げる必要性があります。(^_^;)

ですから、自分磨きは欠かせないものだと捉えているのですね。

自分を磨くということは、

・仕事
・自己投資
・インプット
・趣味

といったものはもちろん、より広い意味での人間形成のようなものです。

成長をのぞむのであれば、人間性を高める必要性を感じます。

それは、おそらく今も昔も変わらないでしょう。

会社の仕事に流されてしまったり、ぼんやりとした日々をすごして自分を磨くことをなまけると、年齢を重ねたときに「・・・だめじゃん、自分、、、(汗)」と後悔するのではないでしょうか。

 

自分を磨く3つのポイント

では、将来後悔しないために、自分を磨くにはどのようなポイントを意識していけばいいのでしょうか?

私が意識して取り組んでいる要素を3つあげてみました。

 

1:自己ベストを更新する

「自己ベスト更新」というのは、言葉の響きがいいものです。

しかし、現実はけっこうつらく、できるかどうかギリギリのところで必死に自分とたたかう部分があります。

苦痛と呼べるような時期も経験します。

ただし、そのような負荷こそが私たちを磨くのであり、その壁を乗り越えることで成長した自分に出会うことができるのです。

その成長した姿で、次のフェーズに進むことができるわけです。

その壁を乗り越えようとしてもがいている姿に、輝きが生まれます。

つまり、磨かれる苦しみに挑んだ人しか、輝くことはできないのだと思います。

昭和記念公園トライアスロン2017。苦手なスイムで足をつかずに750mを泳ぎ切る。

 

2:一流にふれる

仕事でも遊びでも、一流にふれることが自分磨きには重要です。

・映画
・音楽
・文学
・食事
・アート
・人

など、一流には一流になる理由があります。

それらにリアルでふれることによって、私たちの価値基準が磨かれるのです。

一流を知らなければ、一流には近づけません。

コストがかかることもありますが、それは投資ととらえましょう。

;;帝国ホテル「インペリアルラウンジ アクア」の「アフタヌーンティー 夏」。体験から得た3つの学び。

銀座の1流バー「銀座 テンダー」体験記。20年来の「やりたいこと」を叶えた。

 

3:人間性を高める

ここには終わりはありません。

そもそも、人間性や「人の器」といったものは、物理的に計測する方法はないですよね。

ただ、自分の人間性や器が小さい状態なら、なるべくその器になみなみと中身を注ぎましょう。

今の器で受けとめきれなくなるくらいに中身が充実してこそ、より大きな器を選べるようになるのです。

そのためには、

・自然体である
・トラブルの際に矢面に立てる
・人のミスを許せる
・自分の失敗を認められる
・等身大の自分でいられる

といったことをできるように意識していきましょう。

特に、自分の失敗をネタにできる人は、魅力的ですよね。

ブログでもトレーニングできます。

ミスのダメージはひきずらないほうがいい。私が取り組んでいる3つの方法。

 

内面性の充実を目指しいこう

50代、60代になったとき、「いけてないおっさん」になってしまった自分を想像すると、、、危機感を感じます。(笑)

私が憧れる50代、60代の人たちは、やはり30代、40代で自分を磨き続けた人だと思っています。

10代、20代だと、外面的が重要な要素ですが、それ以上になると、見た目より、

・ライフスタイル
・考え方
・人間性

などが「かっこいい(すてき)!」と言われる要素になると考えています。

誰もが若さだけでは推し進めらくなってくるだけに、身につけた教養や醸し出す人間力に、ほかの人は魅了されるのです。

要は、歳を重ねてかっこよくなる(すてきになる)ためには、内面性の充実が重要だということですね。

くたびれた大人にならないためにも、

1:自己ベストを更新する
2:一流にふれる
3:人間性を高める

という要素を意識していきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

親会社の社員食堂が、「サラメシ」という番組にとりあげられていました。
(妻が気づいて録画しておいてくれました)

社食はボリュームが多いので、最近は行っていませんでした。

番組を見ると、以前よりもさらに量が増えているようです。

炭水化物に炭水化物みたいな。(^_^;)

実際、番組で「この社食に通うようになってから7キロ太りました」という方がいましたが、うなずけます。

ダイエットを考えたら、足を踏み入れられません。(笑)

200円でたくさんたべられるのはお得なんですけどね。

そんな社食って、社員の健康を守るという意味では、どうなんだろう。。。

【募集中】
2017年10月6日開催:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

怒りっぽい人にお勧めしたい!「赤信号を渡らない」習慣

あなたは、赤信号を渡りますか? 私は怒らないために、赤信号を渡らないようにしています。     目次1 「怒らない」のは強み?2 赤信号を渡らない3つの理由2.1 (1)自分という …

「MSPプロセス」で自分の天職を探し求めよう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日の記事でご紹介した「天職の文章」はつくっていただけましたか? まだ書かれていない方。 あなたはご自身の …

no image

「温泉の源泉採掘」と「目標達成のプロセス」との類似性について

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …

たった「10秒」の行動を続けるだけであなたの望む人生に近づける「10秒アクション」の威力とは?

  こんにちは、伊藤です。 昨日のエントリの続きです。 【本日のお勧め本】 本気で変わりたい人の 行動イノベーション — 本当の欲望に素直になれば、やる気が目覚める― poste …

飲み会を断りきれない。そんなときは「もっとも大切なこと」を考えればうまくいきます

「飲み会を減らしたいが、なかなか断れない」という友人の悩みを聞きました。 その時、私が友人に話したことがあります。 そして、友人から「いやー、役立ったよ〜。ありがとう!」と言われたので、友人に許可をも …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031