【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

ついイラッとしてしまう人へ。「怒り」は自分の思い込み・信念・ルールを知るチャンス。

投稿日:2019/02/11 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

つい怒ってしまうこと、ありませんか?

私はつい最近やってしまったので(笑)、あらためて「怒り」のメカニズムを記事にして分析してみました。

 

スポンサーリンク

 

つい「怒ってしまう」という悩み

「本当は怒りたくないのに、ついどなってしまう・・・」

そのように悩んだことはありますか?

私は比較的、怒りの沸点は低いほうだと思っていますが、それでもイラッとしてしまうことがあります。

一時期考えていたのは、「心理学を学び、感情をコントロールできるようにトレーニングしたら怒らなくなるのではないか」ということです。

しかし、「怒り」というのはその瞬間に感じてしまうもので、「怒らないようにする」というのは基本的には無理な話です。

コントロールできるのは、どのように「怒り」という感情に対処するか、そして表出させるのか、ということだけなのです。

いくら「怒らないようにする」と思っていても、感じてしまうことはコントロールできないのですね。

 

「怒り」は思い込み・信念・ルールを発見するチャンス

その「怒り」の感情がやってきたとき、「怒り」と向き合うために実験したことがあります。

その実験は、「怒り」という感情と冷静に向き合うようになるための有効なトレーニングになったので、本記事でご紹介したいと思います。

「怒り」がやってきたら、

・自分の思い込みや信念に気づくチャンス

と考えてみる、ということです。

たとえば、会社に毎日のように5分遅刻してくるスタッフがいたとします。

私なら、毎日のように5分遅刻してくるスタッフを見ると、イラッとしてしまいます(修行が足りません・・・)。

「あと10分早く家を出ればいいのに、、、」と思ってしまうわけです。

このようなときに自分の考え方に目を向けると、私の思い込みや信念の中に、

・時間を大事にしなければいけない

・会社に遅刻してはいけない

・ルールは守らなければいけない

といったものがあることを発見できるわけです。

私自身が大事にしている思い込みや信念は、いわば自分のルールのようなもの。

自分が大事に守っているルールを簡単に違反してくる人に対して、「怒り」を覚えているわけです。

「それはルール違反だよね」という風に。

しかし、それはあくまでも自分が大事にしているルールなだけであって、相手にはあまり関係がないのですね。

もちろん、たとえば会社に遅刻していいわけではありませんが(笑)、自分自身に直接的な被害がなければ、それほど強く「怒り」に転化する必要もないかもしれないのです。

 

「怒り」は自分と相手のルールが違うだけ

「怒り」 というのは、自分と相手のルールが違っているだけです。

自分はラグビーをやっているつもりで、パスを前に出さないようにして懸命にルールを守っている。

つらくても、なかなか前に進まなくても、「ルールだから仕方がない」ということで、きちんとルールを守っているわけです。

それなのに、相手はアメリカンフットボールをやっていて、簡単にボールを前に投げてしまうわけです。

そうなったら、「怒り」が出てきますよね。

しかし、これは自分と相手の競技が違うだけなのです。

ですから、相手にも悪意がないことが多いわけです。

そのためにも、「怒り」が出てきたら、

・自分の思い込みや信念に気づくチャンス

ではないか、と考えてみましょう。

そして、「自分と相手のルールは違うんだ」という前提に立ち戻ることが大事です。

それを理解していれば、必要以上に「怒り」を感じることが減るはずです(なくなることは、まずないのではないかと思います)。

また、「怒り」が出てきたときに、自分のルールを言語化できていれば、「ああ、いま自分はこういうルールに違反されているから、怒りを感じてるんだな」と理解できるようにもなるものです。

そうすれば、感情的に「怒り」をぶつけることなく、穏便に問題を解決できるようになるかもしれません。

・・・私も毎日実験中です。(^_^;)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、午前中に「わくわく行動実践会」に参加。

ブログネタにもなりそうな心躍るタネを見つけることができました。

ほかの人のわくわくのネタを知ることができるのは、やはりおもしろいものですね。

2月は、私は新しい体験を楽しんでいきたいと思います。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づき

執筆者:

関連記事

人生という名の道路ではブレーキはきかない。自分のアクセルで速度を調整しよう。

人生が思い通りに進まないときにも、必要以上にあせらずに、淡々とやるべきことをやれば前進することはできます。 その際のイメージは「立ち止まる」のではなく、オンとオフの速度を調整する感覚です。 &nbsp …

「教えてください」と素直に言えますか?人とのつながりを自分のリソースにできるかどうかは自分の努力。

先日、100kmマラソン完走の祝賀会を開いてもらった際に、参加した人たちの顔ぶれを見て、感じたことがあります。 それは、「人とのつながりが、自分の見えないリソースになる」ということです。 その気づきを …

先のばしを続けたら10年後はどうなるのか?ネガティブな未来をあえてイメージして行動を促す。

先のばしを続けたらどうなるか。 あまり考えたく無いことですが、やってみることで動き出すモチベーションづくりになるものです。   スポンサーリンク   目次1 自己投資をさぼった10 …

不安を減らするために何をする?「範囲特定・情報収集・練習」3つのポイント。

「不安」というのは、たとえると夜道を1人で歩いているときに「後ろから誰かがついてきている気がする」というイメージです。 それが何だかわからず、安心できない状態ですね。 それでは、不安にはどのように対処 …

「始皇帝と大兵馬俑」展。世界遺産の迫力と哀愁を楽しむ。

先日、「始皇帝と大兵馬俑」展に行ってきました。 特別展「始皇帝と大兵馬俑」 簡単にレポート記事を書きます。   スポンサーリンク   目次1 世界遺産の兵馬俑を見るために東京国立博 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031