気づきの習慣

オリジナリティーのあるネーミングをつけるとうまくいく法則

投稿日:2023/07/28


アウトプットの場があるから、ネーミングが生まれる。
ネーミングをすると、結果として作品が誕生する。

ネーミングとアウトプットは相乗効果があるんですね。
そんなことを考えた理由を記事にしました。




 

ネーミングが決まらない問題

昨日は、夜に「良習慣塾」グループコンサルティングの準備をしていました。

前回(2週間前)のセミナーのフォロー。
同時に、内容の深掘りを兼ねたショートセミナーについて、スライドをまとめていました。

スライドは9割ほど完成していたんです。
ただ、前日まで決まらなかった項目があります。
それは「メソッドのネーミング」です。

メソッドは、前倒しを仕組み化する方法。
スライドをつくりながら「このメソッドに、なにかいい名称があるといいよなぁ」と思ったんです。

このメソッドは100パーセントのオリジナルではありません。
ただ、ほかの人のメソッドを完全にコピーしたわけでもないんです。

私が本やセミナーから学んだことをアレンジし、自分なりに実践。
改善点を加えているうちに、原型が薄まってきた感じです。

私が取り組んでみて、「これは効果がある!」と感じたものを「良習慣塾」メンバーにお伝えしています。
しかも、私でもできるレベルですから、ほかの人にもできます。

取り組んでいただければ、間違いなく効果があるはず。
そんな感覚があります「もちろん、万人にぴったりはまるメソッドはないにせよ)。

ただ、メソッド名が無いんです。
ひとりで運用しているときは、問題ないんです。
特に名称がなくても、自分なりに実行していればいいだけなので。

仮説や実験に、名称がないのって、きっとこんな感じなんでしょうね。
それだとせっかくの取り組みがもったいないです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





取り組んでいる行為に名前を与える

このオリジナルメソッド。
セミナーで、「本邦初公開」という流れになると、やっぱりネーミングが欲しいと思ったんですね。

昨日の時点で私が考えたのは「GGG(ジージージー)メソッド」です。
・Gmail
・Gain task
・Game
の3つの頭文字をとりました。

ただ、今日のセミナーで言いづらかったので却下しました。(笑)
これもお披露目したからこそわかる失敗でした。

3つの頭文字を並べてみると、このメソッドの内容をうまく表現してるように思えたんです。
もちろん、何度か考えたり、手を動かしたり、口に出してみました。

ただ、本番とは違いますね……。
私がしっくりこなければ、ほかの人にも伝わらないでしょう。
このまま無理を通すと、このメソッドを紹介するために違和感を感じ続けるわけですから。
アウトプットの場があったからこそ、発見できたことです。

「良習慣塾」のセミナーがなければ、ずっと「名もなきメソッド」だったわけです(このネーミング、それはそれで悪く無い気もしてきましたが・笑)。
ただ、「名もなきメソッド」だと、忘れてしまったりするんですよね。

オリジナリティーのある名称を考える。
とても重要ですね。

ですから、
・親が子どもに名前をつける
・公式ブログに名称をつける
・セミナーや講座にタイトルをつける
ように、メソッドにも名称をつけたいものです。

私もこれまでに、
「良習慣の種」
「ひとり戦略会議」
「1日6ページ読書」
「星空理論」
などの名称を考えてきました。

それらが生まれたのは、ブログやセミナーというアウトプットの場があったからこそ。
そのタイミングで名称をつけたわけです。

 

■スポンサーリンク




ネーミングが先か、ネーミングは後か?

先に「名称ありき」だと、私の場合はうまくいきません。
それよりは、自分が取り組んできたプロセスに対してネーミングをつけると「こんな感じかな?」というほうがマッチします。

これは好き嫌いでしょう。

ブログでもタイトルから書き始める人がいます。
一方、タイトルは記事を書いてから、最後に書く人もいます。

ミュージシャンもそうですよね。
曲名を考えてから楽曲をつくる人がいれば、楽曲ありきで最後に曲名をつける人もいます。

重要なのは、音楽をつくる方も、楽曲を発表するまでは、曲名が仮だということです。
発表の場があるからこそ、曲名を考える。
そんな強制力があるはずなのです。

つまり、私たちは発表会のようなアウトプットの場をつくらなければ、生み出そうとしないわけです。
そのために誕生していないメソッドや忘れられてしまった方法があるはずです。

あなたが日々を生きていれば、工夫やうまくいくパターンを無意識につくっているものです。
その工夫に、名称を考えてみてはいかがでしょうか。

オリジナルのネーミングを考えられたら、愛着もわきます。
愛着のあるネーミングは、あなたの行動も変えてくれるはずです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の『習慣化オンラインサロン』朝活からスタート。

夜は「良習慣塾」のセミナー準備。
来月の「良習慣塾」や「ビジネスブックBAR」の準備も
ちょっとだけ前倒しできました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

出版企画書を書くときに意識しておきたい3つのポイント

先日、出版企画書セミナーに参加しました。 そこでの学びと気づきを記事にまとめてみます。   出版企画書は本の設計図である 出版企画書。 著者が出版社や編集者さんに対して「こういう本を企画して …

2013年を振り返って思い出す言葉

■いよいよ大晦日!   今年もあと少しで終わりですね。   個人的には、今年は非常に充実いたしました。 37年間の人生で一番エキサイティングな年といっても過言ではありません。 &n …

信頼できる師匠を持とう。舞い上がって自分を見失わないために。

「憧れの夢が叶うかもしれない!」 そのようなとき、自分を見失いがちですね。 先日、私が自分を見失いながら、師匠たちのおかげで踏みとどまれたことがありました。   スポンサーリンク &nbsp …

「変わりたい」と思ってるのに、自分を変えることができない理由とその対処法。

「自分を変えたい」と思いながら、一向に変わらない自分がいるとき。 私たちはどうすればいいのでしょうか。   スポンサーリンク   「変わりたいと思ってるのに、自分を変えることができ …

「人に頼らず自分だけでがんばる」を手放す。「頼る」の定義を変えてアクションを起こそう。

あなたは、人に頼られるとどのような気持がしますか? 「うまく人を頼ることができなくて損している・・・」と思う方に向けて記事を書きました。   スポンサーリンク   人に頼られたとき …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。