【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

「子どもの忘れ物が多くて困る」。そのような時こそチェックリストはどうでしょう?

time 2017/05/11

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

小さなお子さんを持つ親なら、誰でも経験があるのは「子どもの忘れ物」ではないでしょうか?

そこで、我が家の工夫を記事にしてみました。

 

スポンサーリンク


 

娘が受けた忘れ物のダメージ

先日、自宅に帰ると、小学校2年生の娘がめずらしくへこんでいました。

いつも親から注意を受けてもケロッとしていて、「本当に聞いてるのかね・・・」と、妻と私が話すほど、なんというか「効かない」のです。(笑)

以前、娘が学校に忘れ物をしたというので、妻が注意をしたら「だって~、しかたないよ、忘れちゃったんだもん~。」と返していたそうです。

か、軽い・・・。(^_^;)

息子は、もう少し反省した態度を見せたものでしたが(まあ、比較しても仕方ないのですけれども)。

その娘が、前述のようにへこんでいたので、ちょっと気になったのですね。

妻に聞いてみると、下記のようなことがあったようです。

・今日、図工の授業で絵の具を学校に持っていくことになっていた

・洋服が汚れるレベルの課題だったので、先生から連絡帳に「汚れてもいい洋服」か、「エプロンを持参」という記載があった

・妻は「小さくなった洋服でもいいかな?」とたずねたところ、娘は不満だったらしくエプロンを希望した

・妻は仕方なく、息子が小学生のときに使った家庭科のエプロンを見つけ出し、娘用にサイズを小さくて加工した

・娘は気に入ったらしく、エプロンを忘れずに学校に持っていった

という流れだったようです。

普通、ここまでだったら「めでたし、めでたし」で終わりますよね。

娘もへこまなくて済んだでしょう。

では、何があったのでしょうか?

・・・はい、娘が「行ってきます!」と言って、元気に学校に行ったあとの玄関に残っていたのです。

しっかりと、、、絵の具が。(笑)

絵を描く授業なのに、エプロンを持っていって、肝心の絵の具を忘れるとは・・・。

まあ、私も、プールに行って着替えようとしたら、息子の水着(しかも小学生の)だったことがあるので、あまり大きなことはいえませんが。。。(^_^;)

 

忘れ物防止への娘の目標設定

忘れ物が続くと親にも先生にも注意されるし、さすがに娘もまずいことに気づいたようです。

そこで娘は一計を案じました。

なんと、「目標」をつくったのです。

さらに素晴らしいことに、「紙に書いて」「毎日目にする場所に貼った」のです。

「私の娘らしいなぁ」と、思わず笑ってしまいました。(笑)

今回も、そこまでは良かったのです。

私が、娘がランドセルをしまっている本棚を見ると、このような貼り紙でした。

いや、とてもいいのです。

小学校2年生にしては上出来です。

私は小学2年生で目標なんてありませんでした。

ただ、とてもいい感じで「目標設定初心者」ですね。(^_^)

下に書いてある「がんばれー」のイラストなんて見ていると、けなげさに涙がでます。

さて、そこから数日。

娘の忘れ物は、どうなったと思いますか?

このブログを読んでくださっている方なら想像がつくと思いますが、、、

はい、忘れ物はなくなりませんでした。。。(^_^;)

あの目標設定で忘れ物防止が習慣化できるなら、誰も苦労はしません。

交通標語だけで、交通事故がなくならないのと同じ原理ですので。

そのため、先日の編集後記でふれたのですが、緊急の家族会議が開催されたわけですね。(笑)

家族会議で相談した結果、娘には「持ち物チェックリスト」をつくることになりました。

いくつかの案のうち、娘が自分で「これならできそう」と選択したのがチェックリストです。

もちろん、私が作成することになりました。

妻からの「得意でしょ?そういうのつくるの。(笑)」というひと言がありまして。(^_^)

そのようにしてビールを飲みながら作成したのが、下記のチェックリストです。

サッとつくったので、まさに「たたき台」という感じですが、この「たたき台をサッとつくるかどうか」という初動があるのか、ないのか。

ここが重要ですよね。
(私も初動ができていないものが山積みなので・・・)

 

子どものチェックリスト3つの工夫

このチェックリストのポイントは以下の3つです。

 

1:項目をたくさんつくらないこと

最初から子どもに完ぺきを求めてはいけませんよね。

最初はハードルを低く、とにかく低くしましょう。

「これなら楽勝!」と思わせるレベルまでハードルを下げることがポイントです。

低いハードルが跳べるようになってから、高さをあげればいいのです。

 

2:質問文にする

よく、学校のプリントには「~しましょう」と書いてありますが、それで行動できるのは大人だけです。

我が家の子育ての目標の1つは「子どもが自分の頭で考えられること」です。

では、自分の頭で考えるようにするためにはどうするか?

有効なのが「質問」なのです。

質問にしておくと、子どもにも自問自答がはじまり、自主的な行動が促されるのですね。

 

3:親に「教えたいこと」欄をつくる

最後に、ふり返りのための「KPT」を入れました(もちろん、言葉は違いますが)。

※ご参考
「KPT法」をご存じですか?「PDCAサイクル」を機能させるフレームワークをご紹介いたします!

ここは「お父さんに教えたいこと」という項目にして、私に「教えたい」という視点で伝えるようにしています。

また、「K」の「良かったこと、できたこと」の欄を広いスペースにしています。

「いいところ」をたくさん見つけてもらい、自己肯定感を高める狙いですね。

 

チェックリストの結果は?

そのような流れで運用がはじまった娘の「持ち物チェックリスト。

初日の結果は、、、無事にオールクリアでした!

とはいえ、3日坊主にならないように、このチェックリストがどこまで機能するかは工夫次第です。

またレポートするかもしれません。(笑)

今回の我が家の工夫、お子さんの忘れ物にお困りの親御さんがいらっしゃったら、少しでもお役に立てば嬉しいです。(^_^)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、「習慣化の学校」書籍エッセンスメルマガの執筆に集中。

習慣化コンサルタントの古川武士さんが選んだ自著からのエッセンス(文章)に対して、私が解説を加えます。

そして、最後に私が自作の質問をつくります。

この質問をつくる作業が考えどころ、かつ楽しいところなんですよね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
2017年8月17日開催:これで続けられる!「良習慣の見つけ方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜」

2017 年8月24日開催:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

2017年9月7日開催:毎日目標を達成する!「1年で100個のやりたいことを達成する!」ワークショップ

2017年9月14日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜

 
コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


■当ブログの管理人

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

■スポンサーリンク

■アクセスランキング

■カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031