【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

コーチングセッション200時間超え。時間、能力、人脈、お金の4つの壁に向かう工夫。

投稿日:2017/04/28

Pocket

「継続は力なり」と言われますが、あなたには、目的を持って毎日のように続けていることがありますか?

「自分が興味関心のあるものに時間を使えている環境」は、毎日の生活に充実感をもたらしてくれるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク


 

コーチングセッション「200時間」突破

先日、コーチングセッションの総時間数が200時間を超えました。

今年クリアしたい目標のうちの1つだったので、嬉しい限りです(予定より遅れてしまいましたが・・・)。

2014年の初頭から学びはじめたコーチング。

そこからクライアントさんとしてかかわったくださった方たちの姿はまぶしいばかりです。

たとえば、

・早起きを習慣化した
・早朝出社して、定時退社できる日が増えた
・ブログをスタートした
・自主開催のセミナーを開いた
・マラソン大会に出た
・コーチングスクールに通った
・週末起業をはじめた
・TOEICの目標スコアをクリアした
・独立起業した
・やりたいことを見つけた
・資格試験に合格した

など、普段はあまり書けませんが、200時間突破の記念に(笑)、不特定多数の成果として記載させていただきました。

もちろん、これらの成果は私自身が行動したのではなく、あくまでクライアントさんご自身が行動した結果です。

でも、そのきっかけづくりや課題進展のプロセスを共有していたので、思い入れはあります。

また、ときおりですが、「伊藤さんのおかげで」という嬉しい言葉をいただくこともできたのです。

 

「4つの言い訳」に対する私なりの工夫

200時間のコーチングセッションをおこなうプロセスで、私が取り組んできたことがあります。

意識してきたことを人間の「4つの言い訳」に分類して、それぞれの工夫をあげてみました。

 

1:時間がない(時間的制約)

私が周囲のコーチたちを見ていて、もっとも相談を聞くのがこの時間です。

確かに、工夫し続ける気持、改善し続ける行動は必要でしょう。

まずは、会社の仕事があれば、定時退社できるようにトレーニングをしていました。

夜にセッションが入っていれば、定時退社できるというトレーニングも同時にできるようになりますので一石二鳥なのですね。

週末に限らず、平日でも朝時間を使えるようにしました。

セッションのために早起きできるようになるのも一石二鳥です。

また、通信手段をたくさん持つことも場所の制約を取り除くことができます。

これまでに使用したツールは、

・Skype
・Zoom
・LINE
・Messenger
・電話

です。

これで遠隔地のクライアントさんともセッションが可能です。

 

2:能力がない(能力的制約)

これは、量をこなすしかありません。

最初はコーチの友人たちと相互セッションをするようにして、徐々に経験を積みました。

その後、周囲の友人たち(優しそうな人・笑)に声をかけて、コーチングセッション無料体験をお願いしました。

もちろん、友人たちに声をかける恥ずかしさはありますが、そこは思いきってやりました。

あのときの経験は今でも宝物です。

また、「100人コーチング」を無料で実施した際は、師匠に怒られたこともあります。(そのあと、有料にしました・汗)

それと、ベテラン先輩コーチに胸を借りることも積極的におこないました(今もやっています)。

量を体験するうちに、セッションの流れやクライアントさんの空気感を無意識に感じるようになっていきます。

 

3:人脈がない(人脈的制約)

近くにコーチングセッションの相手がいなければ、情報発信をすることが必須でしょう。

ブログなら気軽にはじめられます。

記事をたくさん書くことによって、「自分は何が提供できるのか」ということを考え続けることにもなるので一石二鳥です。

コーチの認定をとっていることを自分から周囲の人に公言することも大事です。

そのような意味では、個人名刺をつくることは必須でしょう。

また、そういう人がいる場所がどこかを考えて、その場に足を運ぶことも大事です。

自己紹介の際に、「コーチングを仕事にしています」とはっきり言いましょう。

課題や悩みを聞くことができることを伝えるのは、悪いことではありません。

 

4:お金がない(金銭的制約)

本当なら、コーチングセッションの特別セッションルームがあれば理想的です。

しかしながら、一般的には個人のオフィスやセッションルームをつくることは難しいでしょう。

これもたくさんの場所に足を運ぶことが大事です。

私も、

・ホテルのラウンジ
・貸会議室
・喫茶店
・カフェ

など、いろいろな場所で試しました。

もちろん、そうなれば成功譚だけではありません。

以前、はじめての場所(カフェレストラン)で、同じスクールの先輩コーチとセッションをやっている最中に、後ろの客席からいきなり「ピンポーン」と呼び出し音がなり、気まずい思いをしたこともあります。。。

・・・失敗をくり返すことも大事です。(^_^;)

 

「今は」リソース不足でも改善でギャップを埋めていく

正社員として会社に勤務しながら、習慣化プロジェクトでの役割も担い、家庭を持ちながら、私自身の趣味やブログ等にも時間を投資います。

それでも1年間に100時間のコーチングセッション時間を確保する。

正直なところ、私には簡単なことではありません(もっと簡単にやっている人はいますので)。

しかし、自分には簡単ではないからこそ、トレーニングになるとも考えています。

私の周囲のコーチの友人でも、私と似たような状況下で行動がとまってしまっている人たちいるのですが、その気持や状況もわかります(とても残念には思っているのですが・・・)。

それでも、アイデアや工夫には終わりはありません。

「今は」リソース不足かもしれませんが、考えながら続けることなら、改善し続けることができるはずです。

むしろ、続けることでしか、何事も上達しないですよね。

改善を続けて、少しずつレベルアップしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日、「習慣化の学校」メルマガの仕込みをして帰宅したらスポーツニュースが目に入り、高校野球のダイジェストを見ました。

あんまり高校野球は興味がないのですが、日大三高と早稲田実業の乱打戦はすごかったです。

特に、早業の清宮選手の2本のホームランは、見ていて「うわ・・・噂どおりすごい!」と感じました。

高校時代の清原選手や松井選手を彷彿とさせますね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

映画「Ray/レイ」で強烈に残ったシーン。窓辺に羽ばたくハチドリの音をききとるまで聴力を鍛える。

人間は、本来持っている能力のほとんどを引き出せていない、とは、よく言われることですよね。 本来の「聴力」の能力を引き出したいと思える映画を観ました。   スポンサーリンク   目次 …

「認める」スキル。相手に効果的に「承認」を3ステップで伝える方法。

人間関係で重要な要素に、お互いが相手のことを「認める」ということがありますよね。 「認める」や「承認」を伝えることにも、効果的なプロセスがあるのです。   スポンサーリンク   目 …

考えているのか、感じているのか。あなたは自分が「感じていること」をうまくキャッチできていますか?

「考える」と「感じる」。 一見似たような言葉ですが区別しておいたほうがいいと思っています。 私たちは感情の生き物なので、「感じる」ことにもっと意識を注いだほうが良いと思っているからです。   …

城山三郎さんの対談に学ぶ!インタビュアーが思わず話しすぎてしまうほど会話を盛り上げられる3つのポイントとは?

  こんにちは、伊藤です。 先日、阿川佐和子さんが書かれたベストセラー「聞く力」を読みました。 聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書) posted with ヨメレバ 阿川 佐和子 …

「あなたなら絶対できる!」という応援と自分を全肯定してくれる存在。自分の人生に必要か否か?

自立型の人間であっても、信頼のおける師匠や友人は必要ですよね。 それと同じように、自分の存在に対して「あなたには価値があります」と認めてくれ、常に応援してくれる人の存在は、自己成長を目指す人にありがた …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら