【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

なぜかイライラしてしまう自分に困っている人におすすめの「感情日記の習慣」

投稿日:2020/03/31

Pocket

わけもなくイライラしたり、理由がよわからないのにく八つ当たりしてしまったことはありますか?

もしそういったことに困っていたら、自分の感情を言葉にしてみる「感情日記の習慣」がおすすめです。




 

なぜいつも同じことでイライラしてしまうのか?

「なんだかいつも同じことでイライラしている気がする・・・」

「子どもの頃からいつも同じことをほめられるけど、なぜだかうれしくなるな」

「いつも同じようなパターンにはまってしまうのはなんでなんだろう、、、」

あなたは、そんなことを思ったことはないでしょうか。

ポイントは「いつも同じ」です。

その「いつも同じ」ことがきっかけになって、あなたの感情がアップダウンするわけです。

たとえば、あなたが「遅刻してはいけない」と思っているとします。

それなのに、職場に平気で5分遅刻してくる人がいる。

しかもまったく悪びれていない。

そんな人を見たとき、その人の感情がゆれます。

思わずイライラしてしまうわけです。

それで、気づくと「なんだかいつも同じことでイライラしている気がする・・・」という感情になるんですね。

でも、なぜ自分ではイライラしてしまうのかが、いまいちわからない状態。

このパターンに気づいて、イライラを減らす方法があります。

それが、「感情日記の習慣」です。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





誰にでも無数の思い込み(認知)がある

「感情日記の習慣」とは、自分自身の気持ちを言葉にすることです。

たとえば、

・今日も朝ルーティンができた!朝から達成感!

・午後から集中力が落ちて生産性が低かった。タスクもたくさん残って未完了感。。。

・○○さんのあとひと言が余計!誰もとくしないし自分は傷ついた・・・!

といった感じで、自分の感情に言葉をつけるんです。

やってみていただくとわかると思うんですが、感情というのは意外ととらえどころがありません。

それでも取り組んでいくうちに、自分の感情の起伏がわかるようになってきます。

私も毎日取り組んでいるところで、自分の感情をうまく言語化できたときはけっこう気分がいいんです。

そんな風に感情日記をくり返していくと、どうなるか。

自分の気持ちや感情を客観的にとらえる力が身についてくるんですね。

このようにとらえることを、専門的な表現で「メタ認知」といいます。

自分以外にもうひとりの自分がいて、自分を俯瞰して見ているようなイメージです。

「メタ認知」が鍛えられると、感情に振りまわされづらくなります。

理由は、自分がどんな風に物ごとや事実をとらえているのか、その「認知のクセ」が理解できるようになってくるからなんです。

私たち人間には、誰にでも無数の思い込み(認知)があります。

たとえば、ある事実があったとします。

そのときに、その人の思い込みがそのできごとをとらえます。

そのとらえ方によって感情が生まれます。

その感情がプラスのものなのか、マイナスになるのか。

それはその人の思い込みによるんです。

同じできごとなのに、人によって感情は違うことがありますよね。

それは、その人が持っている思い込みが原因なんです。

 


■スポンサーリンク




感情の扱いをトレーニングする

たとえば、友人に「一緒に皇居でも走ろうよ」という誘いのメッセージを送ったとします。

それなのに、既読になって3日間がたったとしましょう。

さて、あなたは次の3つのうち、どう思うでしょうか?

(1)あれどうしたんだろう、心配だな

(2)もう、さみしいなあ・・・

(3)なんで返信しないんだ!

いかがでしたでしょうか?

(1)を選んだ人は「心配」という認知です。

「何かあったのかもしれない」と思うでしょう。

(2)を選んだ人は「悲しみ」という認知です。

「もしかしたら嫌われているのかも」と思うかもしれません。

(3)を選んだ人は「怒り」という認知です。

「なんて失礼な人なんだ!」と思っているかもしれませんね。

このようにして、人間はひとつのできごとからいろんなパターンの感情が生まれます。

ただ、その感情というのはとらえどころがないので、流れていってしまうもの。

ですから、自分がなぜそんな感情になったのか説明することが難しいんですね。

そこを感情日記であえて言葉にする。

そうすることで、自分の感情を扱えるようにトレーニングするわけです。

感情を言葉にすれば、感情と思い込みをわけて考えることができるようになります。

ですから、トレーニングが進むと一瞬イラッとしたときに「あっ、今は自分の怒りのパターンにはまってるな」という言葉が頭の中にフッと出てくるんですね。

ですから、むやみにイライラすることが減ります。

うまくいくと「ああ、、、イライラする思い込みの部分が刺激されてるな」というくらいに冷静にとらえることもできるんです。

むやみにほかの人にイライラしたり、短気な人は損をしている面もあると思います。

ですから、感情を扱うトレーニングを試してみるのもいいのではないでしょうか。

自分の感情をうまく扱えるようになれば、外側からの刺激に反応するばかりではなくなります。

結果、ストレスやイライラも減っていくのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、良習慣コミュニティーのメンバーKさんとの事前ミーティング。

ほんの20分ほどの短い時間でしたが、やはりいい空気を感じます。

来月のスタートがますます楽しみになってきました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

「いい人」でいることのデメリットは、自分欲求を見失うということ。

多くの人に好かれるような「いい人」を目指す。 それは問題ないのですが、「いい人」であろうとするあまりに自分の感性を押し殺してしまう人が多いように感じます。 それがわかるのは、以前の私がまさに「いい人」 …

少ない可処分時間をどう使う?あなたは「重要な2割」の活動を優先していますか?

あなたは、1日の可処分時間をどのように使っていますか? 私は、可処分時間にも「80対20の法則」を意識して適用しています。   スポンサーリンク   目次1 成長とは「ありたい姿」 …

自分の価値観を知ることは、自分だけでなく相手のためにもなる。

あなたが価値観を知り、優先順位を決め、アウトプットすること。 それは自分だけでなく、周囲の人にも重要なことだと思います。   スポンサーリンク   目次1 家族の体調不良と自分がや …

自分が変えられる範囲で「より良い明日」という点をつなぐ

いつも絶好調で勝ち続けている人がいないように、常に絶不調で負け続けている人もいません。 どんなプロセスにも「山あり谷あり」だと思います。   目次1 どんなことにも山と谷がある2 集中するべ …

ぼんやりした不安を3ステップで解消する方法

「不安」を感じたときはどうすればいいのでしょうか? そのためには不安の正体をあきらかにして、ネガティブな気持ちを減らしていく対処法が役立ちます。   目次1 人間が「不安」を感じるのは自然な …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。