【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

家族

夫婦間のズレをなくしたい人へ。男女間の「ポイント」のカウント方法の違いを理解しよう。

投稿日:2018/01/10 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

私が学んだマスターコーチの谷口貴彦さんが、新刊「パートナーに愛されながら自分らしく成功する7ステップ」を出されたので読んでみました。

内容は本記事では詳しく書かないのですが、読後の実感としては、やはりこれからはパートナーシップが非常に重要な時代になると感じています。

 

スポンサーリンク

 

男性と女性の思考には違いがある

パートナーシップをうまくいくようにするためには、男性脳と女性脳の違いを知っておくことが大切です。

男女では物事の考え方や優先順位がまったく異なるからです。

たとえば、

・男性は「受容」を求めるけれど、女性は「共感」を求める

・男性は「問題解決」したがるけれど、女性は「感情移入」して欲しい

・男性はだまって思考を整理するけれど、女性は話をしながら情報処理をおこなう

といった違いがあるのですね。

このような違いを知っておかないと、良い関係性を持続することはむずかしいでしょう。

「相手も私と同じはず」という前提にたつから、いろいろなトラブルが起こるのですね。

私もコーチングや心理学を学んだことで意外な効果があったのは、パートナーシップです。

 

ポイントのカウント方法は男女で異なる

男女の違いのうちでも、「こんなに違うのか・・・」と驚いたことがあります。

これは、特にご結婚されている男性には、ぜひ覚えておいていただきたいことです。(笑)

それは、男女の考える「ポイント」の考え方です。

さて、男性は、「女性のために何かしよう」と思うと、ポイントを稼ぐために、大きなことをやろうとしがちです。

たとえば、

・高級品をプレゼントする

・海外旅行に連れて行く

・おいしい食事をごちそうする

といった感じですね。

男性は、そのような特別感のある行動をしていれば、女性に「ポイントをためられた」と思うのです。

特別感のある行動やモノであれば、「10ポイントは稼げたはずだ」と思うようなイメージですね。

ただ、小さな行動だと「1ポイントしか稼げないだろう」と考えてしまうのです。

一方で、女性は、違うカウント方法を持っているそうです。

どのようなものかというと、男性からの贈り物や親切の大小にかかわらず、「1つのことに対して1ポイント」という考え方をしているのです。

要は、女性にとっては、

・花束をもらう

・手紙をもらう

・洋服を買ってもらう

というのは、ほとんど同列で、同じくらいのポイントにカウントされるのだそうです。

その意味で、私たち男性はついつい「高価なプレゼントをすれば女性は喜ぶだろう」と考えがちなのですが、じつは女性にとってより重要なのは「自分のことをきちんと気にかけていてくれるかどうか」ということなのです。

つまり、残業やセミナー参加で遅い帰宅が続いたから300円のハーゲンダッツを1つ買って返っても、100円のスーパーカップを買って帰ったのと、それほど変わらないということです。

あんまりいい例えじゃなかったですね。(笑)

 

シンプルで小さな行動を積み重ねることが大切

では、具体的にどのようなことをおこなえばいいと思いますか?

それは、実はシンプルなことばかりでOKなのです。

結婚している男性だったら、

・奥さんに「おはよう」とあいさつする

・奥さんに「ありがとう」と感謝する

・奥さんの話をさえぎらずに、あいづちをうちながら聴く

・奥さんの悩みに理解を示す

・奥さんに小さなプレゼントをする

・奥さんに「何か手伝おうか?」と尋ねる

・奥さんの外見やファッションをほめる

・奥さんにはよけいなアドバイスはしない

・奥さんが落ち込んでいるときは気にかける

・奥さんにハグする

・奥さんに「好き」だと伝える

・奥さんがトラブルを起こしたら、奥さんの味方になる(たとえ奥さんが多少悪かったとしても)

という行動を具体的にとることが大事なのですね。

1つひとつは小さなことのように思えますが、これらの行動をつみ重ねておくと、奥さんへの信頼残高がたまっていくものです。

私は、夫婦関係はお互いのパフォーマンスを高めるためのインフラだと思っていますので、日々のメンテナンスこそ重要だと考えるようにしています(できているかどうかは別として・笑)。

このような男女の違いを学んでおき、行動して態度で示すこと。

それが、パートナーシップをうまくいくようにするためのポイントなのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日の帰宅後、楽しみにしていたのは「からかい上手の高木さん」の初アニメ化。(笑)

しかも、家族4人で鑑賞しました。

つい先日、娘が本屋でたまたま買ったマンガがおもしろくて、子どもたちとはまっています。

【募集中】
1月12日(金)19:30〜21:30 「やりたいことリスト100」セミナー 〜やりたいことで満たされる毎日をつくる〜

1月18日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

1月25日 19:30〜21:30 もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-家族

執筆者:

関連記事

子どもの課題を親として解決しようとするより、作業の手をとめて話をきく。

課題を持っている人を見ていて、ふと「こうすればもっとうまくいくのにな〜」と思うときがあります。 とくに子を持つ親であれば、子どもに対してそのように思ったことがある人は多いのではないでしょうか。 ただ、 …

「夫婦円満の秘訣を教えてください」と言われたらどう答えるか?私が後輩に伝えた「聴く」という良習慣。

「みなさんの夫婦円満の秘訣を教えていただけますか?」 先日、会社の後輩が、めでたく結婚をしました。 先週、その後輩を祝うために、営業部で食事会を開催。 そのときに、後輩から出た質問が冒頭の言葉でした。 …

朝食の短い時間でも、家族でコミュニケーションをとる儀式にできる。

先日参加した忘年会で、家族一緒に朝食を食べていない人が多いことを知りました。 私にはちょっとした驚きがありました。 ・奥さんとの出勤時間が合わない ・子どもの時間に合わせていると会社に間に合わない ・ …

外に冒険にでるために。大切なインフラをメンテナンスしよう。

人間関係にも「インフラ」と呼ぶべき関係があると考えています。 インフラをきちんと機能させるためには、メンテナンスが欠かせません。   スポンサーリンク   目次1 3日間の断水が終 …

子どもへの携帯電話は何歳からOK?状況をみて、親がバランスを判断するべきでは。

親は子どもへの携帯電話購入をどのようなタイミングで決めるのか? このテーマ、ネットなどで話題になることがありますが、子どもに使わせないようにするのは無理な話というものでしょう。 ただ、与えることを許可 …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30