【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣 時間 複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

仕事と遊びの境目をなくす。オフタイムの使いかたが人生の伸びしろを変える。

投稿日:2018/03/25 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

・仕事とプライベートの区別が重要
・オンとオフのメリハリが大切

などという声をよく耳にします。

これは、本当にそうなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

成果をあげている人はオンとオフの区別がない

複業をスタートしてから、

・経営者
・起業家
・フリーランス
・自営業
・会社員

の方々まで、様々な人たちと接するようになりました。

会社員の営業として関わることもあれば、プロフェッショナルコーチとしても、のべ300人以上のクライアントさんと関わってきました。

そうした仕事柄、成果を上げている一流のビジネスパーソンや成果をあげている人とお会いする機会が以前よりも増えました。

そこで感じているのは、

・オンとオフについて、切り替えやメリハリといったものをあまり区別していない人が多い

ということです。

むしろ、オンとオフは表裏一体であり、意識的に切り離すものではないと考えているように思えるのです。
(僭越ながら、私も彼らの考え方が少し理解できるようになってきました。)

 

仕事の中に遊びのフィードバックが入ってくる

例えば、休日の午後、家族で人気のレストランにランチに行ったとしましょう。

「安くておいしかったね!」とInstagramに投稿して終わってしまう人と、「なぜこの値段で、このクオリティーの料理が提供できるんだろう?自分のサービスの参考にしよう。」と考える人がいます。

また、そのあとにショッピングに行ったとしましょう。

「休日はどこにいても混んでるね」と店内をただ歩き回るだけ人と、「このお店のスタッフはほかのお店と比べてサービスがいいな。どんなスタッフ教育をしているんだろう?」と考える人がいます。

どちらが仕事の成果をあげられる人なのかは、説明するまでもないですよね。(笑)

それが成果をあげる人のオフタイムの思考なのです。

「遊びに行ってまで、そんなこと気にしてたらせっかくの休みなのにもったいないよ・・・」

そのように思う人もいるでしょう。

たしかに、ある面からみれば、実際にそうなのでしょう。

私も旅行中にブログ用の写真を撮ったりしていて、妻が苦い顔をしているときがあるので。(^_^;)

しかし、私がみる限り、成果をあげている人は、「私は、オフタイムまで仕事のことを考えています」という意識さえ、最初から持っていないように見えます。

彼らが持っているのは、やりたいことや興味関心があるものを追求したいという欲求なのです。

そのようなこだわりがあるからこそ、仕事から離れていても自然とオンタイムの視点が入ってくるのです。

そのようになると、遊びと仕事の区別があまりはっきりしていない状態となるわけですね。

その結果、仕事の中に遊びのフィードバックが生み出されてくるのです。

 

オフタイムの時間の使いかたを変えていく

イチロー選手のように、一流のアスリートは試合で最高のパフォーマンスを出すために、日常生活でもセルフマネジメントを徹底しているものです。

また、一流のマーケターであれば、世の中のトレンドをつかむために、仕事を離れても常にアンテナを張り巡らせているでしょう。

つまり、成果をあげる人は、自分が持っている時間の価値を重要視しているのですよね。

・いかに効率よく仕事を進めるか
・いかに無駄な時間をなくすか
・いかに何もない時間をなくすか

というように。

なぜなら、成果をあげるためには、自分の時間あたりの価値を高めることが、成果につながることを理解しているからでしょう。

そして、それはオフタイムでも同じことなのだと思います。

成果をあげる人は、むしろオフタイムの時間バリューの方を重要視する傾向にあるといっても言いすぎではないかもしれません。

限られた自分の時間であり、貴重な自由時間だからこそ、趣味や好きなことに真剣に没頭しています。

実際、私の友人たちも今週末にランニングをしたり、バイクライドをしていました。

また、今日は「習慣化の学校」のメンバーたちは朝から夜まで学びと実践の1日をすごしています。

ただ自宅でダラダラしているだけのオフは、結果として心身のリフレッシュにならないことを知っているのです。

ですから、仕事で成果を上げている人ほど、休日を真剣に楽しむのですね。

一方で、仕事ではストレスやプレッシャーがかかる場面でも、オフタイムで鍛えた集中力で難局ものりきっています。

こうなると、オンとオフの区別がないどころか、両者が逆点しているのではないか、と思えることもあるほどです。(笑)

私自身、ただのサラリーマンだった頃と複業をやるようになった現在とでは、オフタイムの過ごし方から意識までが、けっこう変化してきたことを実感しています。

そしてオンの仕事のパフォーマンスやそれに伴う経験値は、オンタイムに対する意識ととも変化しているように思うのですね。

オンタイムとオフタイムを区別せずにとらえることで、自分が持っている時間バリューが高まります。

そうして、成長スピードが速まるのですね。

そう考えると、収入の伸びしろも、人生の伸びしろも、オフタイムをどのように過ごすのかによって決まると思えます。

オンタイムは仕事でプレッシャーを浴びる時間、オフタイムはダラダラする時間。

今の時代こそ、このようなパラダイムから抜け出すタイミングかもしれませんね。

オフタイムの使いかたを変えることによって、あなたの人生の伸びしろを大きく広げていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、午前中にコーチングセッションを2件。

午後にランニングをして、夜は家族と食事をした帰りに公園へ。

夜桜を堪能しました。(^_^)

【募集中】
・3月28日 19:30〜21:30
これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー
〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

・4月3日 19:30〜21:30
もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」
〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

・4月5日 19:30〜21:30
毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー
〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

・4月10日 19:30〜21:30
「やりたいことリスト100」をつくるセミナー
〜やりたいことで満たされる毎日をつくろう!〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣, 時間, 複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

執筆者:

関連記事

理想の1日を実現する方法。正解に近づくための「間違いを知ることこそ大事」。

試験では、間違いは即減点ですよね。 でも、「理想の1日を実現する」というフィールドにおいては、間違いが正解への道しるべになることも多いです。   スポンサーリンク   目次1 間違 …

ほかの人を気づかうことは確かに大事。でも、その前に大事にするのは自分自身。

ビリーフ(無意識の思い込み)を研究していると、「ほかの人のことを考えなければいけない」というビリーフはたくさんのかたが持っているということに気づきます。 もちろん、周囲を気づかう気持がまったくゼロだと …

つい出てしまう言い訳。自分が使っている言葉を変換して言い訳を減らそう。

日常生活を送っていると、無意識のうちに言い訳をしてしまう自分に気づきます。(~_~;) 言い訳を減らすためには、どうすれば良いのか考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 …

お金を払ってでもやりたい仕事を見つけるために、自問したい質問とは?

「習慣化の学校」で初めてお会いした方と、天職ややりたいことを仕事にすることについて対話しました。 「伊藤さんは、どんな考えで複業の道を探ったんですか?」という質問を受けたので、「お金を払ってでもやりた …

営業で成果があがらずに苦しんでいる人へ。できないことを手放し、自分ができるプロセスに集中しましょう。

先日、複数の友人から「伊藤さんは営業なのに、ブログではあまり営業の記事を書きませんよね」と言われました。(^_^;) ですので、たまには営業をテーマにした記事を書いておこうと思います。(笑) 私が、売 …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30