【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

5つのステップで、あなたも簡単にセルフコーチングができるようになる方法。

投稿日:

Pocket

先日、コーチングのクライアントさんから「セルフコーチングのシンプルな方法を教えてもらえませんか?」という質問がありました。

そこで、私もやっているセルフコーチングの簡単なやり方をお伝えしたので、その方法を記事にしてみました。

 

スポンサーリンク


 

セルフコーチングにトライしてみよう

「セルフコーチング」という手法があります。

簡単に言えば、自分で自分をコーチングすることですね。

ただ、このセルフコーチングは意外と難しいもの。

ひとりで考えると考えもまとまらなかったり、理想だけを考えて終わったり、アクションプランまで落とし込めなかったり。(^_^;)

そのようなときは、

・1:理想

・2:最悪

・3:現状

・4:ギャップ把握

・5:行動喚起

という5つのステップで考えてみましょう。

 

セルフコーチングのための5つのステップ

では、5つのステップを順番にご紹介しますね。

ぜひ、あなたも一緒にやってみましょう。

テーマは「来週1週間をより良くすごすためにどうしていくか」にしてみます。

 

1:あなたの理想の1週間はどんな状態ですか?

まずは理想ですね。

ここがなければはじまりません。

記入スタイルは自由です。

文章で書いてもいいですし、単語で書いてもいいと思いますが、できるだけ具体的に書けるといいですね。

私なら、

・週に5回以上コーチングセッションができている

・週に3回以上運動できている(出社前の朝スイム含む)

・ブログが毎日21時までに更新できている

・メルマガが毎朝9時に定期発行できている

・家族と毎日笑顔ですごすことができている

・かかわっているクライアントさんたちに毎日フォローできている

といった感じですね。

最低3つくらいは書き出したいところです。

 

2:あなたの最悪な1週間はどんな状態ですか?

次に、「これだけは絶対にやりたくない」ということも書き出してみましょう。

たとえば、

・毎日夜更かしして寝不足になっている

・仕事が低密度で長時間残業ばかりになっている

・睡眠不足がたたってイライラして人にあたってしまう

・無意味なネットサーフィンに時間を浪費してしまっている

・予定をつめこみすぎて大事なことに時間が投資できない

といった感じですね。

書いているだけでも嫌な気持になってきました(笑)。

 

3:現実のあなたの1週間はどんな状態ですか?

理想と最悪をイメージしたら、現実の状態把握にうつりましょう。

たとえば、私の先週なら、

・ブログが24時ギリギリになってしまった日があった。

・奥さんとの飲酒は楽しいけれど、つい深酒してしまった。。。

・日課を優先させられたのはいいけれど、ひとりビジネスの課題に手がつけられなかった

などがありました。

 

4:理想と現実のギャップは何がありますか?

ここで、理想と異なっている現実の部分を書き出していきます。

・ブログが21時までに更新できないときは、時間を確保できても、ネタがないからだろう

・奥さんとお酒を飲めるのは決して悪いことじゃないけれど、飲みすぎは良くないので防止策があればいいのではないか

・ひとりビジネスの課題がたくさんあって、「たくさん時間を確保しないと」と思いすぎているかもしれない

なぜ、理想にいけていないのか、考えてみましょう。

 

5:理想に近づくために今すぐできる小さな行動を決める

最後に、ギャップをうめるための行動を考えます。

・ブログは帰宅前に書き終えられるように、朝の時点でネタを決めておく→今日、帰宅したらネタ決めをする時間をとってみよう

・奥さんとの晩酌は制限時間を決めておく(事前に話す)→とりあえずLINEを送っておこう

・ひとりビジネスの課題に着手する時間をブロックする→Googleカレンダーに時間(SQT)を設定する

ここは、行動を小さくして、「仕かかり」までできれば理想的ですね。

 

5ステップで取り組む行動を明確にできる

いかがでしょうか。

この5つのステップで頭の中の思考をアウトプットしていくと、行動が具体的になりますよね。

何をやる必要があり、何を手放す必要があるのか。

それが見えてきます。

すると、意識がフォーカスするポイントが変わるので、行動にうつしやすくなるのです。

私たちが行動を起こせないときは2つの状態があって、

(1)行動することはわかっているけれど、できない

(2)そもそもの課題に気づいていない

という分類がありますが、本記事でご紹介したのは(2)のような状態で活用すると有効です。

また、最後のアクションプランは、できるだけ小さな行動に落とし込めるといいでしょう。

少しずつでも前進していくことで、やる気も高まりますので。

この5つのステップのフレームは、どのような課題にも活用できるので、ぜひ覚えておいていただけるといいと思います。

コーチングですべて解決できる魔法ではありませんが、ヒントや手がかりを生み出すためには非常に有効です、

何か迷うことやもやもやすることがあれば、まずは一度このフレームで考えてみる、ということですね。

そうすれば、考えていることが整理されていきますので、対処すべき課題が明確になります。

「理想の1週間」が難しい方は、「理想の1日」を考えてみるのでもいいと思います。

ぜひ取りくんでみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでカフェで書く仕事に集中。

会社終わりにブログを書く時間を確保することで、いい感じで更新ができるようになってきました。

「ひとり戦略会議」も実施。

帰宅後はコーチングがなかったので、妻と一緒に娘の小学校の年間計画表をGoogleカレンダーに入力していました。

これが、大事なんですよね。

その後、軽くビールを飲みながら、家族でback numberさんのBlu-rayを観ました。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

ポジション・チェンジはNLPの基本スキル。位置を変えるだけで感じる世界が変わる。

3連休は、NLPの3日間集中セミナーに参加。 誰でも簡単にできるテクニックや私自身の気づきを記事にしていきます。   スポンサーリンク   目次1 「NLP」とはどのようなものか2 …

もしも、「3ヶ月の人生でやりたいことを100個つくって!」と言われたら、あなたはどうしますか?

あなたにぜひおすすめしたいワークをお伝えいたしますね。 静かな場所で、30分くらい落ち着ける時間をつくって取り組めると良いです。     目次1 期限を決めてやりたいことを書き出す …

スキーのインストラクターがテニスのコーチ!?名選手が必ずしも名監督になれない理由を探る。

優れたコーチはどのような質問を持っているのでしょうか? それを効果的に説明する面白いエピソードを聞いたのでシェアさせていただきますね。     目次1 スキーのインストラクターがテ …

目標を達成するために必要な行動は、何度も「自分で話すことが重要」だと思う理由。

夢や目標は、何度も見たり、書いたりするようにしています。 そのような行動の中でも、もっとも有効なのは「自分で目標を話すこと」です。   スポンサーリンク   目次1 目標を達成する …

「認める」スキル。相手に効果的に「承認」を3ステップで伝える方法。

人間関係で重要な要素に、お互いが相手のことを「認める」ということがありますよね。 「認める」や「承認」を伝えることにも、効果的なプロセスがあるのです。   スポンサーリンク   目 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら