【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣 質問の習慣

人生のエンディングを考えることは、自分にとって大切な価値観を見つけることにつながる

投稿日:2014/11/05

Pocket

 

こんにちは!

銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。

本日の記事は、、、

人によってはちょっとインパクトが強めかもしれませんのでご注意くださいませ。(汗)

先に結論だけお伝えすると、

「死を意識することは、生を意識すること」

という内容です!

【本日のお勧め本】
「パワー・クエスチョン 空気を一変させ、相手を動かす質問の技術」
(アンドリュー・ソーベル/ジェロルド・パナス)

 

medium_199183042
photo credit: caribb via photopin cc

 

「行かなかった道」という詩

ロバート・フロストというアメリカの詩人が「行かなかった道」という詩を書いているそうです。

人生の岐路にさしかかったときの心情を美しい文章で表現しているということで興味深いです。

フロストが森をさまよっていると、道が2つに分かれています。

どちらの道も同じように落ち葉が積もっています。

でも、片側の道は人があまり通った跡がありません。

フロストは悩みます。

どちらに進むべきか?

どちらが正しいのか?

詩は、こんな風に終わっています。

 

森の中で道が二つに分かれていた、そして、私はーーー

私は人があまり通った跡のない道を選んだ

そして、それが人生を大きく変えた

(P133)

 

うーん、しびれます!(笑)

 

人生の終わりをイメージしてみる

こんな風に決断に迷うとき、良いワークがあることを知りました。

ちょっと刺激的ですが、、、

とても効果があります。

そのワークとは、やはり「質問」です。

その質問とは、

【今日、自分の死亡記事を書くとしたら、どんな略歴を書きたいですか?】

です。

書き間違いではありませんよ。(笑)

生きてる本人が、自分の死亡記事の略歴を書くのです。

本来、死亡記事というのは、あとに残された自分以外の人が書くものですよね。

「縁起でもないことを書くな!」

という方には大変失礼な内容ですが、、、(^_^;)

 

人生のエンディングを考えると大切な価値観が分かる

しかし、別の意味で、生きているうちに役に立つケースがあるのです。

なぜなら、死亡記事の略歴を書こうとするとさまざまなことを考えざるをえません。

たとえば、

▼未来への人生設計で重要なことは何があるか?

▼自分にとって「もっとも大切なもの」は何か?

▼自分がいちばん楽しめることはどんなことなのか?

▼心の奥底に眠っている自分欲求にはどんなものがあるのか?

▼自分が死後に「ありがとう」と言いたい人は誰なのか?

▼もしくは、誰に「ありがとう」と言って欲しいのか?

▼自分は家族や友人たちにどんな人だったと言って欲しいのか?

といったような、

「幸せな人生を歩むためにとても大切なことなのに、深く考える時間をとらずにやり過ごしていること」

について向き合うことが不可欠になるからです。

最初は少し難しいかもしれません。

時間もかかるでしょう。

その場合は、

「自分の葬儀をイメージして、大切な人が自分のことをスピーチしている場面」

を思い浮かべてみることをお勧めいたします。

あなたの大切な人は、あなたのことをどのように表現してスピーチをしているでしょうか?

そして、あなたは大切な人にそのように思われるような接し方をしていますか?

それらを考えることは、あなたの人生の本質を考えることにつながるはずです。

冒頭で述べた、

「死を意識することは、生を意識すること」

という意味が伝わると嬉しいです。(^_^)

何よりも、ドラッカー氏の

「何によって憶えられたいか?」

とい質問にも焦点があたりますからね。

これは、自分の価値観を浮き彫りにするとても興味深いワークですよ。

ぜひトライしてみましょう!

最後に、あなたに、もう一度質問いたしますね。

【今日、自分の死亡記事を書くとしたら、どんな略歴を書きたいですか?】

 

自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の質問】
今日、自分の死亡記事を書くとしたら、どんな略歴を書きたいですか?

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】

==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


-コミュニケーションの習慣, 質問の習慣

執筆者:

関連記事

無力感から抜け出すための方法。無力感の3つの要素をクリアする。

ときどき無力感を味わうタイミングがやってきますが、嫌なものですよね。 なるべく早く脱出するためにはどうするか。 私が取り組んでいる無力感から抜け出すための方法を記事にしました。   目次1 …

セミナーの質疑応答で1番に質問する習慣。3つのメリットと3つの注意点

セミナーでの、あなたの受講効果を劇的高める方法があります。 それは「質疑応答で1番に質問すること」です。   目次1 「質疑応答で1番に質問する習慣」は良習慣2 「質疑応答で1番に質問する習 …

「良いコーチは、良いクライアントさんによって育てられるものである」という言葉が湧き上がってきた日。

つらい時期がありましたが、コーチとしての最初の目標、 ・セッション時間が100時間を超えていること ・そのうち有料セッションが75時間を超えていること ・有料クライアントが8人以上であること を達成す …

スキーのインストラクターがテニスのコーチ!?名選手が必ずしも名監督になれない理由を探る。

優れたコーチはどのような質問を持っているのでしょうか? それを効果的に説明する面白いエピソードを聞いたのでシェアさせていただきますね。     目次1 スキーのインストラクターがテ …

失敗への恐れをとり除くための6つの質問

成長やより好ましい変化を求めると、やってくるのは「恐れ」という感情です。 この「恐れ」に上手に向き合うためのアプローチをご紹介します。   目次1 「失敗」に対する「恐れ」にどう向き合うか? …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。