【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

「やったほうがいいのに、先のばししてしまう」問題を解決する方法。階段を10段のぼるように「次」をイメージする。

投稿日:2018/11/16

Pocket

「頭ではやることがわかっているし、やったほうがいいのは理解しているつもりなんですが、いざやろうとすると行動にうつせません。。。」

継続コーチングのクライアントさんから聞いたご相談で、もっとも多いパターンです。

どのように対処していけばいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

先のばししてしまう原因は「面倒だなぁ」という感情

たいていの人は、「行動力をつけたい」と考えているのではないでしょうか?

私も常に考えています、自分に対しても、サポートしているクライアントさんに対しても。

ですが、

・やろうしていたことを先のばしにしてしまう
・週に3回はジムに行こうと思っていたのに、3ヶ月通っていない
・重いタスクから目を背けて、簡単なメール返信をやってしまった

ということが起こり得るのですね。

もしかすると、あなたにも経験があるかもしれません。

この問題の原因は、「面倒だなぁ」という感情から起こるものでもあります。

たとえば、「5kmランニングする」。

運動は、やったほうがいいのはわかっていながら、先のばししてしまう代表例でしょう。

これは、

・5kmランニングする = 面倒だなぁ

という思考回路ができてしまっているので、動けなくなるのですね。

この感情に打ち勝って、5kmランニングするためには、走ることに対するイメージを変えていくことが大事です。

 

ビジョンを簡単につくるために「階段を10段のぼる」

自分が得たい未来をイメージする方法は、実は意外と簡単です。

それは、

・階段を10段のぼるようなイメージ

でつくり出すことができるのです。

具体的な習慣の事例として、「ランニング」でイメージしてみましょう。

最初に「5kmランニングする」という行動から連想をしていくのです。

「5kmランニングしたら、どうなるか?」

と、自分に問いかけてみます。

そうなると、

「運動ができて、気分が良くなる」

という連想が出てきたとします。

次に、その連想から、

「気分が良くなったら、どうなるか?」

と問いかけます。

すると、以下のように、答えが連鎖させていくのです。

答え:気分がよくなったら、また走りたいと思うようになる

質問:では、また走ったら、どうなるか?

答え:体力がつき、体重が減る

質問:体力がついて、体重が減ったら、どうなるか?

答え:もっと長い距離を走れるようになる

質問:もっと長い距離を走れるようになったら、どうなるか?

答え:フルマラソンを走れるようになる

質問:フルマラソンを走れるようになったら、どうなるか?

答え:自分に自信がつき、前向きになることができる

質問:自分に自信がつき、前向きになることができるたら、どうなるか?

答え:トレーニングを習慣化して、憧れのトライアスロンのレースを完走できる

・・・というように、「その次はどうなるか?」ということを、積み重ねていくのです。

これを10回くらいくり返してみましょう。

まるで、階段を10段のぼるようなイメージで、徐々にステップアップさせていくのです。

 

「それをやったら、次はどうなるか?」をくり返してみよう

「5kmランニングする」

この小さな行動が、

「憧れのトライアスロンのレースを完走できる」

という成果につながること。

このイメージが重要です。

その行動をとることが、自分が目指している憧れの姿に近づくことができる行動だと思えること。

「5km走る」という具体的な行動に、「走りたい!」というプラスの意味を持たせることが大事なのですね。

このようにして、「今はちょっと面倒だけれど、続けていけば目標が達成できる」と思うことができれば、行動を起こしたくなるはずです。

そうして、「先のばししている場合じゃない。今すぐ走りにいこう」と感じられるようになれば、理想的です。

ですから、あなたが、いま、

「頭ではやることがわかっているし、やったほうがいいのは理解しているつもりなんですが、いざやろうとすると行動にうつせません。。。」

という行動があるのなら、「それをやったら、次はどうなるか?」と自分に質問して、10回くり返してみましょう。

きっと、感情が高まることを感じられるはずです。

その感情の高ぶりを活用して、このブログを読み終えたら、すぐに行動してみることをおすすめします。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで継続クライアントさんとのコーチングセッション。

クライアントさんがこれまでに15年間も考え続けてきたことを、ついにコンテンツ化することを目指していくこととなりました。

社会的にも意義があるコンテンツなので、ぜひともたくさんの人に知って欲しいですね。(^_^)

>Mさん
これから楽しみにしてます!

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

対話の時間を有効にするコツは、相手の望むスタンスを先にヒアリングすること。

私たちはいろいろな役割を持って生きていますから、その役割に対するスタンスを決めておくのは大事です。 対話においても、相手の望みをきいてから、お互いのスタンスを決めるとうまくいきます。   ス …

より良く変化するために。コーチとクライアントが中長期で成長するために一緒に変わる。

人は、変化を嫌う生き物です。 でも、変化するときがあります。 それは、「変化しないことのリスク」が、「変化することのリスク」を上回ったときですよね。 スポンサーリンク 目次1 具体的な習慣を身につける …

初対面でも会話に困らないために。「ラポール」を作り出すための2つのやり方。

コミュニケーションが上手になるためには、テクニックやスキルも大事です。 しかし、テクニックやスキルが機能するためには、前提条件として「ラポール」が築かれていなければなりません。   スポンサ …

トークスキルを上げる方法。4ステップで話す力を高められる。

「うれしい!上達した!」 あなたは、最近そのような感覚を味わっていますか? 「上達感」を味わうために、再現性を感じた方法を記事にしました。   目次1 「上達した!」という成長感を味わう2 …

大事にしたい価値観がわからないときに考えたいこと

「大事にしたい価値観と言われても、よくわかりません」 そんな悩みがある人はいますか? そのようなときは、「ゴールのその先」を想像してみることがおすすめです。   目次1 「もうすぐゴールです …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。