【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

複業を成功させるために必要なのは、最初は1つの分野にしぼっていく勇気。

投稿日:2018/10/14 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

複業家やゼネラリストになるために、最初に心がけることは何でしょうか?

少し逆説的かもしれませんが、まずは1つの分野で目立ったり、認知されることではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

日本で2番目に高い山の名前は?

「日本で1番高い山は何ですか?」と聞かれれば、ほとんどの人は「富士山」と答えることができると思います。

では、「2番目に高い山は?」と言われるとどうでしょうか?

おそらく、富士山のときよりも正解率は下がるでしょう。

これは、よく言われる話で、「1番にならないと認知されない」ということです。

これは複業をやっていくためにも必要な考え方だと思ったのです。

ちょうどいま、個人名刺の改変を考えているのですが、肩書を多く書きすぎていました。(^_^;)

やはり「何でもできます」というのは、印象に残りませんね。

まずは、1つの分野で目立つことが大事です。

いろいろなことができるゼネラリストは存在します。

ただ、今はうまくいっているゼネラリストも、最初は1つのことからスタートしている方が多いと感じています。

もちろん、マルチな肩書やいろいろな役割を持つことはNGではありません。

私自身、現時点で複数の活動を同時におこなっています。

ただ、複業家になりたい人こそ、一時的に1つのことにしぼりこむことをおすすめしています。

好奇心旺盛で、何でもやってみたいと思う人には多少つらく、歯がゆいかもしれませんが。

 

まずは1つの分野で認知されるようになる

私自身の経験です。

複業をスタートした頃はモチベーションが高いので、何でもやろうとしていました。

ですから、自分ができそうな活動をたくさん名刺に記載したのですね。

・早起きセミナー主催
・習慣化サポーター
・ブログを書いていること(ブロガーとは言えなかったです)
・フルマラソン完走
・簿記3級取得

といったことを、片っぱしから書いていました。

そのほうが多才に見える気がしていましたし、「いろいろとやっていてすごいですね!」と言われることを期待していたからです。

また、たくさんの活動を名刺に書くことで、何となく自分が大きく見えるような気分になっていました。

しかし、こうすると当然、「それで、あなたは何をしてくれるんですか?」というような顔をされることが多かったのです。

・結局、何屋さんなのかわからないよね?
・やっていることに一貫性がないのでは?
・あれもこれもやっていて大丈夫なんですか?

という印象だったのでしょう。

情報の受け手側は、発信しているこちら側よりもシビアなもの。

1つの分野で、ある程度の活動実績を残さなければ、プロフェッショナルとして認めてもらうことはできないのですね。

いまはゼネラリストとして活躍している人は、まずは1つのことに集中して特定の分野で信用を得たあとに、そのほかの分野に活動のフィールドを広げています。

最初から「あれもこれも」とやりすぎてしまうのは、力が分散してしまうからです。

まずは、1つのことで覚えてもらえるようにしましょう。

私も最初は「早起き習慣化」だけに注力して、ブログやセミナーは早起き習慣化に注力しておこなっていました。

そうして、周囲の人たちに「早起きの伊藤さん」と言われるようになってから、徐々に活動分野を増やしていったのです。

 

特定の分野で認知されるようになってから活動分野を広げる

1つにしぼるためには、削ることからスタートしましょう。

そうして、1番需要なテーマにしぼって、「これをやります」と宣言するのです。

1つにしぼって、たとえば「早起きの伊藤さん」と呼ばれるように、その分野の活動量を増やすを目指しましょう。

1つにしぼったあとは、

・ブログ
・名刺
・SNS

などで、「私は早起きの専門家です」ということをアピールして、周囲や世の中に認知してもらう努力をするのです。

そうは言っても、最初の1つ目をつくることは、簡単ではないかもしれません。

時間もかかるでしょう。

そのようなときにおすすめなのが、「会社員複業家」として「2足のわらじ」を履くことです。

会社員として働きつつ、会社の仕事を早く終えるようにして、会社以外の時間をしぼりこんだ分野に注力していきます。

認知してもらうまでには時間がかかるので、がまんの時期も必要です。

しかし、そこを乗り越えなければ、その後の複業家やゼネラリストの道は見えてこないと思っています。

そうして乗り越えていけば、もっと大きなテーマや、本当にやりたいテーマを扱うことができるようになるはずです。

私は、「早起き習慣化」からスタートして、少しずつ認知してもらえるようになってから、さらに大きなテーマである「習慣化」や「複業」を通して、「人生を変えるご支援」まで関われるようになってきました。

・ありたい自分に近づく
・踏み出せなかった1歩を踏み出す
・なりたい自分になるための行動を継続する

というご支援ですね。

いきなりここを扱おうとして、テーマが大きくてブレてしまっている人が多く、かなり遠回りになっているように見える人が多いです。

そのような遠回りをしないために、1つの分野で目立つことからスタートしてみましょう。

 

あ、そういえば、日本で2番めに高い山は「北岳」です。

最初に書き忘れました。(笑)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早朝にコーチングセッションを1件。

その後、歯の定期検診に行き、終わったあとは息子の高校の保護者会に参加。

大学受験に向けた話を聞き、帰宅して家族会議。

熱が入ってきたので、夕食はやきとんを食べながら家族会議の続きを企画しましたが、ふと横になったら爆睡して気づいたら夜の2時でした。(笑)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

執筆者:

関連記事

複業をスタートしたのに成果が出ない。そのようなときはどう考えればいいのか?

複業を目指すクライアントさんから「なかなか成果が出ないとき、どのような考え方をすればいいでしょうか?」という質問がありました。 これは、私も含めて多くの複業家が通る道だと思うので、記事にしてみます。 …

ゼロから複業を考えるならどうするか?複業初心者スタートアップのための3ステップ。

先日、友人と話しながら「もし私がまったくのゼロからもう一度複業をやるとしたら、とのようなことを、どんな順番でやるだろうか?」と考えていました。 経験しているからこそ書けることがあるはずと思ったので記事 …

制約条件の中でやりたいことをやるために。「現実・現状」から考えず、「理想」から考えてみよう。

誰にでも制約条件はあります。 大事なのは、自分を取りまく環境の中で、「どうすればゴールに近づけるか?」というアイデアを考え続けることです。   スポンサーリンク   目次1 家庭と …

フロントに出る勇気を持つ。矢面にたつ経験こそが、あなたを成長させる。

中学2年生の息子が、職業体験をしてきました。 中学生たちが、実際の職場に行き、体験に協力してくれる店舗や施設で、職業を体験できるのです。 職場体験活動:地域のいろいろな職場 保育体験活動:保育所、幼稚 …

友人に自分のサービスを売ることに気が引ける人は、対価を「応援料」として捉えてみては?

複業をする際に、「友人や知人からお金をもらうのは気がひけます」という悩みを聞きます。 私は、そのような気持があっても、あえて「対価をいただきましょう」とアドバイスするようにしています。   …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930