【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業の習慣

「時間の割に成果が出ない」をなくす!成果のポイントを見極めて労力にメリハリをつける

投稿日:2015/07/11

Pocket

おかげさまで、4月に入ってから、会社での私の営業成績が好調です。
振り返ってみると、入社した10年前は、社内で一番長時間はたらき、一番の顧客数を抱えていましたが、肝心の売上成績は最下位でした。。。(^_^;)

今の自分と、10年前の自分では何が違っているのか、考えてみました。

pareto-principle-693315_640

 

スポンサーリンク

 

労力を均一化していては成果は上がらない

営業成績が最下位だった10年前から比べると、私がもっとも変わったのは、お客様に対する労力の配分です。

すべてを均等にやらないと不安になる私は、漏れや失敗への恐れがありました。
そのため、すべてのお客様に対して同じサービスを提供しようとしていたのです。

また、努力することが自分の美徳でした。
丁寧に仕事をやり、終電ギリギリまで働くことがカッコいいとさえ考えていました。

ですから、当時の私の勤務スタイルを、会社内で評価してくれる同僚もいました。

しかし、営業成績という意味では結果を出せていませんでした。
その部分にコンプレックスを持っていたし、後輩に売上を抜かれたことに悔しさを感じていました。

今の私が、当時の私にアドバイスするとしたら、パレートの法則である「80対20の法則」を伝えます。

すべてのお客様に全力で対応していたら、自分も疲弊するし、重要なお客様を満足させることはできないからです。

そのように、私は「すべてのお客様が重要だ」と言いながら、均一的な労力で営業をやっていました。
結果的に、力の配分が均等化され、小口の仕事ばかりを扱い、営業成績が振るわなかったわけです。

 

労力を均一にかけるか、ポイントを絞るのか?

たとえば、学生時代、あなたは定期試験の範囲を勉強するとき、どちらのタイプでしたか?

(1)出題範囲を最初から順番にまんべんなく勉強する
(2)重要なポイントから順番に勉強していく

私は(1)のタイプでした・・・。
とりこぼしをしないように必死ですべての範囲を均等に勉強していました。

しかし、そこそこの成績は残せたものの、トップをとることはできませんでした。

一方、私の優秀な友人は(2)のタイプでした。

彼は、運動部での部活でキャプテンをこなしながら、私もよりも良い成績で成績トップをとっていました。
(必ず学年に1人はいるんですよね。この羨ましいタイプ・・・笑)

同じ出題範囲を、私よりずっと少ない時間で、より効果的に勉強していたのです。

もともとの頭の良さが違うと言ってしまえばそれまでですが、、、(^_^;)

ただ、勉強だけでなく、仕事や人生においても、「やりたいこと」や、「やっておいたほうが良いもの」のすべてをカバーしようとすれば、どっちつかずになってしまいますよね。

結果、限られた時間の中で、より大きな成果を出すことが難しくなるのです。

 

影響力の大きな場所に労力を注ぐ

お客様への労力のバランスを変えた結果、徐々に売上は上がりました。
その割に、勤務時間は減少しました。

毎月安定的に、安定的なボリュームのお仕事をくださる重要なお客様に、多くの時間を使うことを意識するように変える。

結果、限られた時間で、安定的な売上を上げることができています。

といっても、決して80%のお客様を放っておくということではありません(念のため)。

たとえば、レギュラーのお客様には、ちょっとした用事でも直接伺って挨拶をします。
一方で、年間数度の小口のお客様には、荷物は宅急便で送る、といったように「エネルギーの使い方を変える」というニュアンスです。

要は、自分の「営業活動にメリハリをつけている」ということですね。
そうしないと、大きな案件を失ってしまいますし、成果がでないのです。

影響力が大きな仕事を見極め、重要なポイントに自分の労力を投資し続けましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

先日、会社を早退して、娘の保育園の夏祭りイベントに参加してきました。

このようなイベントに参加するたび、娘の成長を実感します。
自分の子ども以外の子たちの成長も感じます。

娘は、来年小学生。
残り少ない保育園生活を精一杯楽しんで欲しいと思います。

 

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-複業の習慣

執筆者:

関連記事

「かけ合わせオリジナリティー」であなたのキャリアアップを狙う方法

突出した才能がなくても、あなたの価値をつくってオリジナリティーを高めていく方法があります。 それが私が「かけ合わせオリジナリティー」と呼んでいるやり方です。   目次1 活躍している人の「か …

複業は会社にとって悪いことなのか?複業を目指す会社員でも、会社に十分に貢献できる方法。

会社員が複業家を目指すことは、「会社にとって悪いこと」という意見を目にします。 しかし、やり方や考え方によっては、自分自身だけでなく会社にも貢献することは十分可能です。   スポンサーリンク …

制約条件の中でやりたいことをやるために。「現実・現状」から考えず、「理想」から考えてみよう。

誰にでも制約条件はあります。 大事なのは、自分を取りまく環境の中で、「どうすればゴールに近づけるか?」というアイデアを考え続けることです。   スポンサーリンク   目次1 家庭と …

自分の強みを発見する方法。周囲の人とあえての比較で客観視する。

「自分の強みがわからないんです、、、」 というお悩みをよく耳にします。 「強み」という「ほかの人との違い」は、どのように見つければいいのでしょうか。 私なりのポイントを記事にします。   目 …

プロフィールを磨いて、会社名から名乗る自己紹介をやめよう。

サラリーマンであっても、「会社の外で何をやるのか、自分には何ができるのか」ということは常に考え続けるべきだと思っています。 貢献できるスキルや実績が現時点ではなくても、意識してつくっていくことは可能で …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。