【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP 行動習慣

習慣化のカギ。自分にプラスのフィードバックを与えて脳を「快」にする。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

・三日坊主タイプの人
・続けられるタイプの人

この2つのタイプを分けるのは、「プラスのフィードバックの有無」が大きいです。

 

スポンサーリンク

 

習慣化に大事なプラスのフィードバック

人が行動を習慣化できるようになるために、とても重要なことがあります。

それは、「行動したことに対するプラスのフィードバックがあること」です。

「結果」に対してプラスのフィードバックをおこなう人は多いものですし、わかりやすいでしょう。

ただし、習慣化に関していえば、結果だけではなく、行動したことに対するプラスのフィードバックが大事なのです。

プラスのフィードバックというと、よく出てくるのは「自分へのごほうび」でしょうね。

目標を達成したら、おいしいものを食べたり、欲しいものを買ったり、ということです。

ただ、「ごほうび」といってもお金がかかるものでなくても構いません。

たとえ小さな目標であっても、その目標をクリアできれば、「よし!」と言って自分をほめてあげましょう。

たったこれだけのアクションでも、無意識に自分の行動にプラスのフィードバックを与えていることになるのです。

 

行動したという事実を評価する

自分がほかの人に何かを依頼するときも同じですよね。

相手が何かをしてくれたときに感謝を込めて「ありがとうございます!」と笑顔でお礼をする。

すると相手は「やってあげて良かったな」と思い、よろこびを感じていただけるわけです。

もし、お願いしたことをやってくれたのにもかかわらず、依頼したこちら側が何のリクションも示さなかったら、、、相手は次回頼みごとをきいてくれないでしょう。

反対に、こちら側が相手の依頼を実行したのに、何もフィードバックがなかったら、やはりがっかりしますよね?

これらの頼まれごとは、たとえ思うような結果にならなかったとしても、約束のために動いたり、動いてくれたことに感謝をしたいもの。

そう考えていくと、やはり行動したことそのものに対してプラスのフィードバックをおこなうことが大事なわけです。

これは、自分に対してもまったく同じことなのです。

「この行動をとって良かった!」と自分でプラスのフィードバックをしておかないと、脳は「またやろう」と思わないからです。

 

プラスのフィードバックで脳を「快」にする

このように、目標に向けて行動を継続していくためには、プラスのフィードバックが必要です。

脳が、「この行動を続けること大事なことだ」と判断するかどうかは、その行動に「快」を感じるかどうかによります。

よく言われるように、「脳は快感を求め、苦痛を避ける」という判断をしているからですね。

「快感」があれば継続、「苦痛」があればもうやめる、というサインを出しているもの。

ですから、「この行動は快感だ!」と脳が記憶するために、ターゲット行動をとったあとにプラスのフィードバックを与える必要があります。

私は、6年前にフルマラソン完走を目指した際には、まさにこのプラスのフィードバックを活用していました。

たとえば、「今日は3km走ろう」という目標をたてて、実際に走ることができたとします。

走っている最中や走り終えたあとに、自分自身に対して、

・早起きして走るなんて、すごいよね
・まだみんな寝ている時間に第2領域のひと仕事を終えて爽快だ
・ウォーキングからランニングに変わったことだけでも成長しているな

というように話しかけるのです。

ここは、あえて笑顔でガッツポーズをするくらい大げさにするくらいでOKです。
(ほかの人に見られない場所がおすすめですが・・・笑)

私のケースでは、さらにランニングアプリに走行距離を記録したり、朝日の写真をTwitterに投稿したり、Facebookに投稿していました。

その投稿に対して「いいね!」やコメントをもらえます。

これも、自分へのプラスのフィードバックです。

脳は、快感を味わえる行動だけを継続させるものです。

ですから、継続するために、

・言葉
・表情
・姿勢
・動作
・数字

などで、自分にプラスのフィードバックをあげましょう。

習慣とは、そのようなプラスのフィードバックによって形成されるものです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、妻の体調が万全ではなかったこともあり、ひとり戦略会議を延期して早めに帰宅。

娘と一緒に風呂に入りつつ、日課のタスクを終えて早めに就寝しました。(^_^)

【募集中】
2月20日 19:30〜21:30 これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

2月23日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP, 行動習慣

執筆者:

関連記事

瞑想の習慣化への再挑戦。反発期をこえた今、私が感じているメリットと難しいポイント。

9月23日の「続ける習慣/やめる習慣」セミナーを受講して、私が再挑戦している「瞑想する習慣」。 メリットを少し感じられるようになってきたこともありつつ、難しいポイントも分かってきました。   …

続けるためのポイントは習慣の「閾値」を超えること。がっかりタイムを乗り越えるまで行動を積み重ねる。

いろいろな方をサポートさせていただいて感じるのは、多くの人は習慣化の成果をあせりすぎることです。 習慣化と反対側の価値観にある「あせり」。 あせりを感じことなく、ただただ行動を積み重ねることに集中する …

単体行動を繰り返して習慣になる!継続するための3つのシンプルなポイント。

最近、はじめてお会いする人たちに、「ブログや読書を続けられるコツは何ですか?」と聞かれました。 私よりすごい人たちは、それこそ星の数ほどいますが、、、習慣化初心者の人には役立つかもしれないと思い、私な …

なぜ、私はコーチをやとったのか?必ず自分を応援してくれる人の存在と価値の考察。

先日、コーチングを知らない友人に、「一番最初にコーチをやとったとき、どんな理由があったの?」と言われました。 良い質問ですね(笑)。 その質問への答えを記事にしました。   スポンサーリンク …

正解を求めて完ぺきを待ってはいけない。自分の生き方を◯×で決めないようにしよう。

テストで98点や95点だと「100点じゃなかった」「どこを間違えたんだろう」ということで間違いに目が行きがちです。 しかし、正解ばかりを求めすぎると自分の可能性を狭めてしまいます。   スポ …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031