【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

モチベーションの習慣

なぜ、あなたの目標は達成されないのか?「私はこうなりたい」という目的があるかどうか

投稿日:

Pocket

あなたは、「目的」と「目標」の違いを明確にされているでしょうか?

この2つの違いをご自身なりに区別しておくことが、あなたの目標達成に有効になるはずです。




 

あなたは「どうなりたい」ですか?

「自分が将来、どうなりたいのか?それがわからない人のキャリア相談が1番困るんだよね・・・」

以前、転職のヘッドハンターをしている友人がこぼしていた言葉です。

この言葉、強く共感してしまいました。

コーチングのクライアントにも共通することだからなんですね。

そのひとご自身の「自分がどうなりたいのか?」というイメージや想い。

ここがおぼろげながらにでも描けないと、夢を実現するためのプロセスが見えてこないからです。

このような状況を、私はよくタクシーにたとえる話をしています。

たとえば、あなたが街でタクシーに乗り込んだとしましょう。

あなたは運転手さんに「どちらまで行かれますか?」と聞かれます。

そのときに「えっ・・・と、、、わかりません」と答える。

目的がないというのは、こういう状況なんですね。

目的地がわからなければ、運転手さんは車を発進させることができないでしょう。

それでもあなたは「とりあえず、そのあたりを走ってください」と言うかもしれません。

でも、メーターはカウントがスタートします。

そして時間はすぎていき、支払うお金も増えていってしまいます。

これって、大きな無駄に感じますよね。

でも、「こうなりたい」という目的や「自分がどうなりたいのか?」というイメージや想いがないということは、これと同じようなものなんだと思うんです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「目的」と「目標」の違いを理解する

「自分がどうなりたいのか?」というイメージや想い。

夢、ビジョン、ゴールや願望などと言われるようなものですね。

それらは、私たちに「目的」を与えてくれます。

そして、「目的」ができれば、「目標」が生まれます。

「目的」と「目標」は似ているように思えますが、明確に違いがあるので理解しておきましょう。

このブログでも何度か書いていますが、

・目的=何のために、なぜやるのか、という行動の理由

・目標=いつまでに、何を、どうするのか、という目的を達成するための手法や手順

です。

あとは、

・目的=あり方

・目標=狙いどころ

ととらえる視点もあります。

目的と目標の違いとは、「あり方」と「狙いどころ」。

 

ひと言でいうと、

「目的を実現するために、目標がある」

ということになりますね。

たとえば私なら、

・情報発信と対話で「続かない人」をゼロにする

という目的があります。

そのために、

・ブログを書いて「続かない人」を「続く人」にするための情報発信をする

・コーチングという対話の手法を活用して「続かない人」を「続く人」にするためのサポートする

という目標が生まれるわけですね。

別の例でいえば、

・一生ずっと健康でいる

という目的であれば、

・睡眠時間を6時間確保する

・毎日15分以上のウォーキングをする

という目標が設定できるようになるでしょう。

キャプテン翼なら、

・世界一のサッカー選手になる

という目的があって、そのために

・南葛中で3年連続日本一になる

・ブラジルにサッカー留学をする

・日本をワールドカップで優勝させる

という風に目標が変化していくわけです。

「目的」への想いが強ければ強いほど、「目標」を達成する可能性が高まるんですね。

 


■スポンサーリンク




目的のために目標を達成しよう

「目的」が明確になれば、「目標」も明確になります。

先ほどの例でいえば、

・一生ずっと健康でいる

という目的のままだと、何をすればいいのかがあいまいです。

ですから、「一生ずっと健康でいるためには、具体的に何をすればいいのか?」を考えなければなりませんよね。

ですから、

・睡眠時間を6時間確保する

・毎日15分以上のウォーキングをする

という風に数字や具体的な行動がともなった目標になるわけです。

よく間違ってしまう目標設定は、たとえばダイエットなら、

・10キロやせる

・体脂肪を15%以下にする

という風になってしまいがち。

でも、これは「目標」でしかありません。

「目標」しかないと、

・目の前においしそうな食事が出てきたり、外食で「大盛り無料!」とあると、つい食べすぎてしまう

・仕事のストレスを抱えて駅につくと、帰りにコンビニに寄ってしまい、それほど食べたいわけでもなかったスイーツを買ってしまう

ということが起こります。

それで罪悪感を味わうわけです。

私が経験しているのでよくわかります(笑)。

ですから、このときに思い出したいのが「目的」。

「健康のために、常にフルマラソンを完走できるくらいの体づくりをしておく」といった目的です。

「目的」があることで、「体を軽くしておこう」「無駄な食べ物は買わないようにしよう」と思えるんですね。

もちろん、「目標」が悪いわけではないんです。

でも、「目標」だと弱いんですね。

「健康のために、常にフルマラソンを完走できるくらいの体づくりをしておく」という目的があればこそ、

・「大盛り無料」をかわしてライスを小盛りにする

・用事がないのにコンビニに立ち寄らずに帰宅ランをする

という自分をつくることができるようになります。

明確な「目的」があるからこそ、自分のためになる決断ができるんです。

つまりそれが、

「目的のために、目標を達成する」

というわけですね。

もしかすると、あなたが目標達成できないことがあったら、それは「目的」を考えていないからかもしれません。

少し立ち止まって、いま目指している「目標」の先に、どんな明確な「目的」があるのか考えてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時からコーチングセッションを2件。

1件は複業の商品づくりに対するテーマ、もう1件は難関資格に向けた学習習慣がテーマでした。

夜は家族4人でやきとりを食べに。

充実の1日でした。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-モチベーションの習慣

執筆者:

関連記事

月間150kmのランニングも目標設定から。ランから学ぶ目標達成のシンプルなプロセス。

月間のランニング走行距離150km走破という目標をクリアしました。 今回の目標達成へのプロセスは、やはり最初の目標設定なしには実現しないものだったと考えています。   スポンサーリンク &n …

大きすぎる目標を設定すると動けなくなる人間の行動心理とは?

大きな目標をたてすぎて動けなくなっていませんか? ハードルが高すぎる目標というのは、人間の行動変化をうながさないものです。   スポンサーリンク   目次1 わかっていてもできない …

自分でつくり出した「恐怖」の壁をとり払う3つの打開策。

あなたの今年の目標の達成率はどれくらいでしたか? 私はクリアできた目標も多かったのですが、未達のものもありました。 未達の原因の多くは、自分がつくりだした「恐怖」です。 打開策を考えてみました。 &n …

PDCAサイクルがうまくいかないときの対処法。「Do」からはじまるDCAPサイクルを活用する。

「PDCAサイクル」といえば、目標達成に非常に効果的なアプローチです。 しかし、「P(計画)」が最初なので、考えすぎて動けないときがあります。 そのようなときの対処法を記事にしました。   …

あなたの課題は、解決策と一緒にやってくる。課題はステージアップのタネだと捉えてみよう。

課題なんてない方が楽に生きられます。 ただ、課題がなければ成長もないと思うのです。   スポンサーリンク   目次1 思わずイラッとした体験に潜む思い込み2 課題は解決策とともにや …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。