【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

お金の習慣 学ぶ習慣

学びをお金に変えるためにはどうするか?「やります!」と「この指とまれ」のサイクルをまわす。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

インプットを大量にしていると、さらに学びたくなります。

そのときにぶつかるのが「投資できるお金がない・・・」という壁です。

その壁をのぼるためには、「やります!」と「この指とまれ」のサイクルが大事だと思っています。

 

スポンサーリンク

 

学んだ知識を収入につなげたい

・インプットをアウトプットに変えたい

ビジネス書の多読をはじめた10年前、私はそのような想いを持っていました。

もっと直接的にいうと、

・学んだ知識を活用して、収入につなげたい

と考えていたのですね。

それは、

・もっと本が読みたいのに、本を買う小遣いが残されていない・・・

・興味があるセミナーに参加したいのに、参加費がまかなえない・・・

・学びたい資格があるけれど、受講費が払えない・・・

という悩みがあったからです。

ですから、

・学んだ知識を活用して、収入につなげたい

と思い、その不便さを解消したいと思っていました。

ただ、それと同時に、

・そもそも、自分がアウトプットする場がない・・・

とも考えていたのです。

当時はセミナーもできないし、ブログも書けません。

・アウトプットできる人は特別な存在

とさえ思っていたように思います。

 

アウトプットの場は自らつくる

ただ、今から考えると、熱心に学んでいれば、どんなインプットでも、それをアウトプットにつなげる機会はあるものだと思います。

たとえば先日、私が半年間受講していた連続セミナーで、講師の方から、「受講のビフォアフターが大きく変化した人にインタビューをしたいと思ってるだけと、伊藤さんのインタビューを撮らせてもらえるかな?」と声をかけていただきました。

このようなとき、「どんな用途で使われるのですか?顔出しは厳しいのですけれども・・・」みたいに返答して、はっきりしない態度をとったとしましょう。

インタビューはアウトプットですから、もったいないと思うのです。

「やります!」といってから、「それで、何に使うのですか?」と聞けばいいのです。
(もちろん、信頼している人であれば・笑)

そのほか、セミナーの受講後に気づきや質問を促されるケースがありますが、これもアウトプット。

でも、発言しない方が多いので、もったいないのではないかと思います。

質問が、メンバーみんなにとって有意義であれば、とてもいい時間になるからです。

私は、せっかく受講費を支払っているのなら、最大限のリターンを得たくなります。

デモがあれば、「誰か立候補者はいませんか?」と言われたなら、率先して手をあげます。

デモとしてアウトプットするのです。

冷や汗をかきながら。(^_^;)

セミナー中に、講師の方が「最後に疑問点や気づきの発表はありますか?」と言い終わるか否か、というときに手をあげます。(笑)

そのようにして、みんなの前で話す機会も貴重なアウトプットです。

私はセミナーを開催している際に人前で話すトレーニングをしていますが、それでも緊張しますし。

そういったことも含めて「セミナー受講」のアウトプットだと捉えています。

 

「やります!」と「この指とまれ」のサイクルをまわす

アウトプットの次のフェーズは、自分から何かイベントなどの仕掛けをすることです。

「この指とまれ」と言ってアピールするスタンスがなかったら、誰もその存在に気づいてくれません。

インプットをアウトプットにつなげること、つまり学びを収入に変えたいのなら、本当の最初の1歩は、自分が遊びを企画して「この指とまれ」をすることなのです。

そのような意識を持ちつつ、また声をかけられたら、明るく「やります!」「やらせてください!」と答えてみましょう。

恥ずかしい話なのですが、以前の私は、最初から「やります」と答えるよりも、1度はためらいながら、それでも誘われたら「そこまで言ってもらえるなら」みたいに引き受けるほうがかっこいいのではないかと思っていたことがあります。(^_^;)

・・・はい、勘違いです。(笑)

謙虚さや奥ゆかしさは、ある面では人として大事にしたいところではあります。

でも、ビジネスの世界では不要かもしれませんね。

ビジネスで成果を上げている人は、積極性があるし、自信を持っています。

また、アクションを起こすべきときにはサッとアクションにうつすことができる。

そのような決断力や勇気があることの方が、重要度は高いです。

特に、最初のお声がけを断ることは、せっかく開かれようとしたチャンスを、自分で閉ざしてしまうようなもの。

断られることは、誰だって残念な気持になるでしょう。

ですから、最初に断ってしまうと、相手の好意に水を指す結果になってしまうのです。

人の気持は、1度冷えてしまったら、再び熱さを取り戻すのは簡単ではありません。

ですから、明るく、喜びをもって「やります」と答えたいもの。

そこから、私は新しい道を開いてこられたと思っています。

また、私の友人たちの例を見ても、そう思わずにいられないのです。

声がけされたら、左脳的な考えを入れずに「やります」と言ってみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、コンサルティングを受けました。

やはり変えるところは変えていかなければなりませんね、、、

自分の甘さを再確認しました。(^_^;)

恒例のひとり戦略会議も実行できました。

1つずつアクションにうつしていきます!

【今月のランニング走行距離】
50.84km/目標100km

【募集中】
・5月2日 19:30〜21:45
「やりたいことリスト100」をつくるセミナー
〜やりたいことで満たされる毎日をつくろう!〜

・5月10日 19:30〜21:30
もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」
〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

・5月17日 19:30〜21:30
毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー
〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-お金の習慣, 学ぶ習慣

執筆者:

関連記事

自分の思考を磨くために。積極的に「対話」を活用しよう。

古代ギリシャの哲学者であるソクラテスは、何よりも対話を重視したと言われています。 私も、、、というとおこがましいのですが(^_^;)、対話によって思考が深まり、気づきや内的成長をする機会を得ています。 …

プレゼンスを高めるプロセスが自己成長を促す。「あなたのおかげで」と言われるために何をするか。

コーチングを学んだ際に私に飛び込んできた言葉は「プレゼンス」です。 意味は「存在」や「存在感」ですね。 これを高めていくことが、自己成長を促すための確実かつ効果的な方法ではないでしょうか。 &nbsp …

習慣化が成功する自分のパターンを知ろう。決まった時間・場所・仲間(講師)。

年末年始は続いていた習慣が、この時期になって崩れてくる原因は、「仕事が始まって時間がなくなった」というものが多いですね。 ただ、そう言っていても物事は進みませんので、その制限を活用してみましょう。 & …

「学び」にこそ時間・お金・労力のコストパフォーマンスを考えよう。

人生を変えるための最短の方法は、「学ぶ」ことではないでしょうか? それだけに、「学び」に投資するコストとリターンを常に意識しておきたいものです。   スポンサーリンク   目次1 …

成果を出すために必要なシンプルな要素は2つ。プロ視点のアドバイス+素直な実践。

成長するために必要なことは、シンプルに考えると、 ・プロや経験者の視点でアドバイスをもらう ・素直に受け入れて行動にうつす というサイクルをまわすことではないでしょうか?   スポンサーリン …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031