【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

ルーティンのタスクリストを実行するよりも、未完了リストの実行が成長につながる。

投稿日:2018/11/01 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ご支援しているクライアントさんがKindleで電子書籍を出版されました。

人生に変化を起こすのは、タスクリストではなく、未完了リストに含まれています。

 

スポンサーリンク

 

ルーティンのタスクリストを実行する会館

あなたにも、日々取り組んでいるタスクリストがあると思います。

・仕事のタスクリスト
・自分のタスクリスト
・家事のタスクリスト

など、それぞれのタスクが毎日つみあがっていますよね。

私のコーチングクライアントさんにも「良習慣の種」として、タスクのチェックリストをおこなっていただいています。

自分が取り組みたいタスクを100%できる日があれば嬉しいです。

眠りにつく前にすべてチェックできたリストを眺めてから寝ると、充実感があるのですね。

このように、自分が意図したタスクを、意図をもってきっちりと実行すること、やるべきことがきちんとできること。

人生における豊かさを感じる瞬間です。

小さな行動を起こしていくことで、目標達成もできて、成長につながるでしょう。

 

未完了リストをクリアしたときこそ人生に変化が起きる

ただ、今回提案したいのは、タスクリストを実行していくことではありません。

もしも、あなたの人生やビジネスが、

・うまくいっていない
・停滞を感じている
・マンネリ化してしまっている

というようなことがあれば、取り組むべきは

・未完了リスト
・先のばしリスト
・緊急ではないけれど重要なことリスト

です。

変化を起こすためには、ルーティンを抜け出して、未完了に手をつけていくこと。

それが変化を起こしていくためのヒントになるのです。

毎日のタスクリストは、少し悪い意味で言い換えると、

・現状維持リスト

になっている可能性があります。

それよりも、あなたの夢を叶えるためのアクションリストは、「未完了リスト」の中に眠っている場合があるのですね。

ふり返ってみると、私も、

・コーチング
・ブログ
・メルマガ
・セミナー
・フルマラソン
・100kmウルトラマラソン
・トライアスロン

など、どれも「やってみたいと思っていたけれど、先のばしにしていたリスト」にあったものでした。

いろいろなハードルを乗り越え、それらを達成したとき、私の人生が前進したのです。

今回のクライアントさんのKindle出版も、「未完了リスト」に含まれていたことでした。

 

痛みを乗り越えたその先に成長が待っている

もちろん、その人の成長フェーズにもよりますが、まずは自分を律するセルフマネジメントを身につけることが不可欠です。

私は「自律」に成功する人は、「自立」もできるのだと考えています。

そうは言っても、セルフマネジメントの世界も大きなもので、簡単にマスターできるものでもありません。

いったん整えたとしても、環境や状況で変化することは避けられないからです。

私も、常にチューニングしています。

ただ、ある程度のセルフマネジメント力がつき、日々のタスク管理やルーティンができるようになったら、

・未完了リストたちに手をつけること
・やろう、やろうと思いながらやっていなかったこと
・アイデアが出ているのに実行していないこと

といったものに取り組むようにしてみましょう。

その試みは、「痛み」をともなうことになるかもしれません。

しかし、「成長痛」という言葉があるように、成長には痛みや刺激が必要なのです。

たとえば、筋トレをしている人にとっては、「筋肉痛は歓迎する痛み」だと聞いたことがあります。

確かに、簡単に持ち上げられる回数の筋トレをしていても、筋肉痛にはなりません。

さらに、筋肉痛にならなければ、筋肉は強くならないのですね。

ですから、自分ができる限界以上の筋トレにトライしてみる。

すると、筋肉は痛み、より強くなるわけですね。

ですから、筋トレで筋肉を強くしたい人にとっては、「筋肉痛は歓迎する痛み」なのです。

「筋肉痛=成長の証拠」ということですね。

ここだけみると、とてもマゾっ気がある気がしますが(笑)、ここにトライしてこそ、成長があるのです。

「成長痛」を取りに行くために、ときには「未完了リスト」や「先のばしリスト」に取り組んでみるようにしましょう。

その先に成長があります。

「未完了リスト」をクリアしたクライアントさんが出版した本はこちらです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、2019年の目標設定セミナーでした。

直前までスライドをつくり直したり、新しいセミナー会場でテーブルセッティングにとまどったり、時間配分に悩んだり。

と、いろいろとありましたが、結果としては、みなさんから好評をいただけたので、ひと安心です。

はじめてのコンテンツのセミナーというのは緊張や不安がありますが、終わったあとの達成感や充実度はたまりませんね。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

残業が激減した!朝一番で最重要のタスクに手をつける習慣。

9月、10月と、1時間以上残業した日をゼロにしました。 数年前までは、社内でもっとも長時間残業をしていたので、私にとっては快挙です(笑)。 そこに至るまでにいろいろな工夫をしたのですが、その中でもっと …

no image

「長期的な視点でものごとを捉える」ことの大切さ

本ブログにお越しくださり誠にありがとうございます! ■突然ですが、みなさんはものごとを長期的な視点で捉えていますか? それとも短期で考えてしまうでしょうか? 僕は、なるべく長期的にものごとを捉えようと …

初対面の人と何を話して良いか分からない!そんなときに心がけたい習慣とは?

目次1 ■コーチング体験講座に参加2 ■大切なスキルその1:「聴く」3 ■大切なスキルその2:「質問する」4 ■「聴く」+「質問する」の組み合わせこそコミュニケーションの基本の形4.0.1 【今日の良 …

「目標設定」における4つの型

■目標には種類がある   ランチェスター経営の竹田陽一さんと栢野さんの共著を読みました。   ※ご参考 35歳から「一生、負けない」生き方ランチェスター秘密の人生法則 35歳から「 …

習慣もバランスとミックスが重要。短期・中期・長期の視点で習慣化を考えてみよう。

昨日の記事で、「最低これだけはやる」という習慣を決める、ということを書きました。 セルフイメージの高め方。年輪のように第2領域の活動を毎日の習慣にしよう! | 【良習慣の力!】ブログ でも、鮒谷周史さ …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031