【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「学ぶ」とはインプットとアウトプットだけじゃないってご存じでしょうか?

投稿日:2014/09/19

Pocket

 

ぼくの習慣化の師匠・習慣化コンサルタントの古川武士さんのオーディオ教材を聞いていて、初めて知ったことがありました。

medium_3582053931
photo credit: starlights_ via photopin cc

 

スポンサーリンク

 

学ぶこと=インプット+アウトプット?

【今日のお勧めオーディオ教材】
結果を出したい人のための「学ぶ習慣」

ぼくはこれまで、

「学ぶこと=インプット+アウトプット」

だと考えていました。

よく、

▼インプットばかりじゃいけない

とか

▼アウトプットを前提にしてインプットする

といったような表現をよく目にしていたからです。

 

インプット ☞ ??? ☞ アウトプット

しかし、学びを最大化するためには、インプットとアウトプットの間にもうひとつのプロセスを経ることが重要なことだというのです。

いったいどのようなことでしょうか?

古川さんがおっしゃっていたのは、

「スループット」

といプロセスです。

つまり、学びの効果を高めるためには、

【インプット ☞ スループット ☞ アウトプット】

という順序がベストだということなのです。

※ご参考
スループットの概要

うーん、正直、分かるような分からないような。。。(笑)

別の言い方をしましょう。

学びにおけるスループットを日本語で表現すると、

「知的熟成」

となるそうです。

少し伝わりますでしょうか?

つまり、インプットとアウトプットの間に、

「自分の頭で考える」

という工程をはさむことが重要なのです。

 

学ぶバランスの黄金比率

古川さんがたくさんのクライアントさんやご自身の経験から導き出した公式があります。

それは、

「学ぶバランスの黄金比率」

というもの。

その黄金比率とは、

▼インプット:3

▼スループット:1

▼アウトプット:6

です。

多くの方が言うように、アウトプットを重視する部分は同様です。

しかし、その間にスループットを忘れないこと。

これが大切です。

では、どのようにすれば良いのでしょうか?

一例を挙げると、学んだあとに自分に質問を投げかけることがあるでしょう。

たとえば、ぼくがセミナーを受講し終えたとき、最低でも次のようなことをメモするようにしています。

▼今回のセミナーを受講して得られた最大の効用をたったひとつだけ挙げるとしたら何か?

▼気づきを3つ挙げるとしたら何か?

▼セミナー後にすぐに行動にうつせる3つのことは?

これらを書き出すだけなら、セミナー後の帰りの電車の中で5分で書けます。

さらに、セミナーで学んだことを踏まえて新しいアクションを起こしたり、ブログにアウトプットするわけです。

そのアウトプットは、自分のスループットを経ているので、コンテンツになり得るのですね。

それでも、古川さんの黄金比率に習うとすれば、まだまだアウトプット不足なのですよね。。。(^_^;)

もっとアウトプット重視で行動した方が学びが最大化されるのです。

以前の記事にも書きましたが、やはり

「行動することが学びを最大化するポイント」

なのですよね。

日々、自戒しています!

 

あなたは、インプットばかりを繰り返していませんか?

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の良習慣】
「学ぶ」効果を最大化するために、

▼インプット:3

▼スループット:1

▼アウトプット:6

を意識して学習する。

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く!」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

習慣化も目標達成も「自分スタート」で。セルフイメージの変化を起こすのは根拠のない自信から。

自分で自己認識を変えていくことが重要です。 その起点は「自分スタート」でいきましょう。   スポンサーリンク   目次1 セルフイメージが切り替わるまで続ける重要性2 自己評価が低 …

自分欲求を言語化。1日に何度も自分の中心的価値観をリマインドする習慣はパワフル。

私の自分欲求を表す言葉が書かれた色紙をプレゼントしていただきました。 毎日、何度も自分欲求の言葉を目にするのはおすすめです。   スポンサーリンク   目次1 「自分を磨く」という …

「自分に自信を持つ」ために有効なたった1つの方法

目次1 ■朝活プレイヤーは早起きを強要する?2 ■苦手なことを克服する3 ■自分を律することが個性につながる4 ■そして「個性」は「自信」へ ■朝活プレイヤーは早起きを強要する?   佐々木 …

人間が「もっともストレス耐性に強い時間」って科学的に証明されているそうです!

  「面倒なことほど午前中に片づけた方が良い」 とは、よく聞く言葉ですが、科学的な根拠があったのです。 それが、ぼくが日記を書くことを習慣化できたことに非常にリンクしていることが分かって驚き …

あなたが納得していないことは何か?ゴールまで時間がかかる目標は「習慣化タイムラグの法則」を意識しておく。

長期的に取り組む習慣化やゴール達成には、少しくらい成果が出なくてもあきらめない強い想いが大事だといえます。 長期戦にのぞむために「納得していないことは何か?」をあきらかにして、「習慣化タイムラグの法則 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く!」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員(営業)

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

■パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

■「皇居ラン&コーチング」サービス
http://www.ryoushuukan.com/the-imperial-palace-run-and-coaching/

■メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内
http://www.ryoushuukan.com/e-mail-magazine-multiple-work/

■伊藤 良のプロフィール
http://www.ryoushuukan.com/profile/