【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

「学ぶ」とはインプットとアウトプットだけじゃないってご存じでしょうか?

投稿日:2014/09/19 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

ぼくの習慣化の師匠・習慣化コンサルタントの古川武士さんのオーディオ教材を聞いていて、初めて知ったことがありました。

medium_3582053931
photo credit: starlights_ via photopin cc

 

スポンサーリンク

 

学ぶこと=インプット+アウトプット?

【今日のお勧めオーディオ教材】
結果を出したい人のための「学ぶ習慣」

ぼくはこれまで、

「学ぶこと=インプット+アウトプット」

だと考えていました。

よく、

▼インプットばかりじゃいけない

とか

▼アウトプットを前提にしてインプットする

といったような表現をよく目にしていたからです。

 

インプット ☞ ??? ☞ アウトプット

しかし、学びを最大化するためには、インプットとアウトプットの間にもうひとつのプロセスを経ることが重要なことだというのです。

いったいどのようなことでしょうか?

古川さんがおっしゃっていたのは、

「スループット」

といプロセスです。

つまり、学びの効果を高めるためには、

【インプット ☞ スループット ☞ アウトプット】

という順序がベストだということなのです。

※ご参考
スループットの概要

うーん、正直、分かるような分からないような。。。(笑)

別の言い方をしましょう。

学びにおけるスループットを日本語で表現すると、

「知的熟成」

となるそうです。

少し伝わりますでしょうか?

つまり、インプットとアウトプットの間に、

「自分の頭で考える」

という工程をはさむことが重要なのです。

 

学ぶバランスの黄金比率

古川さんがたくさんのクライアントさんやご自身の経験から導き出した公式があります。

それは、

「学ぶバランスの黄金比率」

というもの。

その黄金比率とは、

▼インプット:3

▼スループット:1

▼アウトプット:6

です。

多くの方が言うように、アウトプットを重視する部分は同様です。

しかし、その間にスループットを忘れないこと。

これが大切です。

では、どのようにすれば良いのでしょうか?

一例を挙げると、学んだあとに自分に質問を投げかけることがあるでしょう。

たとえば、ぼくがセミナーを受講し終えたとき、最低でも次のようなことをメモするようにしています。

▼今回のセミナーを受講して得られた最大の効用をたったひとつだけ挙げるとしたら何か?

▼気づきを3つ挙げるとしたら何か?

▼セミナー後にすぐに行動にうつせる3つのことは?

これらを書き出すだけなら、セミナー後の帰りの電車の中で5分で書けます。

さらに、セミナーで学んだことを踏まえて新しいアクションを起こしたり、ブログにアウトプットするわけです。

そのアウトプットは、自分のスループットを経ているので、コンテンツになり得るのですね。

それでも、古川さんの黄金比率に習うとすれば、まだまだアウトプット不足なのですよね。。。(^_^;)

もっとアウトプット重視で行動した方が学びが最大化されるのです。

以前の記事にも書きましたが、やはり

「行動することが学びを最大化するポイント」

なのですよね。

日々、自戒しています!

 

あなたは、インプットばかりを繰り返していませんか?

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の良習慣】
「学ぶ」効果を最大化するために、

▼インプット:3

▼スループット:1

▼アウトプット:6

を意識して学習する。

-良習慣

執筆者:

関連記事

自信がない、分からない、難解。。。「自分がやったことがない仕事」に対するアプローチを考える。

  こんにちは、伊藤です。 「自分がやったことがない仕事」 って、、、 嫌ですよね。(笑) ぼくも、つい先延ばしにしてしまいます。(^_^;) でも、それは成長するためのチャンスでもあると思 …

継続するためには「できるか、できないか?」よりも、「しつこさ」が大事。

習慣化するためには、続けるための原則を学ぶことや行動を工夫することにあります。 それらに加えて、継続のために「しつこさ」が大事なのだと思うのです。   スポンサーリンク   目次1 …

「天職は寝て待て」。自分が得意なこと、好きなことを見つけるためにできること。

「天職は寝て待て」という本を読みました。 現代のキャリア論は、従来の概念と異なってきているようです。 気になった部分をピックアップしつつ、私の意見をまとめてみました。 天職は寝て待て 新しい転職・就活 …

6つ目の成功習慣は「自分以外の人に思いやりを持つ・許容する」!

目次1 6つ目の成功習慣2 「他人」という言葉への違和感3 思いやりの表現方法3.1 思いやりの表現方法①3.2 思いやりの表現方法②3.3 許容するテクニック4 誰のために許すのか?4.0.1 【今 …

「頑張る」「努力する」という便利な言葉を手放し、定量化できる「量」で勝負しよう!

「量は質を凌駕する」とは、よく言われる名言ですよね。 ぼくも常に意識しなければならないことだと考えています。   (ここから有料メルマガのご紹介です) ——————————————————— …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728