【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

やりたいこと・天職・才能・強み 時間

やりたいことが進まない人はいますか?解決方法は、心に浮かんでいる「やりたいこと」をとにかくはじめることです。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

明後日に控えた「時間カイゼン習慣術」セミナーの準備に、いい感じで追い込まれています。

この緊張感が成長のための負荷になりますし、そのためには「とにかくはじめる」ことが大事なのです。

 

スポンサーリンク

 

見切り発車することがすべての出発点

この1週間くらいで、3人の方にセミナー開催をおすすめしました。

私が多少背中を押した部分はあったものの、どなたも心のなかで「本当はやってみたい」という気持があることがわかったからです。

それに、私のような「あなたなら絶対にできる!」と信じて、背中を押す人の存在があれば、やり遂げる能力がある方々だからこそ、おすすめしたのです。

また、友人のコジマさんにおすすめしたい本があったのメールをしていたら、4月からさらにチームが大きくなるということで「読書する時間もとれないかもしれませんね」と書いたら、

・せっかくご紹介いただいた本ですし、忙しくても時間は創り出すものなので、読書の時間はしっかり取ります!

と返信がきました。

“時間はつくり出すもの”

まさに同感です。

やりたいことを前に進めるための大きなパワーは、あまり難しいことは考えずに、

・とにかくはじめてしまう

ただこれだけなのですよね。(笑)

これが、やりたいことをするための時間をつくるコツですし、結果としてやりたいことを実現するコツの1つだと思っています。

実際のところ、私もだけでなく、クライアントさんや友人たちもこのコツを使って、やりたいことを成しとげています。

特に「隠れ完ぺき主義者」の私は、

・コーチング
・セミナー
・コミュニティーのサポート
・ブログ
・メルマガ
・トライアスロン
・マラソン
・結婚(笑)

など、見切り発車でなければできなかったことばかりです。

そう考えると、見切り発車することがすべての出発点だったとさえ、言えるかもしれません。

ただ、見切り発車するためには、一定レベルの「やりたいエネルギーの充電」ようなものが必要だとも思っています。

「コップの水が、いつになったらあふれ出すか?」ということですね。

まず感情があって、その次に決意がくるという感じ。

そこまで想いが高まることで動き出そうとするし、動き出すことで「なんとかなる!」という考えが生まれてきます。

このような私の見切り発車の技は、妻に言わせると「甘すぎる見通し」と呼ばれていますが。(笑)

 

はじめるから、時間が生まれる

もちろん、ただはじめるだけといっても、簡単なことではないですし、緊張感は半端じゃありません。

たとえばセミナーならば、参加者の方々からお金をいただいて、時間も頂戴するわけですから。

それに、あまりにも低レベルなコンテンツだったとしたら、評価が下がってしまうかもしれません。
(ただでさえ心もとないのに・汗)

その緊張感は、ひりひりするようなイメージです。

ただ、同時に、自分から主体的に動かないと対峙できない貴重な感情でもあるのですよね。

こういったイベントを日常に入れていくことが、人生のマンネリ化を防ぐコツでもあります。

ですから、見切り発車で、まずはアクションを取ってみる。

そして、何かをはじめると、そのための時間が生まれるものです。

・1日24時間を自分なりに最大限使っている。

・これ以上何かをやる時間なんてどこにもない。

そのように思っていても、やりたいことはあるはず。

ならば、まずはやりたいことの第1歩を踏み出してみましょう。

5分でも、10分でもいいので、小さなことからスタートしてみるのです。

時間ができてからはじめるのではありません。

・はじめるから、時間が生まれる

ということです。

やりたいことをはじめてしまえば、その分の時間をなんとかしようと捻出するものです。

よく言われるように、

・何かをはじめるのに十分な情報なんてない。とにかくはじめよう!

ということですね。

 

はじめれば半分は達成したようなもの

私が今回のテーマでセミナーをやろうと思ったきっかけは、現在通学中のマーケティング講座に通いはじめてからでした。

仲間の数人から、複業で講座の効果が出てきたタイミングで、「伊藤さんがどうやって時間をやりくりしているのか、教えて欲しい」と言われたからです。

「まじですか?そうしたら、セミナーでもやろうかなあ(笑)」と言いはじめたのは、つい数ヶ月前。

同時に、来月に終了するマーケティング講座の期間中に第1歩を踏み出したいと考えていました。

そうしないと動き出さない自分がわかっていたので。

しかし、会社員の仕事以外に、コーチングビジネスも順調になってセッション時間が増加。

さらに、毎日のブログや夏からはじめたメルマガにも取り組み、その他に毎月セミナーも開催。

そのような状態なので、マーケティング講座の課題も完ぺきにはできておらず、ひいひい言っています。(^_^;)
(まあ、予想はしていましたので・・・)

そうして、今回の新テーマでセミナーを宣言したのは開催まで2週間ありませんでした。

一般的なセミナーではありえない告知期間ですし、準備期間も短すぎます。

でも、このリミットがとても重要なのですね。

「あと1週間しかないじゃないか・・・」という意識が出てくると、「よし!やるしかない!」というエネルギーが生まれます。

プレッシャーがかかる(自ら宣言したいいプレッシャー)と、スイッチが切り替わり、何か別人になったような感覚になるのです。

そのようにやるべきことが決まり、前のめりに取り組んでいるときは、自分の人生が加速しているような爽快感があります。

期限が限られているということは、直前の馬力を活用できるということ。

普段の省エネルギーの自分ではできなかったことを、加速をつけてできるようにしていくのです。

期間が短いということは、それだけ自分を奮起させてくれます。

もちろん、そのような状態で本番を迎えると、「ああ・・・もっと準備できたかもしれない」と思うことはしょっちゅうあります。

そして、直前の追い込みのパワーというのがものすごいこともわかっていますので、開催の1秒前まで全力で準備します。

でも、どれだけ準備しても、結局はもっと準備できたかもしれないと思うものなのですよね。(笑)

結局、「やる!」と決めると、脳が自然とそのための道筋を探してくれます。

できるかできないかより、「やる!できる!」と思うことでやる気を高めることが大事なのです。

どのような物事でも、「自分はできる!」と思えれば、その時点ですでに半分くらいゴールに近づいているようなものなのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで継続クライアントさんとのコーチングセッション。

非常に共感度の高いテーマでのセッションだったこと、また勝負時のクライアントさんの状況を打開するために、ロングセッションとなりました。

自分が変化してやりたいことをやっていくためには、誰もが、どこかで通らなければならない道があります。

でも、なかなか1人では難しいのですよね。

なにせ、今までやっていないことに向き合うのですから。

それでも、クライアントさんの新しい変化のためのあと押しをさせていただきました。(少し強めに・・・笑)

私自身、たくさんの人の力を借りて乗り切ってきましたし、今も借りています。

【募集中】
3月15日 19:30〜21:30 ブログ1,700記事突破記念!
時間をあなたの味方にする!「時間カイゼン習慣術」ミニセミナー
~あなたの1日を26時間にして、年収UPと心の余裕を同時に手に入れるノウハウ~

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-やりたいこと・天職・才能・強み, 時間

執筆者:

関連記事

「強烈な無力感」が人の行動を変える。無力感を新しい体験への成長エネルギーにしよう。

人生初(汗)の弁当作りを体験しました。 「弁当づくり」という新しい体験をするエネルギーが生まれたのは、私が「強烈な無力感」を味わったからです。   スポンサーリンク   目次1 息 …

あなたの「強み」のつくり方。勝負する土俵は自分で勝手につくっていい。

「誰にも負けない強み」。 それがあったらいいのですが、なかなか難しいものですよね。 ただ、「相対的な強み」なら、アイデア次第でつくり出せます。   スポンサーリンク   目次1 各 …

自分の価値観はどのようにしてつくられたのか?「過去の体験ベスト10」を思い出してみよう。

自分はどのような価値観を持ち、どのようなことに熱中するものなのか。 それを知るためのカギは、過去のインパクトある体験を思い出すことです。   スポンサーリンク   目次1 自分の内 …

なぜ「やりたいことを仕事にしてはいけない」という思い込みができるのか?自分が知らない思い込みの罠。

この数年、「やりたいこと」や天職の相談にのる機会が多いです。 そこで感じるのは、なかなか「自分に許可」を出せない人がいること。 (もちろん、私自身も迷いの中にいます) そのブレーキはどのようなところか …

幸福感を高めるためにどうするか?ポイントは、モノより経験に投資すること。

以前の私は、「経験はあとに残らないけれど、モノは手元に残る。だからモノを買う」という風に思っていました。 しかし今は少し異なる考え方を持っており、モノを買うよりも体験に投資するようにしています! &n …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930