【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

片づけ

人生の質を上げるために必須。「帰りたい家」にするための3つの工夫。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

人生がうまくいっている人には、自宅が好きな人が多いそうです。

そのように考えると、自宅を快適かつリラックスできる空間につくりあげていくのは、エネルギーを注ぐべき対象になると思うのです。

 

スポンサーリンク

 

外でたいへん、中でもたいへんだったらら・・・

会社でたいへんな思いをして仕事をして、自宅に帰ったら奥さんと小競り合い。

学校や塾で一生懸命学習をして、部活までがんばって帰ってきたのに、親から叱られる。

外でたいへんな思いをして、ようやく帰ってきたら内(自宅)でもたいへんで、くつろげない状態。

もし、そのようになってしまったら、自宅に帰るのが嫌になりますよね。。。

私はどちらも過去に経験済みです。(笑)

しかし、自宅を心地よく過ごせる空間にするために工夫するのは、人生をより良く過ごすために重要だと考えています。

自宅が気分良く過ごせる空間であれば、「早く家に帰りたい」と思うようになります。

たとえば、

・大切なパートナーがいる
・大好きな子どもがいる
・楽しめる趣味がある
・好きな本や音楽がある
・お気に入りの家具がある
・何度も見る映画のBlu-rayがある

など、そのような楽しみが自宅にあるかどうか。

食事や睡眠など、多くの時間を過ごす自宅ですから、快適にしてもしすぎることはありません。

ただ自宅を快適にするだけのことかもしれませんが、人生の楽しさは確実に良い方に変わってくるはずです。

 

自宅を快適な環境にするための3つの工夫

ここでのポイントは、決して豪華ではなくて大丈夫だということです。

むしろ、シンプルなほうが快適で良いですよね(人によると思いますが)。

自宅を快適にするために、我が家でやっている工夫を3つあげてみました。

 

1:物を減らす

自宅が好きな人は、自分が本当に好きなものがわかっています。

私たち家族も、以前はかなりの物持ちでしたが、引越しをくり返すプロセスで、どんどんものを減らしました。

そうすることで、自分たちが好きなものや本当に使うものに厳選されていきました。

必要最低限にしぼると来客があったときに困るのですが、そこは割り切りです。

いつくるかわからない来客のために、毎日の日常空間を圧迫する必要はないはずです。

 

2:価値観にあったものを使う

ものを減らすにしろ、増やすにしろ、ポイントとしてはずしたくないのは、自宅にあるものが「自分の価値観にあっているかどうか」というところです。

家具からはじまって、食器や洋服、PCやスマホなども、自宅にあって「すてきだな、かっこいいな」と思えるものにしています。

私が自宅でブログを書いているとき、まっ白なテーブルの上にMacBook AirとiPhoneがおいてあると、「かっこいい!」とテンションがあがります。(笑)

でも、そういうことでOKなのだと思っています。

ほかの人の基準ではなく、自分(たち)の内的な基準にあっていることが必要ですので。

せっかく自宅にいるのですから、他人基準に合わせたものではなく、自分たちの欲求にひたりたいもの。

そのために、自分の趣味やスタイルを理解しておくことも大事です。

 

3:整理整頓されている

これは自宅の雰囲気をつくるのに非常に重要な要素ですよね。

私は大きな声ではいえず、、、妻の力にかなり頼っています。(いつも感謝しています・笑)

また、整理整頓されていると、探し物などで時間短縮になるという大きなメリットもあります。

たとえば私が、「あれ?プリンターの替えのインクってどこだっけ?」と聞くと、「戸棚の中のカラーボックスの上から2段目のひきだしに入ってるよ〜」と教えてくれます。

たぶん、心の中では、「いつも同じところに置いてあるって言ってるじゃない・・・。もう〜」と思っているような感じが伝わってくるのが痛いところですが。(笑)

 

自宅を快適な環境にととのえよう

このように自宅の環境がととのっていると、気分よく過ごせるようになります。

気分が良いと、家族の人間関係も安定してくるものです。

結果として、コミュニケーションも増えて、家族間の仲が良くなります。

そうなると、笑顔が増えるし、自宅も楽しい雰囲気につつまれますよね。

自宅がきれいに整理整頓されている人は、タスクや行動管理も整理されているはずです。

実際、自宅がきれいになっているのに、人生が混乱している人というのは少ないのではないでしょうか。

よく、仕事が多忙で片づけができないとか、時間がなくてそうじができないという人がいますが、それは逆なのではないかと思うのです。

部屋やPCがちらかっているから、探し物などで時間がなくなってしまうのではないでしょうか。

まさに、「時間がないから本が読めないのではなく、本を読まないから時間がない」と同じ原理です。

自宅が快適な空間になれば、思考力やアイデアも生まれ、クリエイティビティも上がるはずです。

自宅がきれいな子どもは、成績が良いという研究データもあるそうです。

そのような好循環の連鎖が、人生の質をあげてくれる鍵になるのですね。

ぜひ、自宅を快適でリラックスできる空間にするための工夫を考えてみましょう。

どうしても片づけが難しい独身男性は、おそうじが得意な女性と結婚する、、、というのは裏技で「あり」かもしれません。(笑)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

息子の受験前日のため、昨日は家族全員で22時すぎに寝ました。

今日は私が4時台に起きて、妻と息子は5時30分の起床。

ゆっくり朝食を食べました。

息子を送り出して、妻とコーヒータイムをのんびり。

気分よく朝を過ごせました。

やはり早起きには早寝が重要なのだと実感しています。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-片づけ

執筆者:

関連記事

面倒くさい掃除・片づけ。一気にやろうとせずにベビステップで徐々にきれいにしていく!

  こんにちは、伊藤です。 フリーペーパー「R25」特集「7つの悪習慣」への対策シリーズ。 本日は、5つ目の ▼(5)あとでやろうが命取り「掃除・片付け」 への対策を考えてみます。 &nbs …


「そうじがめんどくさい」と思ったら、音楽のパワーで強制力を発動させよう

「習慣化の智慧」コミュニティーで、習慣化やモチベーションアップに音楽を活用している人たちがいることを知りました。 音楽と習慣化のコンビはパワフルなので、私もおすすめです。 その活用法を記事にしてみまし …


大掃除は10月からスタートする。常識や慣習をうたがってみよう。

あなたは、いつ大掃除をはじめますか? 我が家では、10月から大掃除をスタートする習慣があります。 その理由を記事にしてみました。   スポンサーリンク   目次1 大掃除は年末にや …


面倒な整理を楽しくクリエイティブにできる!整理のアイデア6つのお勧め習慣

「退屈な整理という作業をどれだけクリエイティブに、楽しく変えていけるか?」   シンプルでハッピーなライフスタイルをつくり上げるためには、「整理」が欠かせません。     …


同じものを2度も買うはめになって反省。。。自分の定番を決めてシンプルになろう!

先日の編集後記にちらっと書きましたが、手元に置いておこうと思った本を間違って売却してしまいました。。。 さらに、売却した本を、また買うこととなりました。(^_^;) 私は、今回のことはネタにもできる笑 …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930