【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

「最悪の事態」に立ち向かう対策。ネガティブリストを書く・人脈をイメージする。

投稿日:2019/03/10 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

仕事でトラブルが起こると「最悪の事態」を想像してしまうときがあります。

そのような状態での対策を考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

最悪なトラブルが起きたときどうするか

「最悪なことになっちゃったなあ・・・」

以前、会社の仕事で、大きなトラブルがあったとき、このように感じていました。

そのトラブルが起きてしまったお客様の営業担当者は私。

すべての謝罪や交渉ごとは私が矢面に立つ役目です。

そうなると、気持は不安になり、考えなくてもいいようなことまで考えてしまいます。

「大事なお客さまに大きな迷惑をかけてしまった。。。最悪は、取引停止になるかも」

「会社に対しても、入社して最大レベルの大きな損害を出してしまった。最悪は、クビになるかもしれない・・・」

そのような思いが、頭の中をかけめぐりました。

すると、「ああ、これはどうしようかな?」「ほかの案件は大丈夫だろうか?」というメンタルになり、普段ならルーティンにしている仕事をミスしたりするのですよね。(^_^;)

出口が見えないような気持。

解決に向かって進んでいない気持。

迷路をさまよっているような気持。

そのようなもやもやした気持におそわれた時、どうすればいいのでしょうか?

 

「ネガティブリスト」を書くことで現実を客観視する

私が今回おこなった解決策は、「書く」というシンプルな方法でした。

おすすめは、紙とボールペンを使った手書きです。

活用したツールは、以前の記事でご紹介した「ネガティブリスト」です。

目標設定が苦手な人におすすめ。ネガティブなパワー「いやだ!」を活用した目標のつくり方。

フォーマットは下記のイメージです。

左側に不安な点や問題点を書き、右側にできることを書きます。

左側にネガティブな問題を書くときは、思い込みを手放して、なるべく客観的に言葉にしましょう。

右側には、自分で変えられない要因を書くのではなく、あくまでも自分が変えられる行動を書くことがポイントです。

今回、私は受験で学習した1問1答の問題集のように、ひたすら書き出してみました。

すると、感情が落ち着くのがわかります。

もちろん、あっという間に100%クリアになるわけではなりません。

しかし、この作業をおこなうとよくわかるのは、私たちの悩みを増やすことや自己肯定感を下げる要因のほとんどは、「漠然とした不安」だということです。

しかも、それらは実態としてあいまいで不明確。

つかみどころがなくてわからないので、ますます悩みが深くなるのですね。

だからこそ、「書く」ことが必要なのです。

「書く」ことが、悩みを具体化させてくれ、解決策のアウトプットとなります。

何より、手を動かしていると、意外なアイデアがひらめいたりするのですね。

すると、「大問題だと思っていたけど、会社をクビになるということまではないか」とか、「過去にも、いろんなトラブルを切り抜けてきた経験があるよな」といった感覚が落ちてくるのです。

トラブルのような悲観的な状況になると、思考もマイナスになりがち。

すると不安なイメージはどんどんふくらんでいくのですね。

ですから、現状を客観視するためにも、「書く」という行為が有効なのです。

 

自分に起こる問題はすでに誰かが解決している

さらに、このような問題があったときに、私が意識することがあります。

それは、「自分に起こっている問題は、すでに自分意外の誰かが解決している問題のはず」ということです。

仕事をはじめ、友人たち、家庭など、それぞれの関係性があり、コミュニティーがあります。

その中で、どこかでつながっている誰かが、すでに私と同じ問題を経験しているし、解決しているはずだと思っています。

すると、気持の上で、安心感が増すのです。

私自身、毎朝大事な人たちのリストを見ていますし、何か「あっ、この情報、あの人に役立ちそうだな」と思えば連絡することもあります。

また、ここ何年かで、専門家の友人・知人の数がとても増えました。

そのようなつながりのあることにも、安心があるのです。

もちろん、誰もが、自分のことに精いっぱいの日常をすごしていると思いますから、問題が起きたときに助けてもらえるかどうかはわかりません(普段の私次第なのでしょう)。

実際、日常生活を送っていれば誰でも、大なり小なりのトラブルに見舞われます。

ですから、そもそも私が経験するレベルのトラブルは、それこそ世の中であふれるほど起きていると思います。

私にとって珍しいことであっても、おそらく世の中から見れば小さなできごとであり、珍しいことではないのです。

また、私にとって、トラブルが起きてしまったその瞬間は大きな問題としてとらえているものであっても、3年後には「そういうこともあったなあ」というレベルになる可能性が高いです。

そのように考えてみると、不安な気持ちが軽くなってきます。

そうなれば、一歩を踏み出す勇気が出るのですね。

今回、思考や感情を書きまくって出てきた言葉に、「やまない雨はない」という格言がありました。

このように、心からダメージを受けているときこそ、こういったシンプルな言葉が響くのですね。

こういったことを感じることも、「書く」メリットです。

ネガティブな気持に襲われたときは、ぜひトライしてみましょう。

ネガティブリストは、こちらの本に紹介されています。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、午前中にコーチングセッションを2件。

その後、書く仕事をして歯の定期検診と散髪をしてすっきり。

夕食は家族で待ち合わせをして、レース前のパスタを補給しました。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-書く習慣

執筆者:

関連記事

想像以上に面白い!ぼくが5年日記をお勧めする理由。

  こんにちは、伊藤です。 「書く習慣」というのは、本当に大切ですね。 先日のエントリーで、ブログで自分をオープンにする大切さを書きましたが、日記も違った意味で面白いものです。   …

セルフイメージを高めた実例。超セルフイメージが低かった私が、1年でセルフイメージを高めた方法。

セルフイメージを高める方法を知りたい方はいますか? セルフイメージが低すぎた私が「あのとき、セルフイメージがあがったな」と感じた体験を記事にしました。   スポンサーリンク   目 …

自分の成長ののびしろは「疑問」の中にある。書く習慣で疑問に形を持たせよう。

私が日記やブログを書き続けている理由のうちの大きな1つに、「自分の疑問を言語化しておく」というものがあります。 疑問を持たない人間は成長がとまってしまうと思っているからです。   スポンサー …

ふり返りによって成果を見える化する。1年をふり返るためにおすすめの5つの視点。

定期的に自らを振り返り、次に向けた改善点を洗い出す。 ドラッカー氏の言葉です。 その言葉を持ち出すまでもなく、ふり返りを行うことは、成長し続けるためには欠かせません。 私が今年1年をふり返るために使用 …

ひとり会議のすすめ。未来を考える人生戦略の時間を天引きしよう!

やるべきタスクに振り回される毎日から抜け出したいと思ったことはありませんか? 脱出するためには、週に一度30分で良いので時間を確保して「ひとり会議」をおこなうことがおすすめです。   スポン …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031