【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

読書の習慣

脱・レンタル言葉。「自分の言葉」をつくる視点とは?

投稿日:2016/08/16

Pocket

自分の言葉で人を動かす。

ブロガーなら誰でも狙っていることですよね。

人を動かすためには、私は、

その1:論理的に伝えれば、人は動く
その2:認知度が上がれば、人は動く
その3:テクニックを使えば、人は動く

と考えていましたが、それはすべて勘違だったということに、本『「自分の言葉」で人を動かす』を読んで気がつきました。

では、どうすれば人は言葉で動くのでしょうか?

41BIgvHQ-yL._SX339_BO1,204,203,200_

 

スポンサーリンク

 

「人を動かす伝え方」の3つの大きな勘違い

著者の木暮太一さんによれば、人を動かす伝え方には大きな3つの勘違いがあります。

それが、

勘違いその1:論理的に伝えれば、人は動く
勘違いその2:認知度が上がれば、人は動く
勘違いその3:テクニックを使えば、人は動く

です。

冒頭でも書きましたが、私はすべて当てはまっていました。

つまり、すべて勘違いしていたということです。(^_^;)

 

伝えるときに生まれる3つの感情

人が相手に伝える場合、3つの感情があります。

それは、

・言いたい
・認められたい
・教えたい

です。

人を動かすために必要な視点は何でしょうか?

 

言いたい

ただ自分の言いたいことだけ言おうとすると、聞いている相手をないがしろにしてしまいます。

いわゆる自慢話はこの「言いたい」カテゴリーにはいります。

そのため、聞いている人は「どうでもいい。。。」と思いがちです。

 

認められたい

「社会貢献に命をかけます!」という言葉は素晴らしいです。

しかし、どこかに「すごいことをやっている自分を認めてほしい。」というニュアンスが伝わってくる人もいます。

著者は「血が通っていない」という表現をしていましたが、よくわかります。

これも、伝わりづらいです。

 

教えたい

ここで出てくるのが「教えたい」です。

「教えたい」は、

・言いたいこと
・認められたい

ことの中間点です。

バランスがとれているのです。

でも「無難すぎない」、ほど良い感じです。

ここは、著者の

「本当に教えたいこと」を書いたら、読者に「人生が変わった」と言われた

というエピソードがじつに印象的ですので共有しましょう。

「教えたいこと」を書く以前の著者は、経済などをわかりやすく解説する本を書かれていました。

解説本は評判が良く、「この本のおかげで理解できるようになりました」という反響がありました。

ベストセラー作家となり、売れっ子の仲間入りです。

しかし、著者は当時の自分を「ミスター無難」と称していました。

「借り物の言葉」した使えない自分に、長い間悩みを持っていたというのです。

そんなとき、著者は、「資本論」と「金持ち父さん、貧乏父さん」という時代を代表するベストセラーの共通テーマを発見しました。

それは著者のオリジナルな視点でした。

このとき生まれた感情は何か?

それこそが「教えたい!」だったわけです。

当時その想いを持って書いた本が「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」という本です。

これもベストセラーになりました。

ただ、これまでのベストセラーと違っていたのは、読書からの感想です。

その感想とは、

「独立起業します!」
「自分の進む道を見つけました!」
「人生が変わりました!」

というようなもので、実際の行動にうつしてくれる方が多かったのです。

まさに「言葉で人を動かす」。

「教えたい!」という視点は、それほどにインパクトを持っているのですね。

 

自分の感情に「誰に?」視点を加えよう

「教えたい!」と視点が良いのは必ず、自分の感情に加えて、「誰に?」という質問がセットになってくることです。

人に何かを伝えるときは、「誰に?」という視点が不可欠ですよね。

たとえば、新聞の「人生相談コーナー」が好きな人は多いでしょう。

あの文章は、なぜ響くのでしょうか?

それは、回答者の方が、悩み相談者に対して親身になって語りかけているからです。

その姿勢は「誰に?」が明確で、常に相手本位です。

だからこそ、読者である私たちにも響くのですね。

生きていれば、自分にとって新しい体験や貴重な経験をしているものです。

そのような経験を、自分の感情から広げて言語化してみる。

それによって、そのひと固有の資産となります。

あなたが感じる、あなたの「教えたい!」という気持。

それをブログに書いてみましょう。

そういう私も、本書を読んで「教えたい!」と感じて本記事を書いたのですけれども(笑)。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、本来は会社に夏休みを申請していたのですが、ちょっとしたトラブルが発生。(T_T)

少しだけ出社しました。

ただ、お盆中は電話も鳴らず、仕事に集中できますね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-読書の習慣

執筆者:

関連記事

iPhoneの「スピーチ(読み上げ)機能」でKindle本を無料で簡単にオーディオブック化する方法。「手ぶらで読書」が習慣化できる。

「時間がなくて本が読めない」 「オーディオブックもいいけど、電子書籍と両方とも買ったら2倍のコストがかかってしまう」 そのような悩みを解消する方法があります。 それが、iPhoneの「スピーチ」機能を …

Kindleは便利!知らないと損するKindle3つのサービス

あなたは「Kindleのお得なサービス」をご存じでしょうか? 基本的なことですが、もしかしたら「知らないと損」かもしれません。   photo credit: Hungry for the …

課題解決のためのエッセンスをスピーディーに吸収する「ワンテーマ集中読書法」。

書店に足を運ぶと、あらゆる課題解決の方法が書籍になっていることに気づきます。 自分が抱えるテーマの解決として、「読書」という手段を活用しています。   スポンサーリンク   目次1 …

本が人生を変える理由。変化を起こす最初のステップは読書。

自分の人生をより好ましく変化させていこうと思うなら、本を読むことからスタートすることをおすすめしたいです。 能動的な読書は間違いなく、より好ましい変化につながるはずです。   スポンサーリン …

ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断。惰性で生きるのをやめて、決断を積み重ねよう。

人生には二通りのコースしかない。 「ヒツジのコース」と「ライオンのコース」だ。 千田琢哉さんの「ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう!」の冒頭に書かれているこの言 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。