【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

人間関係に悩んでいるときの視点の変え方。現状をつくり出しているのは自分の思考だと気づこう。

投稿日:2018/06/08 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

人間関係に悩んだとき、あなたはどのように考えていますか?

そして、その人間関係トラブルの原因は、自分で選択しているものだとしたら、どのように感じますか?

 

スポンサーリンク

 

人のすべての悩みは対人関係に帰結する

“人間の悩みは、全て対人関係の悩みである”

とは、20世紀を代表する心理学者であるアルフレッド・アドラーの言葉ですね。

心理学をかじっている人にはアドラーは知られていましたが、本「嫌われる勇気」で一気に有名になりました。

アドラー心理学は「勇気の心理学」とも言われていますね。

私がアドラー心理学を知ったとき、

・私たちが抱える人間関係の問題は過去のトラウマが原因なのではない

・自分自身がそのような問題ある人間関係を持つということを選択している

という考え方を知りました。

アドラー心理学の考え方によれば、私たち人間は、

・すべての行動を、自分の目的に向けて選択している

ということになるのです。

 

自作自演で人間関係を悪くしていた私の過去

上記のアドラー心理学の思考、

・私たちが抱える人間関係の問題は過去のトラウマが原因なのではない

・自分自身がそのような問題ある人間関係を持つということを選択している

を知ったとき、私はけっこうショックを受けたことを覚えています。

というのは、これまでに自分に起きたさまざまな不本意なことは、すべて自分が選択していたということに気づいたからです。

「嫌われる勇気」という本を読んだ当時、副業の収入がほんの少しだけ得られるようになってきた時期でした。

これからもっと行動量をあげて、収益アップを狙いたいと思っていたのですね。

しかし、妻とのコミュニケーションのすれ違いから、家庭の状況がそれを容認しない状態になっていたのです。

私は自分を被害者にしました。

「複業をやりたいのに、家庭からNGを出されているから思うような行動ができない」という言い訳を用意して、自分を「不自由な複業家」にポジショニングに追い込んでいたわけです。

そのときのことを思い返すと、「なるほど・・・当時の私は自分をそのポジションに貶められた被害者だと思っていた」と思います。

でも、実はそうでははなかったのですよね。

複業家としてせめて妻には、自分の計画を話したり、ひとりビジネスの売上や成果というプレッシャーから逃げたくて、自分から「不自由な複業家」を選択していました。

自分で選んで。

確かに、私は、妻に説明するという現実的な選択を放棄していました。

「やってみないとわからない」という正論を振りかざして。

そのようにして、「理解してから理解される」という人間関係を壊していたのは、他でもない、自分自身だったのですね。

「家族の理解を得られない不自由な複業家」になりたくないはずだったのに、自分の選択で「不自由な複業家」にしていたというおかしな論理。

自作自演で人間関係をおかしてくしていたのです。

そこに気づくまでに、かなり時間がかかりました。

そうして、そこに気づいてから改善をしていくことで、今は落ち着いています(ようやく・笑)。

 

自分の選択が現状を作り出しているという視点

もしもあなたが今の人間関係に悩んでいる場合は、

・すべて自分自身の選択の連続が、現状をつくっている

という視点に、一度たってみませんか?

たとえば、人間関係が思わしくない状態になってきたとき、相手が自分に対して嫌なことをしてきたら自分が嫌いになるのではない、と考えてみるということです。

自分が嫌いになるという選択をしたからこそ、相手も嫌ってきたと考えるわけです。

すべては、自分原因論として、

・内部要因思考

で考えてみる、ということですね。

そう考えると、自分が変われば、相手も変わるという視点に立つことができます。

ちょっと想像してみましょう。

もし、私たちがどのようなタイプの人でも受け入れられることができるとします。

だとしたら、相手も私たちのことを受け入れてくれると思いませんか?

という前提にたつと、やはり変化させるべくは自分自身。

相手を変えることはできることはできないという原則に立ち戻るのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日の夜は、トライアスロンチーム「ポセイ丼」の決起集会に参加。

来週6月17日にバラモンキングに挑戦するチームメイトを激励。

全員の完走を祈願しました。

【募集中】
・6月14日 19:30〜21:30
「理想の1日」を実現する!「早起き習慣化セミナー」
〜毎日2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

激しい怒りの感情にどう対処するか?タイミングと適切な表出で吐き出しておくことが大事。

激しい怒りのような感情がわきあがってきたとき、どうすればよいのでしょうか? いろいろな対処方法はあると思いますが、ポイントは「ためこまずに表出させることが大事。でも上手に表出させること」です。 &nb …

第1次的な感情と第2次的な感情。大切にするべきは第1次的な感情。

感情には第1次的なものと第2次的なものがあります。 感情のトラブルを避けるためには、第1次の感情を上手に扱うことが大切です。   スポンサーリンク   目次1 帰りが遅くなった息子 …

「すごい人」との比較を手放そう。誰かの基準より、自分の内的なものさしを持つ。

あなたには、「あの人はすごい!」と思う人がいますか? さらに自分と共通点があると、その比較のダメージは大きくなるもの。 そのようなときは、視点を変えることがおすすめです。   スポンサーリン …

誰にでも良い顔をしてしまう自分をやめる。「八方美人」でいることのデメリット。

誰に対しても「良い人」であろうとすると、「八方美人」になります。 それは一見、花火のようにきれいなものかもしれません。 ただ、どこかで「八方美人」を抜け出さないと、自分の殻を破れないとも思っています。 …

「ギブ&テイク」が悪いのではありません。「ギブ&テイク思考」で考えなければいいのです。

相手に与える「ギブ」と、相手から受け取る「テイク」。 相手からの「テイク」を期待しないようにしましょう。   スポンサーリンク   目次1 「ギブ&テイク」がストレスにな …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031