【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

家族の習慣 思考の習慣

奥さんの愚痴を言っていた10年前の自分へ。いま伝えたい3つの苦言と1つの提言。

投稿日:2018/11/29

Pocket

誰にでも恥ずかしい過去はあると思います。

私の場合の「それ」は、「奥さんに対して愚痴を言っていたこと」です。(^_^;)

 

スポンサーリンク


 

「もっと奥さん理解があったら」と愚痴を言っている人

「もっと奥さんの理解があったら、もっと行動できるのに、、、」

「家族の将来のことを考えたら、今こそ夫に投資するべきなのに、なぜわかってくれないんだろう。。。」

「友人は、奥さんが自己投資に理解があるから、いろいろと動けて、うらやましいなぁ」

奥さんや子どもがいるから、自己投資とのバランスや時間の確保に悩む。

そこに悩んで、先述のような愚痴を言ったことがある人はいませんか?

いるでしょう、確実に。

少なくとも私は、その人のことをよく知っています。

・・・はい、10年前の私ですね。(笑)

当時は、けっこう本気で悩んでいたのです。

もちろん、今でも何でもOKになっているということはありませんが、10年前に比べたら、あきらかにストレスフリーです。

それに、今ならわかるのですが、私の周囲で奥さんやパートナーの愚痴や陰口を言って、うまくいっている人はいません。

いったいなぜでしょうか?

 

奥さんの愚痴を言っていた10年前の自分に伝えたい3つの苦言

その理由を、今の私の立場から、10年前の自分に向けて苦言を呈したいと思います。

 

1:奥さんの愚痴を言う人は、自己中心的である

愚痴や陰口を言ってしまうということは、「自分は正しい」と思っている証拠です。

思考の流れとすれば、

・自分は間違っていない
・だから、自分は変わる必要はない
・むしろ、相手が変わらなければならない

と思っているということですね。

自分の思いどおりに相手が動いてくれないから、愚痴や陰口になるのです。

相手の立場や状況に寄りそうのではなく、自分の期待を押しつける。

自分を変えることなく、相手だけに変化を求める。

自己中心的と言わざるを得ませんね。。。

 

2:奥さんの愚痴を言う人は、自分が説明責任を果たしていない

「うちの奥さんは理解がないんですよね」と愚痴を言っていた自分に言いたいです。

「理解がないと思っている人と結婚したあなたは、さらに理解力がないのでは?」と。(笑)

「理解力がない」と決めつけているのに、まだ結婚しているのですから、私自身の判断力がそれまでのものだということです。

しかも、「理解力がない」というのはあくまで自分の主観です。

状況や説明が十分であれば、理解してくれるものです。

実際、当時の妻が納得できなかったのも当然で、自信も実績もありませんでした。

加えて、説明もうまくできなかったのです。

完全な自分の説明不足。

それなのに、「自分をわかってくれない」と言うとは・・・。

実際、十分に説明責任を果たしたら、むしろ、うちの奥さんは、かなり理解があります。

 

3:奥さんの愚痴を言う人は、感情的にしか話せない

奥さんの愚痴や悪口を言う人は、たいてい陰で言っています。

ということは、奥さん本人に面と向かって言えない、ということでしょう。

これは、自分の意見や考えを相手に伝えることができていない状態なのですよね。

自分の立場からしか考えらずにクレームを言っているだけなので、相手が納得できるような説明ができないから愚痴になるのです。

本当に不満があるのなら、お互いの状況を変えるべく、客観的かつ生産的な対話する機会を持つことからスタートしましょう。

もちろん、話し合ったとしても、自分の意見が100%通ることはほとんどないかもしれません。

しかし、だからこそ、率直な意見を伝えあうということが大事なのだと思うのです。

「第3の案」が出てくる可能性も十分あるはずなので。

 

愚痴を言うことは非効率であり、非生産的だということ

さて、今回は「10年前、妻に愚痴を言っていた私に対して、今の私からメッセージを伝えるとしたら」という想定で記事を書いてみました。

しかし、これは、夫婦関係に限らないことなのですよね。

たとえば、

・会社に対して愚痴を言っている人
・家族の制限があって思うように複業ができないので愚痴を言っている人
・上司や部下に対して愚痴を言っている人
・人間関係や自分の環境に愚痴を言っている人

すべてに当てはまる部分があると思います。

ここにあるのは「被害者意識」です。

なにしろ、私自身が強く感じていたことですので。(^_^;)

うまくいっている人は、愚痴を言いませんし、主体性があります。

それは、愚痴を言っても何も生み出さないし、現実は何も変わらないことを知っているからです。

つまり、愚痴を言うことは、まったく生産性のない時間ということです。

時間、つまり自分の人生を大事にする人なら、そのような無駄なことはしないのですね。

 

提言:自分が変化できることを探していこう

では、愚痴を言いたくなったら、どのように対処すればいいのでしょうか。

私のおすすめは、

・自分はどう変化すればいいのか?

という質問を自分に問いかけることです。

相手に変わることを押しつけるのではなく、状況を改善するために自分がどのように変わればいいのか、ということを考えるのです。

名言もたくさんありますよね。

“過去と他人は変えられない。しかし、いまここから始まる未来と自分は変えられる。(エリック・バーン)”

“他人に変わって欲しければ、自ら率先して変化の原動力となるべきだ。(マハトマ・ガンディー)”

“健全な人は相手を変えようとせず、自分が変わる。不健全な人は相手を操作し、変えようとする。(アルフレッド・アドラー)”

どれも私が好きな名言です。

もちろん、だからといって相手の100%言いなりになれ、ということではありません。

相手の意見を聞き、相手が何を望み、何を恐れているのかを聞くことです。

そのポイントを探して、自分がやりたい方向性がマッチングするルートを探す。

すぐに正解は出ないかもしれません。

しかし、その試行錯誤のプロセスこそ宝なのですね。

もう一度、名言を噛みしめてみましょう。

“過去と他人は変えられない。しかし、いまここから始まる未来と自分は変えられる。(エリック・バーン)”

“他人に変わって欲しければ、自ら率先して変化の原動力となるべきだ。(マハトマ・ガンディー)”

“健全な人は相手を変えようとせず、自分が変わる。不健全な人は相手を操作し、変えようとする。(アルフレッド・アドラー)”

相手に「変わって欲しい」と願うのではなく、自分が変化できることや自分ができることを探していきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社を早めに退社できたので、帰宅前にカフェに立ち寄って書く仕事に集中。

予想より短時間で1項目が書けたので、自分でも驚きました。(^_^)

やっぱり耳せんの導入が良かったのかもしれませんね。

その流れで「ひとり戦略会議」も開催しました。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-家族の習慣, 思考の習慣

執筆者:

関連記事

自分だけでは課題解決が難しいときにおすすめ。多様な見方を生み出す4つの視点。

娘と公園をかけずりまわっているとき、ふとした拍子に「視点の違い」を考えました。 自分はひとりしかいませんが、工夫をすることで、多様な視点を持つことができるのです。   スポンサーリンク &n …

第1次的な感情と第2次的な感情。大切にするべきは第1次的な感情。

感情には第1次的なものと第2次的なものがあります。 感情のトラブルを避けるためには、第1次の感情を上手に扱うことが大切です。   スポンサーリンク   目次1 帰りが遅くなった息子 …

計画の間違いを教えてくれるのは「失敗」や「負け」という教師

先日、今年の願望に対して「計画」を考えていたら、いきなりハードルが大きいことに気づきました。 しかし、これを失敗や負けととらえないようにして、むしろ前進していくためにどう考えていけばいいのか、というこ …

成果を出す秘けつは「まねる」にある。すごい人たちが積極的に「まねる」理由。

あなたには、「お手本、ロールモデル、ベンチマークする人」がいるでしょうか? もしいるとしても、どれくらいのレベルで「まねる」ことをしていますか? 私のおすすめは、徹底的に「まねる」ことです。 &nbs …

「ありのままの自分」と「あるがままの自分」。基準にするべきはどちらの自分か。

「ありのままの自分」という言葉は誤解されやすい表現です。 何もしない自堕落な「ありのまま」ではなく、フラットで自然体になるための「あるがまま」の自分を意識していくことが大事だと思っています。 &nbs …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。