【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP

相手に気持よく動いてもらうために、選択肢の数を3つ用意しておくべき理由。

投稿日:2018/08/30 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

相手に気持よく行動にうつしてもらうための選択肢の数は、「3つ」だということをご存じでしょうか?

最適な選択肢の数を意識しておくだけで、コミュニケーションがスムーズになることがあるのです。

 

スポンサーリンク

 

友人コーチが提示してくれた選択肢の数とは?

先日、コーチの友人とランチの相談をやりとりしていて、「さすがだな」と感じたことがありました。

それは、ほんのちょっとしたことなのですが、

・ランチの候補日を3つ提示してくれた

ということです。

これはコーチならでは・・・というほどのことではないかもしれませんが(笑)、「人が選択しやすい選択肢が3つだということを理解している」ということです。

さて、その流れでいうと、相手に行動を起こしてもらうための最適な選択肢の数は、「3つ」なのです。

たとえば、先の友人のように相手に対して日程の候補をうかがうとき、

・9月1日午後
・9月3日午前
・9月7日午後

のどれがいいですか、という風に、3つから選んでもらうのがスマートな提示のやり方です。

選択肢を3つにしぼることによって、何度もメールやメッセンジャーをやりとりすることなく、たいていは1回で結論が出るようになるのですね。

 

選択肢は「広げる→選んでもらう→深める」

選択肢を3つにしぼることは、コーチングセッションでもよく使われる手法です。

コーチングセッションでは、クライアントが掲げる目標に対して、複数の行動案やアイデアをあげてもらうことが多いです。

コーチングセッションの流れは、

・ゴールに対してクライアントさんができる選択肢を広げる

・クライアントとの対話で選択肢をしぼる

・しぼった選択に対して行動をデザインする

という3ステップがあります。

これは心理学の選択理論にもとづいています。

このとき、まず大事なのが、

・選択肢を広げる

という部分。

ここで、選択肢を3つあげてもらうことがポイントなのですね。

「3」という数字はマジックナンバーと言われており、このような場合に本当に有効です。

マジックナンバー「3」は人間関係にも通じる絶妙な数字。会話がはずむ「3人ごはん」のすすめ。

要は、選択肢を3つにしぼることで、相手からのリアクションを得られる可能性が高まるということなのです。

これは、あなたが相手にアポをお願いするときにも活用できます。

相手が多用な方であれば、日程を複数提示する必要があるでしょう。

そのようなときこそ、日程の候補を3つあげるのがコツです。

もしくは、新規のお客様に訪問する際にも適用できますね。

それとは逆に、私が新人営業マンだったときに、反対のミスをおかしたことがあります。

お客様にアポイントメントをとる際に、相手の都合を配慮するあまり、「いつなら大丈夫ですか?」とか、「できるだけ御社の都合に合わせたいと思います。」というように、かなり曖昧な尋ね方をしていました。

すると相手はどうなるでしょうか。

実は、良かれと思ってざっくり聞いたのに、相手は選択肢がありすぎて、逆に決めにくくなるのですね。

「来月なら空いてますか?」と尋ねたとしたら、営業日だけで20日以上あるわけです。

普通、20個も選択肢があったら、何を選んで良いのかわからなくなりますよね。(^_^;)

 

3つの選択肢で決断をスムーズにする

心理学の実験でも、選択肢の多さが人の決断力を鈍らせるという実験結果が出ています。

選択肢が多いのは、選択の自由が増えることですから、決して悪いことではありません。

ただ、そのメリットの一方で、選ぼうとしている相手に対して、行動を鈍らせる可能性も高まるということなのですね。

とはいえ、今度は1つに決めつけてしまえば、相手は窮屈さを感じるでしょうし、場合によっては不快感を与えることになるでしょう。

仮に2つにしたとしても、「0か100か」ということとなり、選択の自由を感じにくいです。

逆に4つ以上になると、多すぎる感じがしてくるものなのですよね。

このように考えると、「これにしたらどうですか?」と狭めるのもだめで、「どれでもいいですよ」という広すぎる選択肢を相手に投げるのもあまり良くないわけです。

ですから、3つにしぼって相手に選んでもらうのがおすすめなのです。

そうすると、選択肢が絞られているので、相手が回答しやすくなります。

その結果として、相手にしてみれば、

・ある程度、選択の自由を感じる

・「自分で選んだ」という主体性を感じられる

・優劣をきちんと比較した

というように、納得感を持って選択できます。

そのようにして選択すると、主体性を感じられます。

ですから、行動を起こしていくモチベーションが高まるわけです。

コーチングでは、このような人間心理から、クライアントから3つの選択肢を引き出すように心がけているのです。

この心理の流れを活用すると、クライアントが優柔不断なタイプであっても、行動を起こす可能性が非常に高まるのですね。

さて、あなたにも、仕事や子育てで、相手に行動を起こして欲しいときがあるのではないかと思います。

そのようなとき、今回ご紹介した3つの選択肢の提示を活用してみましょう。

3つの選択肢から相手に選んでもらうことによって、行動を促すことにつながりやすくなりますので、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで継続クライアントさんとのコーチングセッション。

クライアントさんは、私とミッションを深めていくうちに、過去に感じていた重要なできごとを思い出されていました。

また、「恥ずかしくてこれを言うのがためらわれるんですが・・・」と言いつつも、本音を率直に伝えてくださいました。

こういった「自分でも無視してきた本心を言葉でアウトプットする」と起きるのは「気づく」ということ。

見失っていたものを取り戻すというのは、とてもとても大事な価値だと思っています。

こういう瞬間があるから、コーチングが大好きなんですよね。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP

執筆者:

関連記事

皇居ラン&コーチング。「心・技・体」のすべてが充実する極上の二毛作。

昨日は、年下の友人Mさんからお誘いを受け、仕事帰りに皇居ランにいきました。 友人からの提案で、ランニングしながら簡単なコーチングを行いました。 やってみて分かったのですが、実に楽しかったのです。 結果 …

本当に相手の成長を願うなら、持つべきは本音ベースの勇気あるフィードバック。

相手に苦言を呈することに、ためらってしまうことはありませんか? 私は、どれほどあきらかに間違っていようが難しいです。(^_^;) それでも、意識して、できるだけ事実を伝えようとしています。 &nbsp …

「この話題、切り出しづらい・・・」と思ったら、「枕詞のフレーズ」を使ってみよう。

いきなり本題に入ることが良しとされるケースはあります。 しかし、相手にマイナスなことやネガティブなことは、正面切ってはっきり伝えることがためらわれるケースもありますよね。 そのような状況では、「枕詞の …

あなたのチャレンジに価値を見いだすために。「失敗を資産に変える4つの質問」とは?

昨日、友人のプロコーチ・森田よしかずさんと早朝のワークショップ(体験型学習会)を開催しました! ・・・が、残念ながら当日キャンセルが出てしまい、ご参加はゼロ。。。(^_^;) と言っても、この程度では …

考えているのか、感じているのか。あなたは自分が「感じていること」をうまくキャッチできていますか?

「考える」と「感じる」。 一見似たような言葉ですが区別しておいたほうがいいと思っています。 私たちは感情の生き物なので、「感じる」ことにもっと意識を注いだほうが良いと思っているからです。   …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930