【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

子どもの旅行の思い出を短時間で理解できる!私が息子に問いかけた3つの質問。

投稿日:

Pocket

あなたは、お子さんが旅行から帰ってきたら、どのようにして旅の印象を確認していますか?

今回、私は良い質問を考えた(自画自賛・笑)ので、ぜひご参考くださいませ!

boy-746520_640

 

スポンサーリンク

 

息子が東北への修学旅行から帰宅

中学2年生の息子が、2泊3日の修学旅行から帰ってきました。

今回の修学旅行の行き先は、東北地方。

単なる観光的な旅行ではなく、被災地の支援のためのボランティア活動をする目的でした。

息子たちは、実際に被災地を目にし、被災者の方の講演を聞きました。

山に登り、植樹するために清掃活動や環境整備を行いました。

資料館に行き、多くの展示物を見ました。

1日目から3日目まで、息子から全体の話を聞きました。

 

私が息子に尋ねた3つの質問

コーチングをしようと思っていたわけではありませんが、息子の話を聞きながら、私はどうしてもポイントを探りたくなってしまいました(笑)。

質問は3つまでにしようと思いながら、息子に聞いたのは、以下の3点でした。

(1)今回の修学旅行でもっとも印象に残ったことって何?

(2)修学旅行で学んだ大切なことを1つだけあげるとしたらどんなこと?

(3)修学旅行の後、自分の行動や考えかたはどんなふうに変わる?

息子は少し考えながらも、1つひとつの質問にしっかりと答えてくれました。

そして、全体をざっと聞いたときよりも、息子が感じたこと、思ったことが、私により明確に伝わってきたのです。

 

全体俯瞰から質問よってポイントを明確にする

最初に全体を俯瞰するのは、どんなときでも大切です。

しかし、すべてを覚えきれるわけではありません。

そこで、焦点をあてる質問をして、より感情や行動に影響を与えた点を探ってみる。

このようにすることで、全体像が立体化できましたし、印象がクリアになりました。

せっかくなので、息子の回答を残しておいて、私の記憶と記録に残します。

————————————————————

(1)今回の修学旅行でもっとも印象に残ったことって何?

→これは、高台から被災地を眺めたとき。
  写真を見せてもらったんだけど、以前は住宅地だったんだよ。
 でも、今は何もない。
 まばらに、家は残ってるんだけど、とても住宅地なんて感じじゃない。

(私)「どんな音が聞こえた?」

→とても静かなんだよ。
 復興の工事をしていたり、工事なんかもあるにはあるんだけど、、、なんだか人の活気を感じられない。
 雑音はあるんだけど、俺の耳に全部は入ってきてなかったのかもしれない。

 

(2)修学旅行で学んだ大切なことを1つだけあげるとしたらどんなこと?

→海ぞいに住むのはぜったにやめたほうがいいってこと。
 たとえどんなに景色が良いところに住んでも、それが命より大事なことだとは思えなかった。

 

(3)修学旅行の後、自分の行動や考えかたはどんなふうに変わる?

→具体的な行動はすぐには思いつかないけど、、、なんだろう。
 俺ができることは、「今回の体験を忘れない」ってことかな。
 きっと、そういうことなんだと思う。

————————————————————

 

いかがでしょうか。

息子にとって、今回の修学旅行がどのようなものだったのか?

上に記した3つの質問と回答で、あなたに伝わるでしょうか?

これに答えると、修学旅行の感想文でも役立ちそうです(笑)。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

ということで、仕事を終えて久しぶりに息子と対面。

なんだか、たった3日間で顔つきが変わっているように感じました。

私の質問に対しても、ポイントをついた良い回答をしているし、成長しているんですよね。(^_^)

それにしても、今回気づいてしまったのですが、私がコーチングが好きな理由が1つ分かりました。

質問に対して、相手が少し考えますよね。
その後、「あっ!」って思いついたみたいに話し出す。

その感じを見るのが嬉しいのです。

これもコーチとしての資質の1つかもしれません。

 

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

「本当はやりたくないことなのに、やりたいと思い込んでいる」問題への対処法。

頭では「やりたい」、でも体が「動かない」という悩みをよく聞きます。 そのような状態のときは、戻る場所を決めておくことがポイントです。   目次1 本当はやりたくないことを、やりたいと思いこむ …

アドラー心理学の「幸せの3つの条件」とは?条件をみたすために、まずは自分を受け止めよう。

昨日は、平本あきおさんの「コーチングLIVE」を観に行きました。 ライブの最後に平本さんが語ったことが印象的だったので、備忘とお勧めのワークを記事にしました。   スポンサーリンク &nbs …

夢や大きなやりたいことのような長期的なプロジェクトでモチベーションを切らさずに続ける方法。

夢や大きなやりたいことだと、どうしても長期的なプロジェクトになりますよね。 どのようにすればモチベーションをキープして、なるべく遅延をおこさずに前進できるのでしょうか?   スポンサーリンク …

自分の商品メニューやサービスをつくるコツは、対象者を「過去の自分」に設定してみること。

先日参加したセミナーで、「伊藤さんは、週末起業の1番最初のメニューを、どんな風に考えてつくったんですか?」と質問を受けました。 私は、「過去の自分に向けてつくりました。・・・考えてみると今も同じですね …

目標設定したのに動けないときは「ゴールを達成したら、自分が手にするものは何か?」を考えてみましょう。

目標やゴールを設定しても、うまく動けないときがありますよね。 その理由は、ゴールのその先に得られるものをイメージしきれていないことにあります。   スポンサーリンク   目次1 コ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。