【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

会話が苦手。。。その悩み、「聴く」ことに徹するだけで解決します

投稿日:

Pocket

どのようにしたら、面白い話ができるのか?
落ち着いた感じで会話するためにはどうすれば良いのか?

コーチングを習ってからよく分かったのですが、話し方で困っている人は多いものです。

human-763156_640

 

 

良い会話の秘けつは聴き方を意識すること

woman-791874_640

セミナーなどで、「自分は社交的じゃないし、話すことがあまり得意ではないのです。」という人にお逢いすることがあります。

そのようとき、私がまずお勧めなするは、「聴き方を意識する」ということです。
会話は、聴きかたが上手な人がいるだけで、十分成立するものです。

大切なことは、会話をしている相手に「よく話を聴いてくれる人だな」「自分は大切に思われているみたいだな」といった感じを与えることです。

必ずしも、あなたがユーモアにあふれた話をしなければならない、というものではないのです。

 

なぜ、正論では課題解決しないのか?

right-238370_640

コーチングをしていると、悩みを聴く機会が増えます。
会社や家庭の人間関係など、いろいろな課題を聴きます。

そのようなとき、私はとにかく聴くことを徹底します。
割合でいえば、基本は8対2、状況によっては9対1程度の感覚です。
できるだけクライアントさんに気持良く話していただき、聴くことに徹するのです。

このとき、私が「こんな風にすれば良いのではないですか?」とアドバイスしても、相手の課題解決にはなりません。
つい、自分なりの回答を言ってしまいたくなるときはあります。

しかし、それだと、答えは相手には届きません。
「あなたの言うことは正論かもしれないでも、、、」という感じで、腑に落ちないのです。
そして、他人から与えられた解決策というのは、往々にして、実行されずに終わります。。。

このようなとき、話している相手が求めているのは、たいてい解決策ではありません。
自分が抱えている気持に共感して欲しいのです。

 

相手が伝えたい本音を探る

minions-363019_640

会話がうまく成り立たないのは、話し手が本当に伝えたいことを、聴き手が「聴いているようで聴いていない」という状態だからです。
この齟齬によって、コミュニケーションのトラブルが起きます。

聴き手は、相手の会話を聞いているつもりで「次に何を話そうか、、、」ということに頭がいっぱいになっているときがあります。
そうなると、やはりうまく話せないものです。

しかし、面白い話をしなくても、品のある会話をしなくても、好感を得る方法はあります。

それは、「相手の伝えたいことは何だろうか?」と考えてみることです。

そのようにすると、頭を悩ませなくても、自然に質問や確認したいことが出てくるはずです。

会話がうまい人というのは、このようなコミュニケーションが自然にできている人です。

まずは、相手の話に共感して、本音に耳をかたむける努力をすること。
そこから、中身のある会話が始まります。

ぜひ、意識してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日は午前中にコーチングセッション。

早起きのスキルを3カ月でみごとに定着させた将来有望なクライアントさんです。

今回、継続してコーチングをお申込くださったので、新たな作戦会議をしました(笑)。

セッションで出てきたアイデアは興味深いものでした。
3カ月後が楽しみなプロジェクトです。

Iさん、引き続きよろしくお願いいたします!

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

ゴールに向かうための「数値目標」+「得たい感情」にリアリティーを持たせる3つの方法。

ゴールを目指すためには、数値目標だけではなかなか人は動けません。 やればいいことは、頭ではわかっているけれども、行動に転化できないのです。 ですから、「人の感情」というパワーを使っていきましょう。 & …

私がアドバイザーを選ぶ3つのポイント。実践者・スタンス・状況把握という基準。

行動力を高め、継続力をキープするためには、私は自分ひとりの力ではとても無理なので、アドバイザーの力を借りています。 そのため、「誰にアドバイスを求めるのか?」ということを非常に重要視しており、選ぶ基準 …

自分のスキル・能力を高める目標は、現在の自分を基準にしない。

イメージしただけで思わずワクワクしてしまう目標とはどのようなものでしょうか? それは、自分の内側から湧き上がってきた「想い」をともなうものであり、「現在の自分」を棚上げした目標でしょう。   …

「好きなこととパートナーシップの両立」のために実践している5つの習慣

昨日は、いま話題になっている「Clubhouse(クラブハウス)」のトークルームに参加しました。 そこで「パートナーシップ」を良好に保つための5つの習慣についてまとめてみました。   目次1 …

無力感から抜け出すための方法。無力感の3つの要素をクリアする。

ときどき無力感を味わうタイミングがやってきますが、嫌なものですよね。 なるべく早く脱出するためにはどうするか。 私が取り組んでいる無力感から抜け出すための方法を記事にしました。   目次1 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。