【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仮説

守りすぎてもつまらない。攻守のバランスは10%のオフェンスモードを意識。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

仕事でも、プライベートでも「攻守のバランス」を考えることは重要ですよね。

では、攻めと守りのバランスは、どれくらいがベストなのでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

野球における攻守のバランス

高校野球で甲子園がはじまっていますね。

小学生時代と大学生時代、野球にかかわっていた私としては、この季節はどうしても気になるものです。

いつも思っているのですが、野球というスポーツには不思議な部分があります。

それは、「攻撃中なのに、選手たちがベンチに座っている」ということです。

ほかのスポーツ、たとえば、サッカーやバスケットボールだったら、攻撃中に休んでいるなんてありませんよね。(笑)

だからこそ、「草野球」の愛好家が多く、歳をとってもできるスポーツなのだと思います。

その野球を、攻撃と防御の割合にしてみると、

・オフェンスモード:10%
・ディフェンスモード:90%

くらいなのではないでしょうか。

自分がバッターボックスにたてるのは、3時間の試合の中で長くても15分くらいだからです。

この割合、じつは意外と良いバランスなのではないでしょうか。

理由は、私たちの人生にも通じるバランスだと感じるからです。

 

守るべきものが増えるとディフェンスモードになる

先日、同年代の友人とランチをしていて、ふと意識したことがあります。

40歳を超えると、相当強く意識しておかないと、いつの間にか「ディフェンスモード」に入ってしまうのではないかということです。

守るべきものが、徐々に増えてくる年代なので、

・会社での立場
・家族の生活
・家のローン(私はありませんが)
・子どもたちの習いごとや学費

など、いろいろと重くのしかかってきます。

そうなると、仕事でもプライベートでも、無難な選択をしがちになります。

やったことは、たとえ失敗しても、
二十年後には、笑い話にできる。
しかし、やらなかったことは、
二十年後には、後悔するだけだ。

という、マーク・トウェイン氏の名言がありますが、そのような名言を持っていても、新しくチャレンジには、ためらいが出てきてしまうのです。

もし、現状にとどまれば、20年後に、

・好きなことをもっとやっておけばよかった
・なんでもチャレンジしておけばよかった
・無難な勝ちパターンにとらわれず、もっと自分を信じて行動すればよかった

といった後悔をすることでしょう。

友人に「伊藤さん、行動してますね」と言っていただいたのは嬉しかったのですが、新しいことにトライしたいという気持がある一方で、

・どうしても失敗を恐れてしまう気持
・無難にやりすごしたい気持
・いつもと同じでいたい

という気持もあります。

結果、「変化しないことを選択してしまう」という現実があるわけです。

これはほとんどの人が頭ではわかってることかもしれませんが、体がついてこないのです。

そのようにして、「ディフェンスオード」に入ってしまうのですね。

40代にもなると、仕事のポイントや組織での立ち回りもある程度できるようになりますから、全力で取り組まずとも、過去の蓄積や経験でこなせてしまうことも出てきます。

ですから、なおさらタチが悪いんですね。。。

 

動けないときは「10%のオフェンスモード」を意識する

私はコーチとして、クライアントさんに対して、

・チャレンジしましょう!
・トライしてみましょう!
・勝負してみましょう!

とご支援することが仕事です。

それなのに・・・いざ自分をふり返ると、まるで金縛りにあってしまったように動けなくなることがあるのですよね。(^_^;)

実際、トライしてみたところで、失敗すればショックを受けますし、恐怖心が浮かんできます。

そのような気持が生じてくると、やはりそう簡単には踏み切れないものなのです。

それでも、行動なしには変化しませんし、変化なしには成長がありません。

それならば自分へのセルフトークを持ち、鼓舞して「オフェンスモード」をたちあげていく必要があるのです。

その際に、イメージしたのが、野球の

・オフェンスモード:10%
・ディフェンスモード:90%

という攻守のバランスなのです。

実際、最近の私自身は、自分なりに行動量をあげています(現時点では)。

私の中では、「この夏は攻めよう!」という意識があったとしても、すべてオフェンスモードでいくわけにはいきません。

やはり日頃のタスクやルーティーンがあるからです。

そうなると、これはあくまでも私の感覚ですが、感覚的にはオフェンスモードは10%程度です。

しかし、たとえ10%程度だとしても、私の気持ちと行動の中に攻める気持があればこそ、友人に「動いている」と言ってもらえたのだととらえています。

「チャレンジしましょう!」と言われると、つい大きなことをしないといけないと思ってしまいます。

ただ、

・9割守りでいいですよ
・でも、10%は攻めましょう!

と言われたら、私はよけいな力を抜いて、行動ができる感覚になりました。

そのように考えると、新しいことや挑戦してみるというのは、日々の中の10%くらい実行するくらいで良いのではないかと思うのです。

たった10%でいいと言われると、楽になりませんか?(^_^)

90%は守り、つまりこれまでのルーティンを変化させなくていい。

それでも、10%は攻撃的にオフェンスモードで攻める。

そのような野球の攻守のバランスを意識してみてはいかがでしょうか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、「習慣化の学校」のメルマガを執筆。

その後に、「ひとり会議」を実施。

ひとりビジネスでの新しいアイデアらしきものがおりてきました。(^_^)

【募集中】
2017年8月17日開催:【これで続けられる!「良習慣の見つけ方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜】

2017 年8月24日開催:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

2017年9月7日開催:毎日目標を達成する!「1年で100個のやりたいことを達成する!」ワークショップ

2017年9月14日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガはじめました】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

▼登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-仮説

執筆者:

関連記事

負けグセ追放。目標達成を習慣づけるために私がとった戦略。

社会人になると、自分の不得意分野でたたかう勝負が多くなります。 勝負なので、毎回勝ち続けることは難しくとも、せめて負け続けないような工夫をしたいと考えています。   スポンサーリンク &nb …


進むべきか、退くべきか。その判断は自分の「直感」にしたがってみる。

大人になると、どうしても「理性的な判断」で物事を考えがちです。 ロジカルに考えることは必要ですし、まったく悪いことではありませんが、自分にとっての正解は、「直感的な判断」から生まれることのほうが多いの …


自分の「常識、思いこみ、パラダイム」をより良いものに変化させ続けましょう!

今朝は人生で初めてのチャレンジをしました。 といっても、出勤前に散髪に行っただけですが。(笑)   【告知:早起きセミナー開催いたします。下記のURLよりお申し込み受付中です!】 ————— …


凡人が信用や信頼を得るためには、何をすれば良いのか?

凡人が評価や信頼を得るために必要なことは何でしょうか? それは、やはり「続けること」だと考えています。 続けられることというのは、あなたにとっては当たり前のものであり、ほかの人からみれば、 ・小さなこ …


「アメとムチ」はもう古い?ワンランク上の「アメとアメなし」コミュニケーションで考えよう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 昨日の記事でご紹介したこちらの本。 【本日のお勧め本】 メリットの法則――行動分析学・実践編 (集英社新書 …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031