【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

アイデア、ひらめき、気づきを得る。1人に煮詰まったら対話をしてみよう。

投稿日:2016/08/23

Pocket

ひとり会議の時間はとても大切です。

その一方で、ひとりで思索を深さ深める行為に行きづまりを感じることもあります。

このギャップをうめるために有効なのが「対話」だと考えています。

人は、対話によって自分の思考をアウトプットしています。

それによって、自分でも自分の考えを認識して整理できるからです。

0a2ebd87c870b69096430d2b5233d353_s

 

スポンサーリンク

 

人間の潜在的な部分を引き出す方法

コーチングの継続クライアントSさんから、残暑見舞いが届きました。

Sさんは、はがきを書くことに興味を持たれているのですが、はがきに1枚の中に気配りや配色の気づかいがあり、はがきというツールの奥深さを感じました。

さて、そのはがきの中に、「いつも私の潜在的な部分を引き出してくれてありがとうございます」と書かれていました。

この文章に、私はグッときました。

潜在的な部分を引き出すことこそ、コーチをやとう意味があるからです。

表面的な部分をさらっとなでるだけなら、自分ひとりでセルフコーチングをやれば良いのです。

ただ、1人でセルフコーチングをする場合と、コーチとクライアントが2人でコーチングセッションをやる場合では、やはり気づきの深さや角度が変わります。

なぜなら、そこには「対話」があるからです。

 

アイデアはアウトプットすることによって具現化される

私たちが普段目にしているものは、アイデアが形になっています。

最初は人の頭の中にしかなかったものが、対話やディスカッションを重ねることによって徐々に具現化されたわけですよね。

たとえば、MacのようなPCやiPhoneのようなスマートフォンは、1人の頭の中にあったものがアウトプットされたのです。

形のないものがアイデアになるときは、会話そのものの中で出てくるときもあれば、会話が刺激となって後のひらめき、気づき、アイデアになっていくのです。

そこに至るまでに有効なのが、対話なのですね。

それでは、なぜ対話は大切な役割を果たしてくれるのでしょうか?

それは、対話1つの大きなメリットに「自分の考えを知る」というものがあるからです。

対話において、私たち人間は相手に自分の考えを伝えます。

そのとき、相手に話しながら同時に、自分自身にも話しているのと同じことになるのです。

そのため、話している最中に違和感に気づいたり、「あっ、口に出してみると思っていたほどではなかったな・・・」という瞬間があるのですね。

つまり、対話というのは、相手に情報を伝えるという目的のほかに、自分自身が「いま、何をどのように考えているのか?」ということを知るという目的も存在しているのです。

 

安心感の中にある対話から前進するパワーを得よう

アイデアやひらめきは、1人のときに思い浮かぶものがあります。

それと同時に、1人で考える限界というのがあることも事実。

アイデア発想法の本を読むと必ず「2人以上で対話する」というアプローチが紹介されています。

1人でじっくり施策を深めることも大切なのですが、コミュニケーションによって生まれるアイデアも同時に大事なのですね。

人は、自分の内側の情報を外に出さないことには気づくことさえできないのです。
(これは、書くことによる効果もありますが、また機会をあらためます。)

私自身がマイコーチにセッションを受けていて感じているのですが、コーチはクライアントさんの考えや頭の中の整理を手伝う、ということだけでも存在価値があるといえます。

批判はされませんし、存在そのものを認めてくれているので、安心感の中で好きなことを話せるのです。

ちょっと恥ずかしい話ですが、ほかの人にはあまり言えないような自慢話でさえ、喜んで聞いてくれます(笑)。

そのようにして自分の頭がからっぽになるまで話すと、不思議と次のアクションに向けてやる気がでるものです。

あなたも、アイデアに詰まったり、壁を乗りこえるために視点を広げたい、という状況にあれば、ぜひ安心感の中で対話することをおすすめいたします。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

ひとり会議を終えて帰宅すると、娘の翌日のお弁当用のフルーツがないということが判明。

夜に自転車を走らせたのですが、コンビニにはなかなかなく、4店舗もまわってしまいました。。。

最終的に24時間営業のスーパーまで行くことになりましたが(笑)、無事にカットフルーツの盛り合わせを買うことができました。(^_^)

30分くらい自転車をこいだので、良いトレーニングになりました(笑)。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

コミュニケーションの言葉を英語で理解して、対話力の向上に磨きをかける。

・「聞く」と「聴く」 ・「見る」と「観る」 など、同音で似たような意味をもつ言葉。 このような言葉を区別して、英単語の意味から理解しておくことは、コミュニケーション力の向上に有効です。   …

「聴く」スキルは日常会話でも鍛えられる。相手の「言外の想い」を聴き取れるレベルを目指そう。

コミュニケーションの達人は、「聴く」スキルが抜群にうまいものです。 コーチングスキルの「聴く」を日常会話でトレーニングしてみましょう。   スポンサーリンク   目次1 コミュニケ …

相手に気持よく動いてもらうために、選択肢の数を3つ用意しておくべき理由。

相手に気持よく行動にうつしてもらうための選択肢の数は、「3つ」だということをご存じでしょうか? 最適な選択肢の数を意識しておくだけで、コミュニケーションがスムーズになることがあるのです。   …

あなたの認めかたは間違っているかも?アクナレッジメントを使って「We」のスタンスで到達点を表現しよう

「聴く」だけでなく、「認める」こともスキルだってご存じでしょうか? そして、「認める」ことにも受け入れられやすいテクニックがあるのです。     目次1 「アクナレッジメント」とは …

活動実績が少ない不安から抜け出すために、行動面・マインド面で考えておくべきこと。

先日、友人の後輩コーチから「認定をとったのですが、なかなかセッションすることができません・・・」という相談を受けました。 これはルーキーコーチは多かれ少なかれ誰もが通る道ではあるのですが、そのようなと …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら