【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ダイエットの習慣

ダイエットしたのにリバウンドしそう。。。現状でできうる工夫を考えてつねに最適化する習慣。

投稿日:2015/12/25 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

最近、ありがたいことに、コーチングセッションや初対面の方に面会依頼をいただくことが多いです。

そうなると失われていくのは、私の場合、運動の時間です。

そして、増える体重。(^_^;)

どうにかして、この流れを止めなくてはなりません。

忘年会シーズンで同じような悩みを抱えてる人もいるのではないでしょうか?

そこで、現状、私が取り組めることを考えてみます。

belly-2473_640

 

スポンサーリンク

 

生活習慣が変わると、当然身体にも変化があらわれる

「運動しなくていいほど、忙しい人はいない」とは、「7つの習慣」のフランクリン・コヴィー氏の名言です。

確かに、運動は大切ですが、人との約束より優先できるかというと、「わかっちゃいるけど・・・」という感じになってしまうのですよね。(^_^;)

もちろん、私個人の活動での優先順位1位はコーチングですから、ある程度運動の時間が失われることは仕方ないことです。

習慣化に投資できる時間は有限。

何かをとれば、何かを差し出す必要があります。

そのように自分の中で割り切っていますので、不満があるわけではありません。

ただ、、、体重が少しずつ増えていくのですよね。

今年のはじめに7.5キロのダイエットに成功しました。

しかし、3キロほど戻ってきてしまいました。。。

この流れを止めたいわけです。

 

目に見える成果がすぐに出ないときが耐えるタイミング

習慣は、達成感を感じ続けることが重要です。

たいていの人が、目標を習慣化する前に挫折してしまうのは、目標を達成するというゴールが遅れてやってくるからです。

習慣化したい行動を続けていても、望む結果に確実につながるかはわかりません。

たとえば、ダイエットをするために食事制限をしたり、運動をする。

これで、すぐに体重が減れば良いのですが、現実は簡単ではないのですよね。

そのため、「このまま我慢を続けていても、やせないんじゃないか・・・」という感じで、太ったままの自分をイメージしてしまいます。

がんばっているのに結果が出ないため、苦痛を感じ、運動をさぼったり、挫折してしまうのです。

 

「ちょっとがんばりが必要だけれど、できそう」レベルのシンプルルールをつくる

このような状態での打開策は、小さな達成感を味わい続けることです。

「これなら、ちょっとがんばれば楽勝」くらいのレベルをうまく設定するのがコツです。

私の「ダイエット」でいえば、下記の3つを毎日の習慣にしてみることにしました。

(1)毎朝、体重と体脂肪率をはかり、日記に記録する

朝のシャワー前後のルーティンにします。

(2)ランチは500キロカロリー以内に抑える

メニューは限定されますが、工夫してのりきります。

(3)万歩計をつけて1日最低でも8000歩を歩く

営業の外回りがないときでも、駅からのルートを工夫して、8000歩を歩きます。

 

ご覧のように、ジョギングのような運動はありません。

そして、ルールをシンプルにしました。

まずは、3ヶ月試してみます。

以前のように、運動ができればベストなのは理解しています。

しかし、状況が変化して、思うように時間が取れなくなったときにどのように工夫をするのか。

その工夫の力こそ、習慣化にとって非常に重要。

今の自分がおかれた状況でできるとしたら、どのような工夫ができるか考えてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日はクリスマス・イブでしたね。

我が家のクリスマスパーティーは、家族の予定で25日ですが、ピニャ・コラーダを買って帰り、妻と2人で乾杯しました。

実はクリスマス・イブは夫婦の交際記念日。

つき合ってから18年目を迎えます。(^_^)

【お知らせ】
2016年1月20日(水)【第16回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第16回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー 2016年1月13日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【チャレンジ中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-ダイエットの習慣

執筆者:

関連記事

ダイエットの専門家に学ぶ!なぜ、ダイエットすることを忘れたほうがうまくいくのか?

  こんにちは、伊藤です。 ぼくがセミナーを受講したダイエットセラピストでありベストセラー作家である小林一行さんのブログに共感しました。   photo credit: Raisa …

ダイエットに取り組む2つの意義。メリットを考えて継続する意識を高める。

ダイエットに取り組む難しさを感じています。 そこで、ダイエットに取り組む意義をあらためて考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 やはりダイエットは難しい2 自分の行動を …

早起きにもダイエットにも共通する大切な習慣!十分な睡眠時間を確保してセルフマネジメント力を高めましょう。

こんにちは、伊藤です。 本日は週末恒例の早起きネタです。 というより「睡眠とダイエット」ネタですね。 あなたは、睡眠不足と肥満には深い関係があることをご存知でしょうか?     目 …

ダイエットのための「運動が続かない」人へ。続けるコツは日常生活の中にあります!(ダイエットの習慣)

  こんにちは、伊藤です。 前回まで3回のエントリでご紹介してきました「ダイエット習慣に訪れる4つの挫折ポイント」を克服するシリーズ。 ダイエットの4つの挫折ポイントとは、 (1)飲み会があ …

良習慣が「選択の変化」をつくり出し、理想の自分へ舵をきる土台になる。

「今の自分における良習慣は何か?」と考えながら、取り組む習慣を考えることがおすすめです。 その良習慣は、自分の意識を高めるものであり、寝る前に「今日1日の行動は、未来のありたい姿に近づくものだっただろ …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30