【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

細かいことを気にしてくよくよしているなら、内側と外側からとらえ直してみましょう。

投稿日:2018/12/16 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

小さなことに感情がゆれてしまうこと、ありませんか?

そのような感情は、2つの方向からとらえ方を変えていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

「細かいことが気になって落ち込む」のは弱みなのか

「なんで、こんなに細かいことが気になっちゃうんだろう・・・?」

このようなこと、思ったことはありますか?

私は、こう見えて(?)、思ったことがあります。

というより、以前はけっこう頻繁にありました。

そのようなとき、思うのですね、「メンタル弱いなぁ」と。

「こんなに細かいこと気にしてたり、ちょっとしたことで落ち込むなんて、人としてダメなのでは?」とも。

しかし、そういった弱みも、とらえ方次第では強みに変わります。

 

「弱み」を内側からとらえ直す

弱みのとらえ方を変えるのは、内側と外側、両面からのアプローチが必要です。

まずは内側。

小さなことが気になったり、落ち込んでくよくよしてしまうときは、

・私は感受性が豊かなんだ

と思うようにしましょう。

小さなことやほかの人が気づかないようなことに気づくというのは、強みです。

ですから、多少は開き直って(笑)、「感受性が豊かという強みだ」ととらえ直すのです。

このとらえ直しができると、第1ステップは完了。

この時点でだいぶ生きやすくなります。

それに、メンタルが弱くて繊細な人ほど、人の心の痛みがわかるものです。

そして、その痛みは、誰もが持っているものなのですね。

ですから、自分が直面した不安や怖さ、そこに直面してきた経験は、大きな資産です。

実際、私はコーチという仕事をするようになり、「私は感受性が豊かなんだ」ということが、逆にメリットになりました。

クライアントさんが抱える不安や怖さ、そこに共感することができるからなのですね。

ほかにも、ブログやメルマガを書くときも、「私は感受性が豊かなんだ」という思い込みが効果的なのです。

ですから、小さなことで落ち込んでしまう人は、その性格が役立つことがあることに自信を持って大丈夫です。

 

「弱み」を外側からとらえ直す

次に、外面の変化。

ここでのおすすめは、

・ほかの人に対するイメージにギャップをつくること

です。

ほかの人からの印象を変えることで、自分と相手の認識を上書きしていくということですね。

たとえば、あなたが「内気で怖がり」というイメージを持たれているとします。

このままでも悪くはないのですが、生きていくためにはタフさも必要ですよね。

ですから、

・繊細さもあるけれど、タフな1面も持っている

という側面を見せられるといいのではないか、と思うのです。

具体的には、

・トライアスロンやマラソンなどのをやる
・ブログやメルマガなど、ほかの人があまりやっていないことを継続する

ということがあります。

それによって、

・繊細さもあるけれど、タフな1面も持っている

という印象を持ってもらうようにする、ということです。

むしろ、うまくいけば、もともとの繊細さがタフさのギャップとして、「やさしさ」「気づかいができる」といった印象に変わる可能性もあるのですね。

 

まとめ

細かいことが気になりすぎてくよくよしてしまうときは、内面と外面、両方から変化を試みましょう。

内面のとらえ方を変えて、地道にこつこつ行動していくこと。

その姿を見ていただき、外面からはタフネスさを表現する。

小説「プレイバック」で、フィリップ・マーロウも言っています。

“タフでなければ生きていけない。
優しくなければ生きている資格がない”

そのようにして、最終的には、「やさしくてタフ」という感じを目指せるといいと思うのですが、いかがでしょうか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、午前中にコーチングセッションを2件。

午後は書く仕事をして、夕方に家族と食事へ。

静かな1日でしたが、こういう日もまた、いいものですね。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

第1次的な感情と第2次的な感情。大切にするべきは第1次的な感情。

感情には第1次的なものと第2次的なものがあります。 感情のトラブルを避けるためには、第1次の感情を上手に扱うことが大切です。   スポンサーリンク   目次1 帰りが遅くなった息子 …

ようこそ違和感。新しい自分に出会うために欠かせない変化を喜べるか?

「変わりたい」という想いを抱きながら、それでもなかなか変われない私たち人間。 それは、「変わりたくない」、安心・安全を求める人間の本能なのです。   スポンサーリンク   目次1 …

「良い人」という評価のデメリット。勝負のときは「良い人」を抜け出す勇気を持とう。

「あなたは『良い人』ですね!」と言われるのは、悪くはありません。 ただ、「良い人」という評価を守ろうとしてしまうと、自然な自分から離れてしまうことに注意しなければいけません。   スポンサー …

スニーカー通勤のすすめ。運動不足解消だけでなく、常識を疑う意識を養うトレーニング。

通勤に履く靴のは、革靴が一般的だと思います。 ただ、スニーカー通勤が快適かつ、思考や行動のいいトレーニングになるのでおすすめです。   スポンサーリンク   目次1 10年以上続け …

苦しい状況のときこそ視点を変える。「目標に到達していない」のではなく「プロセスの中にいる」と考えてみよう。

「自分の目指すゴールになかなか到達できない」という状況は、多かれ少なかれ誰にでもあるものです。 そのような状態はできれば抜け出したいものの、そこで考え方や捉え方を変えることによって、気の持ちようも変わ …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031