【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP

成長スピードを加速したい人の特効薬。チャレンジングな期限を設定すること。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

向上心が強い人なら誰でも、「速く成長したい」と思うものですよね。

その場合、もっともかんたんなのは挑戦的な「期限」を設定することです。

 

スポンサーリンク

 

ゴールに「期限」を決めるという方法

夢や目標に「日づけを入れる」という考えかたがあります。

私は、この考えかたを、ワタミの渡邉美樹さんの本で初めて知りました。

 

当時の私は目標達成なんてまったく考えたことがありませんでした。(^_^;)

ですから、「夢に日づけを入れる」という考えかたを知ったときは新鮮でしたし、「なるほど、こんな考えかたがあるんだ・・・!」と驚いたものです。

たしかに、人生で得たいものを明確にしたら、その目標をいつまでに実現したいのか期限を入れるくらいのことをしないとなかなか動き出せないのが私たち人間。

昨今では、動き出すために機嫌を区切るのは、目標達成の基本ですよね。

これがビジネスなら、期限とは納期のことです。

ただ、人生の目標の期限は仕事の納期や受験のような機嫌がないものが多く、異なるものなのですよね。

 

「いつまでに実現したいのか」が期限を決める

こんなエピソードを聞いたことがあります。

とある人が、自分が活動している分野の達人に尋ねたそうです。

「あなたのようなすごいプロフェッショナルになるためには、どれくらいの期間がかかるのでしょうか?」という質問です。

すると、達人は答えました。

「それは、あなたがいつまでに実現したいのかによって決まるものです。」と。

要は、「期限はなるたい自分に、いつまでになるのをを明確にしてから決めるものだ」ということです。

さて、あなたは、「1万時間の法則」はご存じでしょうか?

自分の専門分野で1万時間の実績を積むと、その分野の達人になれるという法則です。

これをコーチングで考えると、1日8時間のセッションをおこなった場合は1250日。

1年間に125日やれば、10年でプロフェッショナルになれる計算です。

もし、1年間に250日やれば、半分の5年でプロフェッショナルになれます。

さらに、1日に12時間やれば、3年で1万時間を達成できる計算。

こう考えると、1万時間を達成するための期間というのは明確ではなく、「プロになるまでに10年でかかります」という期間が決まっているわけではない、ということになりますよね。

結局、「自分がいつまでにそれを達成したいのか?」によって、期間が決まるわけなのです。

 

チャレンジングな目標に期限を設定してみよう

私の周囲にも、短期間で成果を出しているコーチが何人もいます。

その人たちは、やはりほかの人の2倍から3倍のスピードで行動し、PDCAをまわし、知識や技術を習得しています。

高い成果をあげている人にとって共通しているのは、まず「いつまでにやるか?」という期限を自分で区切っているということです。

期限の重要性を理解しているのですね。

なぜなら、彼らは、チャレンジングな期限が、自分のポテンシャルを引き出してくれることを理解しているのです。

そのようにして設定した期限こそ、自分の変化や成長の加速度を決めるということですね。

コーチになってからの3年間は、年に100時間のコーチングセッションを目標にしてきました。

しかし、これだと目標に到達するまでに時間がかかりすぎます。

そのため、今年はあえて1.8倍の180時間に目標をおきました。

1.5倍の目標となると、時間の使いかたを見直す必要が出てきますし、1日に複数セッションをすることも増えます。

ですから、体力増強も考えないといけません。

そのようにして挑戦的な期限を自ら設定することによって、自分の進化のスピードを高めようと考えています。

あなたの目標の期限は、あなた自身の可能性を最大限に引き出せる期限でしょうか。

もし、確実に達成できそうな目標ばかりになっているようでしたら、少しチャレンジングな期限にしてみるのはいかがでしょう。

そのような後押しの役目も承っています。(笑)

コーチングのお申し込み

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、習慣化チームの友人たちと食事会。

・「やりたいことリスト」のふり返り
・心屋仁之助さんの「前者・後者理論」
・「意識づけ」と「行動」の関係

などの話題で盛り上がりました。

同じコミュニティーに長くいると、共通言語が多いので話がスムーズなんですよね。(^_^)

かなり濃い2時間でした。(笑)

【募集中】
2月20日 19:30〜21:30 これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

2月23日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP

執筆者:

関連記事

対面セッションの場所をどうするか?より良い対話にするための演出を考えよう。

コーチングを習いたての友人に、対面セッションを行う場所について質問を受けました。 私の考えと経験を記事にします。   スポンサーリンク   目次1 対面セッションに困るケースは意外 …

相手の行動をうながしたいなら、細かいテクニックではなく「信じる」マインドが大事。

部下や子どもに対して「こんな風に動いて欲しい」と思ったことがある人はいますか? 相手の行動をうながすためには、実はあまり細かいテクニックは通じません。 実際には、相手以上に相手の能力を信じ切るマインド …

「何度伝えても行動してもらえない」悩み。改善するためのヒントは「相手に自分の言葉でまとめてもらう」こと。

一生懸命に話して約束したことが伝わらず、行動にうつしてもらえない。 そのような課題を改善するためのヒントを記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 学んだ知識や情報を記憶 …

マスターコーチに学ぶ!プロとは、「誰もができることを、誰もができないレベルで行える人」。

あなたは、「プロフェッショナル」という言葉から、どのようなことをイメージしますか? 「その仕事を生業にしている人」とか、「何からの専門家」など、おそらく、人によってイメージは様々だとは思います。 その …

コーチとクライアントの理想の関係とは?「成長の連続体」にみる「相互依存」の関係を目指せ!

あなたは、「依存」という言葉に対してどのような印象を持っていますか? 私は、「頼らないと何もできない」といった感じにとらえていて、あまり良い印象を持っていませんでした。 ただ、それは独立した「依存」と …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031