【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

ひとり占め・トレード発想よりも、共有・シェア発想。囲い込みを手放し自信を持つための4つのトレーニング。

投稿日:2017/11/04 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

先日参加したセミナーで、有名な講師の方が「自分はもう公の人だと思っているので、写真やコンテンツのシェアはすべてOKです」と宣言していました。

「すごい自信だなあ」と感心するとともに、成長するというのはこのような「シェア発想」を持てることだとも考えたのです。

 

スポンサーリンク

 

ひとり占めを手放す子どもの成長

先日、妻と子どもの成長について話していました。

子どもは、赤ちゃんの頃は、食べものやおもちゃをひとり占めできます。

基本的には自分だけのものだからですね。

ただ、下の子が生まれたり、保育園(や幼稚園)に入ってほかの子どもたちとふれあうようになると、ひとり占めはできなくなります。

すると、子どももおもちゃや食べものを共有することを学ぶのですよね。

そのように共有できるようになった子どもの姿をみて、親は「成長したね」という感想を持つようになるのです。

 

トレード発想の限界とシェア発想の拡大

大人もこれと同じようなことがあることに気づきました。

何を隠そう、、、私もこれは思い当たる部分があります。(^_^;)

10年前、その当時の私の発想は「トレード」発想、つまり「交換」の視点でした。

ただ、ここ数年、成果をあげている人たちにふれてきて思うのは、彼らの発想は「シェア」、こちらは「共有」の視点なのですよね。

たとえば、私は「10」の価値を「11」に交換する「トレード」でなければ納得できませんでした。

自分が「10」だと思っているものを、「9」とか「8」にトレードしようとは思えなかったのです。

この私の発想は、あきらかに「損得」です・・・(恥)

ひどいときになると、「あの人が持っているものは10以上の価値があるかな・・・?」という視点で判断していたこともあると思います。。。

しかし、成果をあげているシェア発想の人たちは、そのような視点ではありません。

シェア発想の人は、自分が「10」で相手が「1」でも、シェアすれば「11」になると考えることができます。

仮に自分の相手が「1」とか「3」であっても、共有することで自分の価値が減らないことがわかっています。

それなのに、シェアができず、トレード発想の人たちは「相手は10といっているけど、8くらいの価値だったら自分が損する」と考えています。

これがトレード発想のデメリットです。

トレード発送の人は「1」の人と共有すると「自分が損した」と考えてしまいます。

自分は「1」しか増えないのに相手が「9」増えてしまう、という計算をしてしまうのです。

これは、私の過去をふり返ると、ほぼ無意識のうちに行っているものです。。。

ただ、このような知識や情報の囲い込みは、最終的に行き着くところは「ひとり占め」です。

ただ、それでは、結局自分ひとり以上の知識や情報は増えていかないのですよね。

遅かれ早かれ、自分の成長に限界がやってくるでしょう。

 

シェア発想を鍛える4つのトレーニング方法

ひとり占めのトレード発想から抜け出し、シェア発想を鍛えるために私が取り組んでいることを書いてみます。

 

1:ブログを書く

ブログを書くことで、体験や気づきをシェアできます。

また、そのようなシェアの視点で世の中を見ることが、視点を磨くことにつながります。

ブログでシェアすることを意識することによって、インプットの視点が大きく変わっています。

 

2:セミナーを開く

自分が学んだことやコンテンツを自分なりにまとめてセミナーやワークショップを開催しています。

学びや体験をセミナーのようなパッケージにすることで、自分の知識や情報も整理できます。

そのように自分の知識や体験をシェアすることで参加者の方からフィードバックをいただけるので、さらに役立つシェア発想になり、コンテンツもブラッシュアップされるのです。

 

3:人と会う

コーチングセッションのように、マンツーマンで時間や場所を共有するようにしています。

私自身、大きな学びになりますし、対話の中で自分の知識や情報をシェアすることがあります。

「相手のメリットになるものを持ち帰って欲しい」という姿勢で臨むので、その場自体がシェア発想になるのですね。

 

4:サポートする

習慣化コミュニティー等でのメンバーの投稿に必ずコメントを返すようにしています。

私の知見をお伝えしたり、アドバイスのようなフィードバックをすることで、相手の気づきや行動を促すのです。

「自分のコメントには伊藤さんがリアクションしてくれる」というのは、投稿する際の安心感になれたらいいと思って、私自身の感想をシェアしているのです。

先日記事に書いたように、名言もシェアしています。

アドバイスや正論よりも効く。名言の引用で相手に気づきを促す方法。

 

まとめ

シェア発想の人は、人生が豊かになっていく感じがしています。

トレード発想の人は、幸福度が下がっていってしまうのかもしれません。

損得で考えると自分が「10」のときは、「1」の人は仲間に入れないからです。

シェアすれば、自分より「1」の人のほうがメリットがあると考えるのです。

これでは知識も増えないし、人脈も広がりません。

トレード発想よりも、シェア発想でどんどん共有していきましょう。

シェア発想のレベルが上ってくれば、こういったブログ記事が書けるのでしょうね。

同業者へのネタばらしのすすめ。『ひとり税理士の仕事術』5刷となりました。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、妻と娘の3人でアスレチックへ。

千葉県の「ありのみコース」で汗だくになるまで遊びました。

私も娘も洋服は泥だらけ。

11月のテーマのアクションのうちの1つ、

・家族と汗だくになるまでアスレチックで楽しむ

も達成です。

子どもと一緒になって、真剣にアスレチックで遊び、汗をかく。

じつに最高の時間でした。(^_^)

【募集中】
■2017年11月7日(火) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づき

執筆者:

関連記事

あせらなくて良いのですね。「影響は、忘れたころにやってくる」のです。

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 「人との出逢いを大切に」 とは、よく聞かれる言葉。 ぼくも最近、そんなことを実感することがありました。 & …

相性の良い仲間を見つけるポイント。好き・得意よりも、嫌い・苦手が似ている相手を選ぶ。

継続的に成長していくために、仲間や友人の存在が重要です。 その際、相性のよい相手を見つけるために必要だと思うのは、「嫌い・苦手が似ている」ことです。   スポンサーリンク   目次 …

柴又100Kウルトラマラソン惨敗(後編):チャレンジして失敗することは悔しい。しかしそれ以上に得るものは多い。

目次1 柴又100kmマラソン反省記の続き2 成果を出す人の習慣3 準備不足は自分だけ?4 当たり前を腑に落とす4.0.1 【今日の気づき】 いつも成果を出している人は、見えないところできっちりと準備 …

「コンサルティング」と「コーチング」の違いを「着眼点」から考えてみる

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日記事にした通り、ぼくの継続コーチングを受けてくださるという素晴らしく先見の明を持った(笑)クライアント …

柔軟に、しなやかに。「素直は学びを最大化し、周囲に好かれる資質である」だとぼくが考える理由

最近、至るところで「素直であることの重要性」を耳にします。 個人主義が叫ばれているこの時代。 素直であることは、周りの意見やの世間の常識に流されて個性を失うことにつながる心配はないのでしょうか? &n …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031