【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

「すごい人」との比較を手放そう。誰かの基準より、自分の内的なものさしを持つ。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あなたには、「あの人はすごい!」と思う人がいますか?

さらに自分と共通点があると、その比較のダメージは大きくなるもの。

そのようなときは、視点を変えることがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

ほかの人と比べ基準をどこにおいているか

・同じ年齢の友人が、自分よりも稼いでいる

・同期の同僚が、自分より出世している

・同じ時期に学んだ人が、自分の10倍のお客様を抱えている

という事例を見ると、ついほかの人と比べてしまいませんか?

その人と比較すると、自分は「てんでだめ」だと思ってへこんだり、落ち込んだりしてしまうようなことですね。

ただ、そのような比較をするのは、ちょっともったいないです。

年収や会社の規模、社会的地位などが自分よりすごいと思ってしまう。

そのような劣等感からの視点は、不健全な視点だと思うからです。

完璧な人はいません(いたら怖いです・笑)。

それに一生ずっと絶好調という人もいません。

また、別の視点からみれば、「すごい人」より、あなたのほうが優れた点があるということも往々にしてあるものなのです。

ですから、自分より「すごい人」と比べて自分を毀損したり、感情を悪くさせるのはやめて欲しいのです。

 

劣等感をともなった思い込みは意味がない

たとえば、世界ナンバーワンコーチといわれている人がいるとしましょう。

その人のコーチングにはとてもたくさんのクライアントが集まり、影響力も大きく、ギラギラしたエネルギーもある感じです。

私もプロコーチという視点で見れば、同じ分類に入ります。

となると、ここで出てくる感情は、

・あの人は「すごい人」

という見方と同時に、自己卑下で

・それに比べて、自分はだめ

と考えてしまうのですよね。

ただ、

・あの人のようにならなければ、自分はだめな人間だ

・あのハードルを越えてナンバーワンにならなければ認められない

というのは、自分がつくり出している「劣等感をともなった思い込み」です。

しかし、そもそも、私たちはみんな違うわけです。

それなのに、公平に比べるというのは、無理な話なのですよね。

 

不足感をうめるよりも、自分の強みをのばそう

以前、私のセミナーにきてくださった方が、受講後の感想でとてもうれしいフィードバックをしれくれました。

そ「伊藤さんのようにギラギラしていなくて、押しつけがましくない感じが、とても良かった」と評価してくださったのですね。

その方は、次のセミナーも申し込んでくださいました。(^_^)

でも、私としては、ちょっと複雑だったのです。

というのは、セミナー講師やプロコーチなら、派手で目立ち、出会った瞬間にオーラを感じるようなプレゼンスが欲しかったからです。

でも、残念ながら、それはまったくないわけです。(笑)

ただ、受講者さんは、私のそうではない真逆の部分を評価してくださった。

その方が私に求めていたものは、派手さやオーラではなかったのです。

もっと言えば、私が目指している「安心、安全、ポジティブ」を感じてくれたのかもしれません。

また、話がおもしろかったり、盛り上げられないとだめだと思っていると、自分のトークネタがすべったときにダメージを受けます(私がランチームやトライアスロンチームでよくおちいる状態です・・・汗)。

よく考えると、誰も私に「腹を抱えて笑えるような話をしろ」とは言っていなかったのですよね。

それなのに、ほかの人と比べて自分の強みや良いところを見失ってしまうのは、本当にもったいないことです。

もしもそうなると「不足感を埋める」モチベーションになってしまい、「自分の良い面をのばす」ことにエネルギーが注げなくなります。

「すごい人」に目がいってしまうときはアウターゲーム(外の世界)の領域にいる状態ですが、自分の良い面を見るためには「インナーゲーム(内なる世界)」を見ることが重要です。

もしも、どうしても比較グセがなおらないときは、

・過去の自分

と比べましょう。

たとえば、

・3年前の自分ができなかったのに、今できていることは何だろう?

と考えてみるのです。

おそらく、このブログを読まれている方なら、3年前に比べると明らかに成長しているはずです。

外の世界と比較をするのではなく、自分の内的な部分での成長を比べてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでアウトプットに関するセミナーに参加。

やはりアウトプットした人から人生が変わっていくんですよね。

ふり返れば、まさに私もインプットするだけの立場からアウトプットすることによって、人生に少しずつ変化を起こしてきたんだよなぁ・・・と。

そのようなことにあらためて気づきました。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

松井秀喜さんに学ぶ!「折れない心をつくる」7つの思考習慣

あの松井秀喜さんと「7つの習慣」が結び付けられた記事がありました。 妻からのナイスプレゼントです(笑)。 松井さんから素晴らしい思考習慣を学びましょう。     目次1 私がもっと …

ぼくの失敗談。トラブルのときこそ「できない理由」ではなく「できる理由」を探しだす!

こんにちは、伊藤です。 「できない理由」を考えるのではなく、「どうしたらできるか?」を考える。 大切な考え方ですよね。 本日は、ぼくの失敗談をお伝えいたします(汗)。     目次 …

相手に振りまわされて困っている人へ。相手の原動力とルールはあなたと違っているのでは?

オフィスのスタッフやお客様などに、必要以上に振りまわされてしまうことはありませんか? そのようなときは、自分と同じルールを相手が持っていると考えないほうがいいのです。   スポンサーリンク …

意志をともなった「すぐやる行動」が、プラスの好循環サイクルを生み出す。

行動を変えるために重要なのはなんといっても思考です。 その思考は、プラスのエネルギーを持っていることが重要なのです。   スポンサーリンク   目次1 「信頼される人」になるために …

自己否定ばかりでなく「今の自分ができることはやっている」という視点もあっていい。

「自分はまだまだこんなものじゃないのに、、、なぜできないんだろう?」という気持になることはありますか? ふり返りをして改善することは大切ですが、「今の自分の実力でやることはやった」という視点も持つこと …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031