【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起き

早起き習慣化ができるかどうかは「強い目的」が有るのか、無いのか。

投稿日:2018/05/10 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「強い目的」が、あなたを、そしてあなたの脳を動かします。

モチベーションが下がってきたら、「なぜこれをやるのか?」という目的を確認してみることがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

習慣化は「才能の有無」ではない

今日は29回目の早起き習慣化セミナーでした。

さて、セミナーでも話したのですが、以前の私は、超がつく夜型人間。

早起きとは無縁の生活でした。

そして、習慣化に目覚めたあとも、最後まで苦労したのは早起き習慣化だったのですね。

あまりにも何度も挫折したので、

・早起きができる人は早起きの才能がある

・早起きができない自分には早起きの才能がない

とさえ思ったものです。

特に、生まれつき早起きしている「ネイティブ早起き二スト」を見ては、「自分とは違う人種だわ・・・」と思って見ていました。

嫉妬と憧れの両方の目で。(^_^;)

それと、あまりにもできないときは、「才能の有無」に逃げたほうが楽なのですよね。

嫌な自分を見なくて済むので。(笑)

しかし、習慣化は技術。

才能ではありません。

やり方を習得してトレーニングをすれば、習慣化は可能。

それは早起きも同じでした。

 

習慣の成否をわける「強い目的」の有無

ゴール達成や習慣化するための視点からいうと、いわゆる頭がいいとか、才能があるということとはあまり関係がありません。

もっとも大事なのは、

・強い目的があるのかどうか

です。

要は、

・なぜその行動をとるのか?

という「理由」が重要なのです。

たとえば、あなたが喉が渇いたとき、一生懸命にがんばって水を飲む・・・ということは無いですよね?

喉をうるおすために、ほとんど無意識のうちにミネラルウォーターを飲んだり、お茶を飲んだり、あるいはホッピーを飲んだりするわけです。(笑)

この一連の「欲求→行動」のプロセスをよく考えてみると、人間がなぜ行動するのかがわかるのです。

一方で、学生時代、テスト前に勉強をしないといけないとわかっていたとしても、なかなか勉強に手がつかないことってありませんでしたか?

ちょっと面倒な仕事も同じで、結局はやらないといけないとわかっているのに、先のばししてしまうことがありますよね。

この違いは、やはり

・強い目的があるのかどうか

なのです。

水を飲むというのは水分を補給するという本能であって、すごくがんばって水を飲むということはありません。

では、同じように早起きができるかといえば、たいていの人は、早起きにそこまでの強い目的が持てません。

正直、早起きはつらいし、眠いし、「もっと寝ていたい」という本能にさからう行為です。

これは、すごくお腹が減っているとき、目の前に食べものがあるのに「がまん、がまん・・・」というようなもの。

つらいですよね。(^_^;)

ですから、心のどこかで「どうして早起きしなくてはならないんだろう?」と思ってしまい、なかなか行動にうつせないのです。

 

挫折したときこそ「強い目的」にたち返る

それでもやはり、「強い目的」こそが、私たちの行動を変えてくれるのだと強調したいです。

強い目的から生まれた行動によって、早起きというゴールにたどり着けるのです。

たとえば、家族でハワイ旅行に行きたいという人は多いと思います。

しかし、

・予算はどうしようか?

・日程はどうしようか?

・家族が合う休みはどこか?

などといった制約を考え出すと、とたんに行動に移すのが面倒になりますよね。

そうなると、それらの制約を乗りこえるほどの強い動機を持てなくなる。

ですから、行動が変化しないのです。

しかし、早起きができる人は、強い目的があります。

早起きすれば、たとえば自分ひとりだけの自由な時間ができると思うからこそ、多少の眠気に負けずに早起きができるわけです。

脳というのは、

・なぜ、その行動をとるのか?

がはっきりしていないと、その方向に体が動かないのです。

要は、

・なぜ、早起きするのか?

が明確になっていると、脳の中でモチベーションが高まります。

その理由は人によって異なるもので大丈夫です。

出世のため、お金のため、名誉のためでもいい。

その目的につながる動機づけができれば、脳はそれを達成するために働くのです。

さらに、早起きをして習慣化すること自体が快感になってくると、早起きを続けること自体に意味が出てくる。

早起きをして、早起きの結果として自分の好きなことができるようになる人は、言いかえると、自分が早起きをしてまで取り組むくらいの目的を見つけられたラッキーな人、とも言えるのです。

そのような意味で、早起き習慣化に挫折してしまった人は、

・なぜ、早起きするのか?

・なぜ、早起きしたいのか?

という目的を、もう一度考えてみましょう。

そのようなことを考えるための次回の早起きセミナーは以下の日程で開催いたします。

・6月14日 19:30〜21:30
「理想の1日」を実現する!「早起き習慣化セミナー」
〜毎日2時間の自由時間を生み出す〜

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早朝5時からコーチングセッションを1件。

さっそくクライアントさんを2件も獲得され、そのスピード感と行動力に驚いています。(笑)

そして、会社終わりでもう1件コーチングセッションでした。

そちらのクライアントさんも、セッション中に読書会の告知ページに着手。

やっぱり、その場でやってしまうのが1番早いですね。

朝晩にコーチングができてうれしいですね。

今年に入ってからのコーチングセッションの時間が100時間を超えました。

早くも昨年並みです。(^_^)

【今月のランニング走行距離】
44.13km/目標150km

【募集中】
・5月17日 19:30〜21:30
毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー
〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

・5月23日 19:30〜21:45
今のあなたにぴったりの習慣が見つかる!「自分の良習慣を発見する」セミナー
〜3年後のあなたに必要な習慣を見つけよう〜

・6月7日 19:30〜21:45
人生の目標が決まる!「やりたいことリスト100」セミナー
〜やりたいことで満たされる毎日をつくる〜

・6月14日 19:30〜21:30
「理想の1日」を実現する!「早起き習慣化セミナー」
〜毎日2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起き

執筆者:

関連記事

「早起きがしたくて仕方ない!」は自分でつくる。3つの起きる工夫とは?

早起きするためには、起きる楽しみがあると良いですよね。 早起きする楽しみをつくる工夫を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 人は起きる楽しみがあれば早起きできる2 早 …

ディベートの手法に学ぶ!「メリット成立の3つの条件」とは?

  こんにちは、伊藤です。 ディベートの手法を使って、メリットとデメリットを比べる方法を学びました。 本日は、メリットを考える際の指針についてお伝えいたしますね。     …

理屈はいらない?朝1時間の早起きが悩める人生を抜け出すきっかけになる。

朝、ほかの人より少しだけ早く動き出す。 ただそれだけのことですが、私は大切にしています。 娘の運動会に行って、早起きして早く動き出すことのメリットを再確認しました。   スポンサーリンク & …

早起きしたいのに夜ふかししてしまう人に。自分が楽しむ時間を朝にシフトチェンジしてみませんか?

あなたは、朝に「楽しむ時間」を設定していますか? 子どもが遠足のときは早起きするように、そして大人がマラソン大会やゴルフのときは寝坊しないように、朝に楽しみがあると早起きできますよね。   …

世界で進歩し続ける「睡眠の最新研究レポート」9選(その1)

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 今日は早起きの習慣の中でも重要な「睡眠」に関する記事をご紹介いたします!   【告知:早起きセミ …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031