【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

「本当はやりたくないことなのに、やりたいと思い込んでいる」問題への対処法。

投稿日:2019/09/10

Pocket




頭では「やりたい」、でも体が「動かない」という悩みをよく聞きます。

そのような状態のときは、戻る場所を決めておくことがポイントです。

 

本当はやりたくないことを、やりたいと思いこむ人

「セミナー講師をやってみたいんです」

「3年後は、話す仕事で収入を得ていたいです」

「どうしても伝えたいメッセージがあるんです」

あるクライアントさんは、セッションのたびにそのように言われていました。

言葉では。

ですから、一緒に実行するためのアドバイスすることやプロセスを設定していきました。

でも、言葉はいつでも不完全であり、一面的にしかとらえないものでもあります。

クライアントさんは、肝心の実行にうつせなかったのですね。

結果として、やろうとしているのにできない自分に落ち込み、自信をなくし、自分を責める。

そのような負のパターンにおちいってしまうことがあるのです。

私はプロコーチとして、たくさんの方々のこのようなお悩みを聞いてきました。

その中で、気づいたことがあります。

それは、

・クライアントさんが「やりたいことがあるのに、行動にうつせない」という悩みの70%は、「本当はやりたくないことを、やりたいと思い込んでいるだけ」

だということです。

 


 

【お知らせ】

■2020年2月13日(木)20時00分〜21時30分
「まだ読んでない、、、」を解消する!
積読(つんどく)本を解消するための読書会
〜90分で3冊の本を読もう〜

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「ほかの人の目標」ではなく、「自分の感情」にフォーカスする

「本当はやりたくないことなのに、やりたいと思い込んでいる」という問題。

これはたとえば、本当は運動が好きではない人が、

・運動は誰もがやるべき良習慣だ

と思い込んでしまうということです。

なぜなら、成果をあげている人はエクササイズをしているし、周りの人たちも「運動を習慣化することであなたも健康になるよ」と言ってくるからです。

自分の本心は、できれば運動はしたくないわけです。

でも、ほかの人たちの価値観に影響されて無理に運動をしようとしてしまう。

そうして自分に無理をさせてしまい、結果として運動が続かなくなるわけです。

そのような挫折のパターン。

これが、じつに多いのですね。

では、そのようなときはどんな対策をとればいいのでしょうか?

ポイントは、

・「ほかの人の目標」ではなく、「自分の感情」にフォーカスする

ということです。

「ほかの人の目標」というのは、「Must」や「Should」であり、「やらなければならない」「やるべき」という義務感です。

ほかの誰かの過去の成功パターンやほかの人の常識といったものが、これにあてはまってきます。

一方の「自分の感情」は、「Want」です。

「したい」「やりたい」という一人称の行動の理由なのですね。

「自分の感情」を感じられるということは、「本当はどうしたいのか?」がわかっているということ。

そこが、あなたの感情の源泉です。

「楽しいから」「幸せになりたいから」「好きだから」という感情は、あなたが進む方向を照らし出してくれる灯台のようなものです。

 


■スポンサーリンク




迷ったときこそ立ち返る場所を「自分の感情」にする

「なぜ、自分は行動できないのか?」

ふと迷うときは、目標に立ち返ることが多いかもしれません。

しかし、それだと自分が本当はやりたくないと思っている目標に対して「やらなければ」という状態に戻るだけです。

ですから、頭では「やったほうがいい」と思っていることを実行にうつすときにハードルがあるのですね。

ハードルがあると、たとえば「セミナー講師をやってみたいんです」と考えたときに、「でも、スライドをどんな風につくればいいのかわからない、、、」とか「そもそも受講してくれる人がいるのかな、、、」などという思いが出てきてしまうのです。

そうした1つの迷いが、次の迷いを生むというネガティブの連鎖が生み出されます。

その理由は、「ほかの人の目標」を追いかけているから。

頭と心と体がバラバラで、ちぐはぐになってしまっているわけです。

ですから、迷ったときこそ立ち返る場所を「自分の感情」にしていただきたいのです。

そこには、数値目標やノルマはありません。

それよりも、

・自分が大事にしたいと思っているのは何か?

・自分が好きなものは何か?

・自分がやりたいことは何か?

といった質問に答えられる「Want」が大事ですよね。

たとえば、一生懸命に複業をやっていても成果が出ないときは、「複業で成果をあげて、家族の笑顔を増やしたかったんだ」という感情を思い出すことが大事だということですね。

そうすれば、あらためて前進するためのモチベーションが高まり、行動にうつせるようになっていくはずです。

迷って動けなくなったときは、

・「ほかの人の目標」ではなく、「自分の感情」にフォーカスする

ということを思い出してみましょう。

 


 

【お知らせ】

■2020年2月13日(木)20時00分〜21時30分
「まだ読んでない、、、」を解消する!
積読(つんどく)本を解消するための読書会
〜90分で3冊の本を読もう〜

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝からの台風に振り回されました。(^_^;)

午前中は様子見をしていたのですが、落ち着きそうだったので出社しようと思ったのですが、駅のホームが大混雑。

電車がきても満員で乗ることができず、時間だけがすぎていきました。。。

負けじと駅のホームでブログを書きました。(笑)


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

コーチを選ぶ際の私の3つの基準。コーチもマイコーチを雇うべきか?

コーチング業界では、コーチがマイコーチを雇うことが多いです。 私も肯定派なので、その理由を記事にしてみました。   スポンサーリンク   目次1 コーチ自身にマイコーチは必要か2 …

映画「Ray/レイ」で強烈に残ったシーン。窓辺に羽ばたくハチドリの音をききとるまで聴力を鍛える。

人間は、本来持っている能力のほとんどを引き出せていない、とは、よく言われることですよね。 本来の「聴力」の能力を引き出したいと思える映画を観ました。   スポンサーリンク   目次 …

伝えたいメッセージをシンプルかつ明確にするための3つのアプローチ。

あなたの周囲には、「話が長い・・・」と思う人はいますか? 一方で、自分が言いたいことが長くなると、相手には伝わりませんよね。 メッセージをシンプルかつ明確にするための工夫を記事にしてみました。 &nb …

相手に決断を求めるためには?3つのシンプルなプロセスで「決断感」を与える。

セールスにかかわってをいると、迷っているお客さまに決断をうながす後押しをすることがあります。 その際には、 (1)まずは対象を限定する (2)つぎに2つないしは3つの選択肢にしぼる (3)最後に1つだ …

週末起業家として活動するために、どのように時間を確保するか?

私と同じ週末起業家のコーチの友人が、「なかなか活動時間を増やせない」と話していました。 特効薬はなく、地道に時間の使い方を改善し続けていくしかないと考えています。   スポンサーリンク &n …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。