【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)の習慣

あなたが複業に取り組む目的は何ですか?継続のために「目的」を考える重要性。

投稿日:

Pocket

習慣化するためには、「何のためにその習慣をやるのか?」という「目的」を考えることが重要です。

複業に関してもそれは同じで、「複業をやる目的」が継続するための原動力になるのです。

 

スポンサーリンク


 

なぜ、私は複業をやろうと思ったのか?

最近、周囲の友人たちから「なぜ、複業をやろうと思ったのか?」と尋ねられる機会がありました。

その質問には、どことなく「なぜ、(伊藤のような面倒くさがりやが)複業をやろうと思ったのか?」というニュアンスが入っているように聞こえます(笑)。

確かにそう言われると、私も少し不思議な感覚はあります。

私は、できるだけラクをしたいし、やきとんを食べてやホッピーを飲んでいれば幸せを感じられるタイプの人間です。(^_^;)

ですから、朝4時30分からコーチングセッションをやることやブログを1日1記事継続して書き続けるといった行動をしているというのは、おかしいのかもしれません。

そのような修行のような生活とは、本来はけっこう遠い位置にいる人間だと思っているからです(私の近くにいる人はよくわかっていると思います・・・妻とか・笑)。

 

面倒くさがりやの私が複業を志した理由

では、「なぜ、(伊藤のような面倒くさがりやが)複業をやろうと思ったのか?」。

シンプルに言うと、「家族のため」ということになるのだと思います。

複業を志そうと思いはじめた時期は、会社の営業成績は悪く、残業も長時間、段取りも悪く非効率の極み。

とても複業などと言えるような状況ではありませんでした。

「それよりも会社員として成果を出しなさいよ」と言いたくなるレベルです。。。

終電まで仕事が続くような時期(月末など)は、自宅に帰ると当然のように深夜です。

24時をまわっていることはザラでした。

そうなると当然、息子や娘の寝顔しか見られないわけです(涙が出そうになったことを覚えています・・・)。

そのようなとき、ふと「このままの生活が続くのは、何かおかしい・・・」と思ったのです。

それに、家族で遊びにいくことや子どもたちの学費、これからの習い事などを考えると、給与も「もっとあったらいいな」と考えていました。

すると出てきたのが、「自分も家族も、今の延長線上に得たい未来はやってこないだろう」という答えでした。

会社員として今の会社で努力する以上のことをしなければ、「得たい未来」は永遠にやってこない、ということにようやく気づいたのですね。

そのような危機感から、複業をスタートしたのです。

「家族のため」というのは、格好をつけているのではなくて、それが間違いなく原動力になっていました。

ですから、複業のために自己投資をしてしまい、満足にランチが食べられなくても、本を読んで学べるほうが幸せを感じていたように思います。

当時はお小遣いの収入しかありませんから、本当に欲しい新刊だけ購入して、あとはブックオフで中古になっている本を探していたのです。

2時間かけて数百円安い本を買う、みたいな非効率なことをやっていました(笑)。

しかし、先立つものがなかったので、仕方ありませんでした(それに工夫しながら本を買うのは、意外と楽しかったです)。

そのような想いをしても、「家族のため」という目的がはっきりしていたので、それほどつらくはなく、行動はあとからついてきたような感じなのですね。

 

複業も「目的」を明確にすることが不可欠

ですから、もしも「複業ができない」という人は、本当は心の奥底では、複業をやりたいと思っていないのかもしれません。

・最近、複業が流行っているから

・収入ルートは多いほうがいいし

・ひとりビジネスのトレーニングにもなりそう

そのような動機で複業をスタートした人には、「何のために複業をやるのか?」という目的を見失っているのではないかと思うからです。

実際、会社員の人であれば、複業をやらなくても毎日の生活は維持できるわけですから、そこに危機感をつくり出すのは難しいもの。

そうなると、ちょっとつらいことがあると、「今の収入でも暮らしていけないわけじゃないし、複業なんてやらなくてもいいのかも」という結論になる可能性が高いのです。

私も、自主開催のセミナーが何度も受講生ゼロになったときは、自分の影響力の弱さに「もうだめだ・・・」と思いました。

それに、複業家になれば、平日は会社の前後に複業のタスクに取り組み、週末の休みの時間も使わなければ、なかなか複業に成功することは難しいでしょう。

起業家がやっていることを、会社以外の時間で取り組んで成果を目指すのですから、正直なところ簡単ではありません。

複業というと、なぜか「片手間」みたいなイメージを受けるのですが、むしろ真剣にやっている側面もあると思います。

それこそ、命を削ってやっている部分もあります・・・流行りませんが(笑)。

それが嫌なのであれば、やはり複業はおすすめできません。

無理に複業をやらなくても、ほかの方法で収入を得る方法を考えればいいのだと思うのです。

そのようなデメリットに打ち勝って、「それでも複業をやる!」という覚悟ができるかどうか。

試される場面は何度もやってきます(私もいま渦中です)。

だからこそ、そのようなつらいときに立ち返る「目的」が大事になってくるのです。

「目的」がないものは複業として継続できないことが多いはずです。

少なくとも私は、「目的」が弱い複業は挫折してきました(アルバイトとか・・・)。

結局、アルバイトのような雇用契約だと、自分の複業に対する意味づけが弱かったのだと思います。

ですから、複業をスタートしたいなら、そして継続したいなら、「何のために複業をやるのか?」という質問を自分に問いかけてみましょう。

その答えこそ、つらいときにもあなたを助けてくれる答えのはずですし、複業を継続させる目的になるはずです。

すぐに出てこないことのほうが多いと思いますので、そのときは日頃から「何のために複業をやるのか?」と考えておくことがおすすめです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、節分らしく、娘に豆まきをしてもらいつつ、豆を食べ、恵方巻きも食べました。

夜は息子の学習塾の受験指導セミナーへ。

先生たちの話を聞きながら、私自身のモチベーションを高めてしまいました(笑)。

大学受験は大変な試練ですが、得られることも多いですよね。

プロジェクトの進め方なども、いいトレーニングになります。

取り組み方によっては、人生の中でもいい思い出になる可能性もあるのですよね。

息子の大学受験を応援していきたいと思います。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)の習慣

執筆者:

関連記事

ゼロから複業を考えるならどうするか?複業初心者スタートアップのための3ステップ。

先日、友人と話しながら「もし私がまったくのゼロからもう一度複業をやるとしたら、とのようなことを、どんな順番でやるだろうか?」と考えていました。 経験しているからこそ書けることがあるはずと思ったので記事 …

アイデンティティーに悩む自分から脱出する方法。

自分の役割やアイデンティティーに悩んでいる人はいますか? 自分に肩書を増やす許可をするためには、まず自分に許可を出し、時間をかけてなじませることです。   スポンサーリンク   目 …

「サラリーマンは不自由、起業家は自由」は本当か?2つのバランスをとる複業家のすすめ。

会社員を続けるのか、転職をするのか、起業家になるのか。 それらの選択に悩んでいる人は多いかもしれません。 結論を出す前に、複業家を目指すのもおすすめです。   スポンサーリンク   …

「35歳でマイホーム」は誰の常識か?会社員が住宅ローンにしばられずに、収入を複線化するための3つのアプローチ。

「35歳までにマイホームを買ってこそ、男として1人前だ」 この言葉を聞いて、あなたはどう感じるでしょうか。 先日、マイホーム関連の話をしているときにふと思い出したことがあり、そこから記事を書きたくなっ …

「今年の目標」だと短いのでは?「3年後の理想」を考えてみたらどうでしょうか?

あなたは、今年の目標は決めましたか? すでに決めた方には恐縮ですが、、、もしかしたら1年という単位だと短すぎるかもしれません。 もちろん、今年の目標は1年単位で良いのですが、たまには3年単位で考えてみ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら